絶対NGな『冷蔵庫の使い方』5選

NGな冷蔵庫の使い方とは

正しく保存しているはずなのに、なぜか食材がすぐに傷んでしまう…。もしかすると、冷蔵庫の使い方に問題があるのかもしれません。今回は、食材をダメにしてしまう冷蔵庫の使い方を紹介していきます。皆さんは無意識のうちにしてしまっていませんか。

正しく保存しているのに食材がすぐに傷む…なぜ?

食材がなぜか痛むのは冷蔵庫のせい?

食材は、それぞれ正しい方法で保存しなければ、すぐに傷んでしまい食べられなくなってしまいます。しかし、それぞれに合った適切な保存方法で冷蔵保存しているのに、なぜか食材がすぐ傷んでしまうことはありませんか。

もしかすると、冷蔵庫の機能性を損ねてしまうような使い方をしていることが原因かもしれません。いくら食材を正しく保存していても、冷蔵庫が冷えなくなってしまったり、食材に合っていない使い方をしていたりすると、食材をダメにしてしまいます。

食材をダメにする『冷蔵庫の使い方』5選

冷蔵庫のダメな使い方

冷蔵庫の使い方によっては、食材を正しく保存していてもダメにしてしまうことがあります。ここでは、食材をダメにする冷蔵庫の使い方を5つ紹介します。皆さんは下記のような行為に身に覚えはありませんか。

1.冷蔵庫の周りに家電を置く

食材を長持ちさせるためには、冷蔵庫が正しく稼働し、冷蔵庫内を冷やさなければいけません。しかし、冷蔵庫の周りに家電を置いていると、庫内を冷やすために熱を放出することができなくなり、冷蔵庫内が冷えにくくなってしまいます。

よく見かけるケースが、電子レンジです。冷蔵庫にぴったりくっつくような位置に電子レンジを置いていたり、あるいは背の低い冷蔵庫であれば、冷蔵庫の上に置いていたりするご家庭があります。

これらの行為は、冷蔵庫の熱を放出することを妨げる行為になりますので、庫内が冷えなくなる原因となっている可能性があります。

2.冷蔵庫のドアを頻繁に開閉する

頻繁な開け閉めはNG

冷蔵庫のドアを開け閉めする回数が多ければ多いほど、冷蔵庫内の冷気が外に逃げてしまいます。すると、庫内が冷えにくくなり、食材がダメになってしまう原因となるのです。

また、冷蔵庫のドア部分には、ドアポケットと呼ばれる飲料水や食材、調味料などを入れられるポケットが付いています。何度も開け閉めすると、ドアポケットに収納されている食材に衝撃が走り、その分、傷みが早くなることもあります。

3.冷蔵庫に入る分だけ詰め込む

最近では、食材をまとめ買いするご家庭も増えてきているため、一度に大量の食品を買い、冷蔵庫に入る分だけ詰め込むという人も多いでしょう。しかし、冷蔵庫は少し余裕を持って食品を入れなければいけません。

冷蔵庫に入る分だけぎゅうぎゅう詰めに入れてしまうと、冷気が通る余裕がなくなってしまい、冷蔵庫に保存している商品が冷えなくなる原因となります。その結果、商品の傷みにも繋がるのです。

しかし、冷凍庫の場合は違います。冷凍庫は、入れた食品が凍るため、食品自体が保冷剤の役割を果たします。そのため、できるだけ隙間なく入れる方が、効率良く食品を冷凍することができます。

4.温かい食品をそのまま冷蔵庫に入れる

作った料理をタッパーなどの保存容器に入れ、冷蔵庫で保存する『作り置き』は大人気です。しかし、食品が温かいまま冷蔵庫に入れてしまうと、冷蔵庫内を冷やそうとする冷気の邪魔になってしまいます。

また、温かいまま入れてしまった食品の近くに保存している食材を、傷めてしまう原因にもなります。作り置きなど、温かい食品を保存したい場合は、特別な注意事項がない限り、冷めてから冷蔵保存するようにしましょう。

5.食材を適切な場所に保存していない

場所を使い分けるのも重要

冷蔵庫の中は、どの場所もすべて同じ温度と思っていませんか。実は、冷蔵庫の中でも場所によって温度が異なります。

例えば、冷蔵庫のメインとも言える冷蔵室は、全体が3~5℃に設定されていることが多いです。しかし、冷気は下に溜まる性質を持っているため、下段が3℃、中段が4℃、上段が5℃のように、格段で1~2℃温度が異なります。

また、野菜室は野菜を冷やしすぎないようにするために設けられているため、冷蔵室よりも温度設定が高いです。野菜室の温度はメーカーや商品によって異なりますが、基本的に6℃前後と冷蔵室より高く設定されています。

さらに、冷蔵室のすぐ下や隣などに設計されているチルド室は、冷凍する直前の状態を保つ食品のための場所です。そのため、0~3℃と冷蔵室より低く、冷凍庫よりも高い温度に設定されています。

このように、冷蔵庫の中は、場所によって温度がごく僅かですが異なります。しかし、このごく僅かな差が、食材にとっては長持ちする秘訣となったり、反対に命取りとなったりします。それぞれの食材に合った場所に保存しなければ、冷蔵保存であっても早く傷むことがあります。

食材の無駄遣いを0に!賢く冷蔵庫を使うには?

いかがでしょう。皆さんは食材をダメにする冷蔵庫の使い方をしていませんでしたか。これらを踏まえた上で、食材を無駄にしないために知っておきたい、冷蔵庫を賢く使うためのポイントを紹介します。

冷蔵庫の温度環境を把握する

冷蔵庫の温度は把握しておくべき

間違った使い方でも紹介したように、冷蔵庫の中は場所によって温度が異なります。それを踏まえ、冷蔵庫の中の温度環境を把握しておくことが大切です。

冷蔵庫のどこが何度程度に設定されているのかを知り、それぞれの食材に適した温度の場所に保存することで、食材をより長持ちさせることができます。

食材を積み重ねる場合はより冷やしたい食品を下に

タッパーなどの保存容器に作り置き料理や残った料理を入れ、冷蔵保存するご家庭は多いです。その際、食材を入れた容器を積み重ねて保存する人もいるでしょう。

容器を積み重ねるときは、より冷やしたい料理が入っている容器を下に置いてください。先ほど少し触れましたが、冷気は下に溜まる性質を持っているため、同じ段であっても、下の方が冷えている傾向にあります。

傷みやすい料理などを保存容器に入れて保存する場合は、下段の下の方に置くことで、「一昨日保存したばかりなのに、もう傷んでる!」というトラブルを回避できます。

冷蔵庫の中は程よく余裕を保って

冷蔵庫の中に入るだけ食品を詰め込んでしまうと、冷気が通りにくくなるため、食品が冷えず、傷む原因となります。そのため、冷蔵庫の中は程よく余裕を保って使うようにしましょう。

冷蔵庫を正しく使って食材の鮮度を長持ちさせよう

正しく冷蔵庫を使おう

いかがでしたでしょうか。冷蔵庫は毎日使う大型家電です。そのため、当たり前に行っていることが実は間違いである場合、多くの食材を無駄にしてしまう恐れがあります。冷蔵庫を正しく使い、食材の鮮度を長持ちさせることで、食材の無駄を省きましょう。

NGな冷蔵庫の使い方とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる