電気代を安くする『節約術』7選!コツや注意点についても解説

電球と家

生活費の中でも、電気代は大きな割合を占めている家庭は少なくありません。電気代の節約は難しくて我慢が必須と思っているかもしれませんが、実は小さな工夫で節電は簡単にできます。今回は、すぐに試せる節電のコツを7種類ご紹介します。節電に取り組むにあたり、家電の見直しや待機電力の数なども把握して賢く節電しましょう。

電気代は少しの工夫で安くなる可能性アリ

電球と電卓

電気代の節約は、簡単なようでなかなか成果が出にくいものです。電気代の節約=我慢につながってしまう人も、いるのではないでしょうか?

無理な節電は、長続きしにくいものです。まずはライフスタイルを見直し、無理のない範囲で節電できないかを考えてみましょう。

無理なく気軽に、誰でも取り組めるものを長期間実施することで、節電の効果が上がりやすくなりますよ。小さな工夫を重ねて、節電に取り組みましょう。

電気代をカットするコツ

スイッチ

電気代を節約するコツは、生活や家電の見直しやライフスタイルを振り返ってみることが重要なポイントになります。

定期的に振り返りや見直しを行い、電気代が節約できないかを見直してみましょう。

1.待機電力をカット

待機電力とは、無意識の間に消費している電力のことです。使っていない家電のコンセントを、刺しっぱなしになっていませんか?

コンセントがプラグに刺さっていると、使用していなくても家電に電気が行き渡るので電力を消費しています。古い家電は待機電力を多く消費するものもあるので、使用しない家電はコンセントを抜いておきましょう。

コンセントの抜き差しが面倒な場合は、節電タップの使用がおすすめ。プラグを刺したまま、簡単に電源のオンオフが切り替えられて節電もできます。

2.家電の使い方の見直し

夏や冬は、エアコンを使う頻度が上がる時期。設定温度が外気温と大きくなると、室温を設定温度まで調整するためにエアコンは電気をたくさん消費します。

電気消費量が上がると電気代も上がりやすくなるので、できるだけ早く部屋全体の温度が一定になるような工夫をしましょう。

サーキュレーターや扇風機を用いて室内の空気を循環させると、室内の温度が安定しやすく、空気循環を肌で感じることによって設定温度のハードルも低くなります。

エアコンのフィルター掃除や室外機の周辺をきれいに保つなどの工夫で、さらに節電効果が期待できます。

3.電化製品の製造年月日の確認

古い電化製品は電力消費量が大きいため、自然と電気代も高くなってしまいます。

10年以上使用している電化製品は消費電力が高い傾向があるので、普段使っている電化製品の製造年月日をチェックして買い替えを検討してみるのもおすすめです。

4.家の中の断熱効果の見直し

外の暑さや寒さは、窓辺から室内に侵入してきます。窓の断熱対策を強化するだけで、電気代の節約と室内の温度を保つ効果に期待が高まりますよ。

室内のエアコンの風が逃げていくのも窓からなので、窓ガラスとサッシ両方に断熱効果のあるグッズを使用することで室内の温度が変動しにくくなります。

断熱シートなどを貼る作業は、重労働ではないので休日でも気軽に手早く行えますよ。

5.契約しているアンペアの見直し

電力会社と契約しているアンペア数で、電気代の基本料金が決まります。あまり電気を使っていなくても、契約しているアンペア数が高いと電気代の基本料金も高くなってしまうのです。

電気使用量を確認し、契約しているアンペア数と見比べて、必要に応じてアンペア数を低くすることで基本料金を抑えられます。

6.契約会社の見直し

電力の自由化に伴い、電気会社も会社ごとに多様なプランを提供するようになってきました。現在契約している会社の別のプランに乗り換えるだけでも、電気代が節約できるかもしれません。

電力会社の乗り換えを検討しているなら、いくつかの会社から見積もりを取ってプラン内容などを見比べてみましょう。

7.家族で節電を意識する

節電は、意識し始めることが第一歩です。使っていない部屋や廊下の電気をこまめに消すだけでも、節電につながります。

家族が家の中でバラバラに過ごすとその分電気代がかかることが予想されるので、できるだけ同じ部屋で過ごすようにするといった小さな工夫を積み重ねることも節電になりますよ。

節電するときの注意点

電源をオフにする

節電は、毎日の積み重ねです。継続していくことで、節電の効果が徐々に実感できるようになってきます。

また、自分ひとりだけで続けても、なかなか効果が現れにくいもの。家族みんなが、無理なく協力し合える節電方法を家庭内に導入しましょう。

寒いときや暑いときにエアコンを一切使わないなどの節電方法は、健康的ではありません。無理をせず、みんなが笑顔で取り組める節電を実施してください。

さいごに

プラグとコンセント

節電は普段の生活を見直すだけで、できる工夫がたくさんあります。大人だけでなく、子どもも楽しみながら取り組める節電方法を見つけて継続して取り組みましょう。

電力会社の見直しや家電製品を新調を検討するのであれば、夫婦でしっかりと話し合いを行う必要があります。

双方が納得できるものに乗り換えて、賢く節電してくださいね。

電球と家

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる