意外と知らない?パプリカの色による『栄養素の違い』とは?

ピーマンとパプリカ

サラダや炒め物の彩りとして活躍してくれるパプリカは、赤や黄色、オレンジといったカラフルな見た目が子どもにも人気ですよね。最近では、子ども向けの曲名として付けられたことでも話題となりました。そんなパプリカは、色によって栄養素に違いがあるのですが、ご存知でしたか。今回は、パプリカの色による違いを解説します。

サラダの彩りに活躍してくれる『パプリカ』

カラフルなパプリカ

ピーマンと似た見た目をしているパプリカは、赤や黄色、オレンジとカラフルな色彩が目につく野菜です。カラフルな見た目が特徴的なので、サラダの彩りや炒め物の彩りとして加える人も多いですよね。

また、ピーマンと似た形としているパプリカですが、ピーマンよりも甘みが強いため、「パプリカなら食べられる!」というお子様も多いです。見た目も華やかなので「かわいい」と積極的に食べてくれるお子様も少なくありません。

カラフルなパプリカたち…何色あるの?

パプリカといえば、前述したように赤や黄色、オレンジといったカラフルな色合いが特徴的です。また、ピーマンと同じ種類に野菜でありながら、甘みが強く食べやすい点も人気ですよね。そんなパプリカには、どれくらいの種類の色があるのかご存知でしょうか。

赤や黄色、オレンジといったカラーがポピュラーですが、その他にも黒色、紫色、そしてピーマンと同じ色をした緑色があります。後者の3色は、スーパーでも見かけることが少ないため、使ったことがないという人も多いでしょう。

知ってた?パプリカの色による栄養素の違い

緑と黄色のパプリカ

人気の高い赤や黄色、オレンジといったポピュラーなカラーから、見かけることの少ない黒、紫、緑まで、多くのカラーを持つパプリカですが、実は色によって栄養素が違うことをご存知でしょうか。

パプリカ全体を見ると、ビタミンAやビタミンCが豊富に含まれています。しかし、その他にも色によって含まれている栄養素の違いがあることがわかったのです。

黄色のパプリカはα-カロテンを多く含む

黄色のパプリカ

黄色のパプリカはサラダなどに多く見られますよね。黄色のパプリカは、他の色のパプリカに比べるとα-カロテンを多く含んでいます。

α-カロテンは、抗酸化作用がある栄養素で、皮膚の健康を助けたり免疫力を強化したりする働きがあります。そのため、アンチエイジング効果の高い栄養素としても知られていますよ。

赤いパプリカはカプサンチンが豊富

赤いパプリカ

炒め物にも使われることの多い赤いパプリカには、カプサンチンが豊富に含まれていることがわかっています。このカプサンチンは、トラブルの原因となる活性酸素を排除する働きがあるため、健康に欠かせない栄養素とされています。

カプサンチンは、老化防止や動脈硬化を予防する働きに加え、最近ではガン予防にも効果があるのではと考えられている注目の栄養素です。

オレンジのパプリカは栄養バランスが良い

オレンジのパプリカ

黄色と赤のパプリカと並び、スーパーでも見られることのあるオレンジのパプリカは、全体的に栄養バランスの良いパプリカとされています。

黄色のパプリカと赤いパプリカに含まれている栄養素がバランス良く含まれているため、パプリカの中では万能型と言えるでしょう。

また、老化を防いだり血行促進に効果のあるビタミンEも多く含まれているため、若返り効果も期待できます。

黒と紫のパプリカは目の健康に効果的

紫のパプリカ

あまりスーパーなどで見かけることの少ない黒と紫のパプリカには、アントシアニンという栄養素が含まれています。この栄養素は、網膜や視神経の健康を維持する働きがあり、目の健康に効果的な栄養素として知られています。

視力を回復したり緑内障予防の栄養素として知られているアントシアニンですが、最近話題になっている目の疲れにも効果があります。見かけた際は、ぜひ一度試してみてくださいね。

緑色のパプリカは安く買えるけれど未熟

ちなみに緑色のパプリカは、一般的にあまりスーパーなどに置かれていません。時々見かけることがありますが、他のパプリカよりも安い値段で販売されています。

なぜならば、緑色のパプリカはまだ未熟な状態だからです。緑色のパプリカは、他のパプリカよりも栄養素が劣っているだけでなく、未熟な状態なので苦味も強いです。中にはお腹を壊してしまったという声もあるので、なるべく避けた方が無難でしょう。

自分が得たい栄養素を含むパプリカを選ぼう!

赤と黄色のパプリカ

いかがでしたでしょうか。パプリカは単純に色が違うだけと思われがちですが、実はそれぞれに違う栄養素や特徴があります。次にパプリカを購入する際は、今必要としている栄養素を多く含むパプリカを選んでみてくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする
ピーマンとパプリカ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる