子どもの語彙力アップも!絵本好きな子どもにするためのコツ 3 選

165846832

子どもには絵本好きになってほしいですよね。しかし絵本に興味を持ってもらえなかったり、読んでいる途中にいなくなってしまったり「どうしたら絵本好きな子どもになるのだろう」と困っている方もいるでしょう。そこで今回は子どもが絵本を好きになるコツをご紹介します。

絵本を読む効果とは?

121903561
絵本が育児に良いと聞いていても、具体的にどのような点で良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。具体的な効果を3つご紹介します。

1.語彙力が高くなる

子どもは絵本を通して言葉を学ぶため、語彙力アップにつながります。「りんご」「男の子」というような日常生活で使う名詞をはじめ「メモを取る」「電話をかける」などの日本語独特の動詞もお話を通して自然と身につくのです。

2.記憶力が高まる

お気に入りの絵本を繰り返し読むことで、一言一句間違えずに記憶している子どもは少なくありません。文字や絵、声の情報を一度に取り込むことで言葉の記憶が定着して記憶力向上につながるのです。

3.親子の愛着が高まる

絵本を読むことによって親子の愛着が高まる効果があります。とくに寝る前は忙しい毎日でも子どもと向き合う時間を作りやすいのでおすすめです。

子どもを絵本好きにするコツ3選

55047728

1.一緒に図書館に行く

図書館で自ら絵本を選ぶことを習慣にすれば、自然と絵本を身近に感じられるようになります。子どもが選んだ絵本から、子どもの潜在的な興味を知るきっかけにもなりますよ。

2.関心がある話題の絵本を選ぶ

絵本を選ぶときに「昔読んで楽しかったから」「こんなことを教えたいから」とつい大人の視点で選んでしまいがちです。絵本選びのポイントは子どもの関心がある話題のものを選ぶことです。電車が好きなら電車や乗り物を題材にした絵本や動物が好きなら動物が主人公の絵本など、子どもが興味をしめしたものを選ぶとよいでしょう。

3.お気に入りの絵本は何度も読む

「同じ絵本ばかり読みたがる」と悩んでいる方がいますが問題ありません。子どもが気に入ってる絵本は何度も読んであげましょう。繰り返し読むことで記憶として定着し、いつのまにか暗唱できるほどになるのです。

絵本好きにするために大切なことは子供に選ばせること

230613440

絵本の読み聞かせをすることは、子どもの語彙力や想像力だけでなく親子の愛着も高まる大切な時間です。

まずは絵本を自分で選ばせることが大切です。図書館に積極的に通って自分で選ぶ習慣をつけさせるようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
165846832

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる