布団が臭くなってしまうNG行為5選

布団干し

布団は1日の疲れを取るため、とても重要な寝具です。しかし、そんな布団からある日、臭いニオイが漂ってきたら…。不快に感じ、なかなか良質な睡眠が取れなくなってしまいますよね。では、なぜ布団が臭くなってしまうのでしょうか。今回は布団が臭くなってしまう原因やNG行為、ニオイを消す方法などを解説します!

毎日使っている布団…臭いと感じることはない?

布団で睡眠中の女性

毎日同じ布団を使っていると、時々「なんとなく臭う…」と感じることはありませんか。布団は毎日使うにもかかわらず、毎日取り替えるものでもないので、どうしても汚れが蓄積されてしまいます。

また、布団を洗うにも洗濯機に入らなかったり、重かったり、中には水洗いできない布団もあるため、洗いたくてもなかなか洗えないのが現状です。

布団が臭くなる原因は?

では、布団が臭くなる原因には、主にどのような要因が考えられるのでしょうか。一般的に布団が臭くなる原因として、以下の要素が挙げられます。

  • 皮脂よごれ
  • 加齢臭
  • 湿気
  • カビ

最も多い要因は、汗や皮脂汚れです。毎日のように私たちが眠る布団には、寝ている間に出している汗や皮脂汚れが多く蓄積されています。蓄積されたこれらの汚れから雑菌が繁殖することで臭いが発生します。

また、年齢が上がるにつれて、加齢臭が気になったり、寝室の環境や布団の扱い方によっては湿気やカビといった原因によって、悪臭を放つようになることも。

最近では、ペットを飼っているご家庭で、ペットが一緒に布団の中に入ってくる…というご家庭も増えています。この場合、ペットの臭いが布団に蓄積されることによって、ペット臭が臭いの原因となっていることも多いです。

布団が臭くなってしまうNG行為5選

布団で熟睡している女性

汗や皮脂汚れは、毎日布団を使っていればどうしても蓄積されてしまいます。しかし、布団が臭くなっていないご家庭の方が多いですよね。布団が臭くなってしまっているご家庭の場合、どのような扱い方が原因で布団が臭くなっているのでしょうか。

1.定期的に陰干ししない

布団は定期的に陰干しすることが推奨されています。しっかり風通しの良い場所に陰干ししなければ、寝ている間に吸収した汗や湿気を蒸発させることができないからです。

毎日陰干しすることは難しいと思うので、1〜2週間に一度、約2時間ほどを目安に陰干しすることを心がけてください。これだけでも湿気や吸収した汗を蒸発させることができるので、雑菌の繁殖による臭いを抑えることができます。

2.寝室を換気していない

白いベッドと白いカーテン

皆さんは毎日寝室を換気していますか。意外と朝は忙しくて換気することを忘れがちという人も多いですよね。しかし、寝室を換気しなければ、日中も寝室にこもった湿気を布団が吸収してしまいます。

湿気を吸収した布団は、通常の布団に比べて多くの雑菌を繁殖させます。そのため、あっという間に悪臭を放つようになってしまうのです。

朝はバタバタしていて忙しいと思いますが、朝起きたらまずは窓を開けて換気をし、出かける前に閉めるといった習慣をつけましょう。

3.布団の上や中で飲食をしている

寝具の上でお茶をしている男性

「子どもの布団から臭いが…」という場合、汗や皮脂汚れも多く関係していますが、意外とベッドの上で飲食していることが原因であるケースも多いです。

食べかすをこぼさないように注意していても、目視できないほどの食べかすや臭いを布団が吸収していたり、飲み物の水滴が気づかぬ間に落ちていて、それらが蓄積されて臭いに繋がっています。

飲食による臭いは、雑菌の繁殖はもちろん、あらゆる害虫を呼び寄せる原因にもなります。ベッドや布団の上での飲食は控えましょう。

4.布団カバーを洗っていない

布団はなかなか洗えませんが、布団カバーであれば洗濯は可能ですよね。布団カバーは直接肌に触れている寝具です。そのため、敷布団本体や掛け布団本体よりも汗や皮脂汚れを吸収しています。カバーを洗っていないと雑菌や臭いが蓄積され、臭くなってしまいます。

布団カバーの洗濯は、週に1回が理想とされています。平日は忙しくて洗って干す時間がないという場合も、休日を布団カバーの洗濯日として設定しましょう。

5.長期保管する前に洗濯していない

押入れに重ね入れた布団

季節によって布団を替えるご家庭は多いでしょう。特に、掛け布団や、ベッドでなく敷き布団を使っている場合は、季節によって寝具を変える必要があります。

長期保管する前に布団を洗濯していないと、汗や皮脂汚れを吸収した状態のまま、寝室よりも湿度の高い押入れやクローゼットに収納されることになります。雑菌の温床となってしまうため、次に取り出した時、非常に強い悪臭を放つ原因となります。

普段はなかなか洗うことのできない布団ですが、長期保管する前と取り出す時に、自宅やコインランドリーを利用するなどして洗濯するようにしましょう。

布団が臭い…ニオイを取り除く効果的な方法は?

晴れた日の洗濯物と洗濯ばさみ

すでに布団が臭くなってしまったという場合は、以下の方法でニオイを取り除くことができます。今使っている布団の臭いが気になるという方は、ぜひ一度試してみてください。

  • 布団を天日干しする
  • カバーを洗ってみる
  • 洗える布団であれば洗う
  • 消臭剤を使う

布団の種類によって寿命は異なりますが、一般的に掛け布団は約5年、敷き布団は約3年と言われています。この時期を過ぎた布団のニオイが消えない場合は、新しい布団に買い換えるべきでしょう。

普段からできる予防法も実践して

今後布団が臭くならないよう、頻繁に行える予防法に以下の対策法があります。

  • 定期的に風通しの良い場所に干す
  • 布団の下にすのこを敷く
  • 寝室は毎日換気する
  • カバーは頻繁に洗う

風通しの良い場所に布団を陰干しする場合は、1〜2週間に一度を目安に、また布団カバーは、1週間に1回を目安に洗濯しましょう。

布団は皮脂よごれや汗で臭くなる…毎日の予防法を徹底して

布団で昼寝をしている子供

布団の臭いは、基本的に汗や皮脂汚れや原因です。毎日使うものなので、汗を吸収してしまうことは仕方がありません。その分、陰干しやカバーの洗濯、寝室の換気など、できる対策法を実践することで、布団の臭いを予防しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
布団干し

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる