お年玉の額で恥をかかないために!年齢別・親戚の子どもへの相場をチェック

師走が近づいてくると、大人が頭を悩ませるのは「お年玉」ですよね。誰にいくら渡せばよいのか、どのように包めばよいのか分からず戸惑うこともあるでしょう。相場やルールを知らずに渡してしまうと、恥をかいてしまうかもしれません。今回は、年齢別のお年玉の相場や、知っておきたいお年玉の常識について解説します。

師走が近づいてくると、大人が頭を悩ませるのは「お年玉」ですよね。誰にいくら渡せばよいのか、どのように包めばよいのか分からず戸惑うこともあるでしょう。

今回は、お年玉の相場や常識について解説します。

親戚の子どもへのお年玉の相場

185816349

親戚の子どもへお年玉を渡すとき、いくらが相場なのか分かっていないと困りますよね。渡す金額が少なすぎると恥ずかしいですし、多すぎると子どもの親に困惑されてしまいます。まずは、年齢ごとの相場を事前に把握しておきましょう。

未就学児

3~6歳の未就学児の場合、1,000円程度がお年玉の相場です。まだお金の使い方が分からないので、お菓子を大人と買えるくらいの金額と考えてよいでしょう。

小学生

小学校低学年になると、1,000円から3,000円程度がお年玉の相場になります。また、小学校高学年になると、3,000円が相場になるようです。小学生になると子ども同士で出かけて、お菓子や漫画を買う機会も増えるので、これくらいの金額が妥当といえます。小学生の低学年と高学年で金額差をつけるのなら、低学年は2,000円、高学年は3,000円と設定するのもよいでしょう。

中学生

中学生の場合、5,000円程度がお年玉の相場です。大人の負担が増える時期ですが、洋服やゲームなどを自分で買うようになる時期なので、これくらいの相場になると考えられます。

高校生

高校生になると、5,000円から1万円が相場になります。親戚の人数や間柄にもよるようですが、祖父母からは1万円、叔父叔母からは5,000円というケースが多いようです。

やってはいけない!お年玉におけるタブーとは

121910055

受け取っている側は気にしていないようで、大人は意外と見ているお年玉。新年早々恥をかかないよう、やってはいけないタブー行為を知っておきましょう。

縁起が悪い金額を入れる

新年に渡すお年玉は、縁起が悪い数字を避けるのがマナーです。そのため、縁起が悪い「4」がつく「400円」や「4,000円」を渡すことはタブーといえるでしょう。

現金をそのまま渡す

お年玉は面倒に感じても、ポチ袋に入れて渡すのが常識です。間違えても、現金をそのまま渡すようなことはしてはいけません。もし急に親戚が来てポチ袋を用意できないときは、手持ちの懐紙や紙、封筒などに包んで渡すようにしましょう。足りなくなったときのために、親戚の集まりには余分にポチ袋を持っておくと安心です。

知っておきたい!お年玉におけるルールとは

235390787

次に、大人なら知っておきたいお年玉におけるルールを紹介します。

お札は表が内側になるように折る

ポチ袋は小さいため、お札は折って入れる必要があります。お札はきれいに重ねて、表面が内側になるように三つ折りにします。前もって新札を用意しておくとよいですね。

ポチ袋には相手の名前と自分の名前を書く

ポチ袋の表面には相手の名前、裏面には自分の名前を書きます。自分の名前は忘れがちですが、誰からいくらもらったのか分からなくなってしまうので必ず書くようにしましょう。「◯◯おじさんより」などと子どもからの呼び名でも構いません。

一般的には高校生まで

お年玉は何歳まであげるかというのも悩みどころですよね。一般的には、高校生まであげるケースが多いようです。大学生になると、アルバイトをして収入ができるため、お年玉をあげる側になることも。地域や考え方によっていつまであげるのか異なるため、親戚同士で相談をしておくとよいでしょう。

お年玉は年始のご挨拶!相場やルールを理解しておこう

308702692

年始のご挨拶で子どもたちに渡すお年玉。金額や渡し方で恥をかくのは避けたいですよね。年齢別の相場感や、渡すときのルールを理解して、気持ちよく渡せるようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる