お米を冷蔵庫に保存して甘みを逃がさない!上手に保管する方法

お米を冷蔵庫や野菜室に保存すると甘みが逃げないのでおすすめです。お米の袋はかさばるのでいったいどうやって冷蔵庫にいれるのか考えてしまうかと思いますが、お米を冷蔵庫に保存する方法はとっても簡単です。お米を冷蔵庫で保存するとどんな良いことがあるのか?、お米の冷蔵庫の保存方法は?、冷蔵庫に入らないときはどうすればいいのか?などの答えをご紹介したいと思います。

お米は冷蔵庫で保存したほうが良い理由

お米

お米を冷蔵庫や野菜室に保管すると、常温で保管するより2倍~3倍も美味しさが長持ちします。お米の保存場所に適している条件は「温度が低い」「湿度が低い」「直射日光が当たらない」場所です。

お米につく虫は18℃以上で多湿の場所に発生します。お米の保存に適している温度は10℃~15℃以下の涼しい場所です。お米は脂肪分が多く、脂肪分は酸化しますが、温度が10℃以下であれば、お米が酸化する速度を半分に遅らせることができます。また、空気に触れることで乾燥してひび割れの原因になり味も落ちてきます。

湿度が低く温度が10℃以下で日が当たらないという条件を一定に保ち続ける場所を家の中で探すと、冷蔵庫か冷蔵庫の野菜室しか見当たりません。一般的には、冷蔵庫は4℃以下で野菜室は10℃以下ですので、冷蔵庫でも野菜室でもどちらに保存しても良いことになります。

キッチンに米びつを置いている家庭を多く見ますが、常温で保管すると1ヶ月ほどで甘みが落ちてくるといわれています。また、キッチンのシンクの下など湿気がある場所にお米を保存しておくと、お米が湿気を吸ってしまいカビや雑菌が発生する可能性が高いです。特に春夏秋には気温が暖かくなりますのでカビが発生しますので注意しましょう。

お米を冷蔵庫で保存する方法

冷蔵庫を開ける

お米は空気にふれると酸化しますので、空気にふれないように必ず密封させてください。また、お米は匂いが移りやすいので密封することで匂いの移りを防ぐこともできます。冷蔵庫で保存する場合、お米を1つの容器に全部まとめて保存するのでは無く、1回に食べる量ごとに小分けにして保存します。

お米の賞味期限の目安

  • 常温25℃前後で約2ヶ月
  • 20℃で約3ヶ月
  • 10℃で約5ヶ月
  • 5℃で6ヶ月~7ヶ月

※賞味期限は甘みが変わらない期限のことで、消費期限ではありません。消費期限は食べられなくなる期限のことです。

チャック付きの保存袋で保存する

お米 小分け

お米は空気に触れるとヒビ割れて、甘みが落ちる原因になりますので、空気に触れないよう注意しましょう。

保存の手順

  1. チャック付きの保存袋(ジップロックのような袋)にお米を1度に研ぐ量を入れてください。
  2. 袋の中のお米を平らにし、空気を抜きます。
  3. 空気をしっかり抜いたあとチャックを閉めます。
  4. 野菜室に敷き詰めるように入れてください。

お米を研ぐ際、お米が冷えているとお水を吸収する量が少なくなります。そのため白く濁った水も少なくなり短時間で研ぎ終わることができます。研ぎすぎることがありませんのでお米の表面に傷がついていないので、炊いたご飯はつやがありふっくら仕上がります。

密封容器、タッパーで保存する

タッパー

密封容器・タッパーにお米を保存する際は、密封のタッパーにできる限りお米をいれましょう。タッパーいっぱいまでお米をいれることでタッパー内に空気が入るのを防ぎます。

ペットボトルで保存する

空っぽのペットボトル

ペットボトルにお米を保存する際は、できる限りボトルにお米を入れましょう。ペットボトルいっぱいまでお米を入れることで空気が入らず酸化を防ぐことができます。

お米が入る量

  • 500mlのペットボトルはお米が約3合
  • 1.5Lのペットボトルはお米が約9合
  • 2Lのペットボトルはお米が約12合

メリット

  • 冷蔵庫内で横にして保存することができます。
  • ペットボトルは密封性が高いです。

デメリット

  • ペットボトルの狭い口からお米を入れるのは難しいのでじょうごを使いましょう。
  • ペットボトルからお米を出す際、ペットボトルを振って出しますのでお米が割れる原因になります。

購入した時の袋のまま保存する

新米

米袋はお米を販売する為の袋ですので、保管用に作られていないものが多いですので、できるだけ他の容器で保存しましょう。どうしても袋のまま保存したい場合は、温度と湿度が低く、日の当たらない風通しのよい場所に置きましょう。

牛乳パックで保存する

牛乳パック

牛乳パックは、牛乳の匂いが完全に消えずに残るため、お米に匂いが移る可能性があります。匂いが気になる方にはおすすめできません。

100均の容器で保存する

100均にはお米の保存容器やジッパーつき保存袋、密封タッパー、ボトル、じょうごなど、冷蔵庫の保存にむいているさまざまな容器がありますので、お近くに100均があるようでしたら一度見にいかれてはいかがでしょうか。

冷蔵庫に入らない場合の保存方法

米袋

冷蔵庫以外に保存する方法をご紹介したいと思います。お米を保存する際に大事なことは「温度と湿度が低い」「日に当たらない」「空気にあたらない」です。そこで活用できるのは布団用圧縮袋です。ジップロックの巨大版だと思ってください。

用意するもの

  • 布団用圧縮袋
  • 鷹の爪

保存の手順

  1. お米の入っている米袋に、フォークなどを使って小さな穴をたくさん開けます。※米袋の中の空気をできる限り抜くためです。
  2. 布団用圧縮袋に、米袋ごと入れます。
  3. 虫除けのために「鷹の爪」を圧縮袋に入れます。
  4. ジッパーを閉じて、空気を抜きます。※掃除機で空気を抜くタイプはしっかり空気が抜けますのでおすすめです。
  5. 日の当たらない涼しい場所に保管しましょう。

家族でお住まいの方は、一度に10kg以上のお米を購入されているかもしれませんね。そんなに多くのお米を冷蔵庫や野菜室に保存するのは無理だと思います。そんな時はここでご紹介した保存方法をぜひ試してみてください。

米びつで保存する場合の注意点

米びつ

米びつは使いやすくて便利ですが、お米の甘みを逃がさないためにいくつか注意が必要です。

一度に入れる量は1ヶ月~1ヵ月半に食べきる量にしましょう。お米の甘みは精米後1ヶ月~1ヵ月半は変わりませんが、2ヶ月以上たつとだんだん甘みが落ちてきます。米びつに入れたお米は空気にふれやすいため1ヶ月で食べきる量にしましょう。できれば、1週間ごとに使い切る量をおすすめします。

お米を使いきった後、追加する前に米びつを洗いましょう。1度お米を入れた米びつはぬかがついています。そのぬかが酸化することで虫が発生することもあります。米びつを洗った後は、必ず水分を取って完全に乾燥させてからお米を入れましょう。水分があるまま入れると虫やカビが発生する可能性がありますので注意してください。

お米を冷蔵庫で保存するときの注意点

冷蔵庫を開ける

冷蔵庫内の冷気の噴出し口付近にはお米を置かないでください。冷気の噴出し口付近にお米を置くと、お米を保存している袋に冷風が入りお米を乾燥させることになります。冷蔵庫や野菜室で保存することで、1ヶ月程度は精米直後の甘みが保たれますので、1ヶ月~1ヶ月半以内に食べることをおすすめします。

冷蔵庫に保管した「密封容器・タッパー」に入れたお米は食べきってから新しいお米を補充しましょう。お米を保管容器に補充する際は、容器をきれいに洗ってからお米を入れてください。お米の古いカスが残っていると、新たに入れたお米の甘みを落とすだけでなく、虫やカビの原因になりますので気をつけましょう。

お米の下の部分だけカビが繁殖している場合は湿気が原因で、お米の上の部分だけカビている場合は水分がかかったことが原因となります。

まとめ

米袋

「お米を保存するなら冷蔵庫!」というお話をいたしましたがいかがでしたでしょうか?お米を冷蔵庫で保存するなんて目からウロコ…という方もいらっしゃると思いますが。よくよく考えてみたら、冷蔵庫は新鮮さを保つための場所ですので、お米を冷蔵庫で保存するのも最もな話ですね。今、おうちのお米はどこに置いてありますか?今あるお米の甘みを逃がさないために、早速冷蔵庫で保存をしてみましょう!