美容の大敵!?白砂糖の悪い影響4選

チョコレートやクッキーなど毎日甘い物を食べていませんか?適量であれば問題ありませんが、取り過ぎると体に悪影響を与える可能性もあるのです。そこで今回は白砂糖が体に与える影響を説明します。

白砂糖と三温糖やきび砂糖の違いは?

247719677

白砂糖の特徴

白砂糖の原料はサトウキビです。製造の過程で不純物を取りのぞくことで真っ白に仕上げられています。

白砂糖は精製されているため消化が早く、白いので料理やお菓子の見た目を邪魔することがなく使いやすいのが特徴です。

三温糖やきび砂糖との違い

三温糖は白砂糖を煮詰めるときに残る糖液をさらに煮詰めて作られています。煮詰めて加熱されることで独特の茶色になります。白砂糖に比べるとミネラルが少し多いですが、栄養価にあまり違いはありません。

きび砂糖は必要最低限の不純物を取り除いて結晶化したものです。そのためミネラルやカルシウムなど栄養素が多く含まれています。消化吸収の速度が遅いのも特徴です。

白砂糖が体に与える悪影響4

64613799

白砂糖を取りすぎると体に悪影響を及ぼすことがあるのです。どのような悪影響があるのかを紹介します。

1.老化を促進する可能性がある

白砂糖を摂取すると砂糖の分子が肌のコラーゲンと結合して糖化が起こります。この糖化は肌を炎症させてコラーゲンを分解してしまうため、しわのもとになったり、肌の弾力が失われることにより老化を促進させる可能性があります。

2.肌荒れが悪化する原因になる

白砂糖を摂取して血糖値が大きく上昇すると、血糖値を下げるために体内で大量のインスリンが分泌されます。
大量のインスリンが分泌されるとホルモンバランスが崩れてしまうため、肌荒れの原因になることがあります。吹き出物などで悩んでいる人は白砂糖の摂りすぎが原因かもしれません。

3.空腹を感じて太りやすい

白砂糖は消化吸収が早いので、瞬間的に満腹感を得ることができますが、すぐに空腹を感じてしまいます。その結果、食べすぎてしまい太りやすくなる可能性があります。

4.便秘を引き起こす可能性がある

白砂糖には腸の動きを鈍くする作用があり、繊維質の含有量も少ないため消化を妨げて便秘になる可能性があります。腸内環境が悪化することで便秘や肌荒れの原因を引き起こすこともあるので摂りすぎには注意しましょう。

白砂糖を含む甘い物の取り過ぎには注意しよう

279231661

ストレスが溜まったりするとついつい甘い物に手がのびる人も多いのではないでしょうか。
しかし白砂糖を取りすぎると肌荒れや便秘の原因になることもあるので、甘い物の取り過ぎには十分に注意しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる