アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイスの違いとは?どれを食べるのがおすすめ?

好きなアイスを選ぼう

最近、さまざまなスイーツが出回るようになり、洒落た名前に「追いつかない」と感じている人も多いのでは?今回は、その中でもアイスクリームとアイスミルク、ラクトアイスの違いについて解説していきます!「同じじゃないの?」と思っていた方は必見です。

アイスにはいろんな種類があること知ってた?

アイスには種類がある

夏が近付き、気温が高くなると、どうしても食べたくなる冷たいアイス。さっぱりした物から濃厚な物まで、多くの種類がでているので、アイス売り場を見るだけでもワクワクしてしまいますよね。

ここで1つ、質問があります。皆さんはアイスのパッケージに記載されている名称を見たことはありますか。実は、アイスのパッケージに記載されている名称には、商品名とは別に、『アイスクリーム』『アイスミルク』『ラクトアイス』と別に表記されています。お気づきでしたか。

少し前から言い分けられるようになったアイスたち

少し前からこの3つの言い方が注目されるようになっていましたが、この『アイスクリーム』『アイスミルク』『ラクトアイス』は、法律で定められた基準に基づいて決められているのです。

しかし、ほとんどの人がすべての商品を「アイス」や「アイスクリーム」と言っているため、あまり区別されることはありませんでした。

アイスの種類は大きく3つに分けられる

アイスの種類は3種類

一般的に「アイス」「アイスクリーム」と言われている商品は、前述したように『アイスクリーム』『アイスミルク』『ラクトアイス』の3種類に分けられています。加えて『氷菓』もこの種類に含まれるでしょう。

こうした種類分けは、以下の2つの基準により区別されています。

  • 乳固形分
  • 乳脂肪分

乳固形分は、乳製品を扱う上で、水分を除いた成分のことを表します。乳脂肪分は、この乳固形分に含まれている脂肪分を表しています。この2つがどの程度含まれているかによって、アイスの種類の中で区分分けされています。

1.アイスクリーム

アイスクリーム

まずはアイスクリームです。アイスクリームは、乳固形分が15.0%以上、その中に乳脂肪分が8.0%以上含まれている商品を指します。

乳固形分、乳脂肪分共に多く含まれている特徴を持つため、他の種類のアイスに比べると濃厚であったり、しっとりとした食感が特徴的です。

2.アイスミルク

アイスミルク

アイスミルクは、乳固形分が10.0%以上、そのうち乳脂肪分が3.0%以上を満たしている商品を指す名称です。アイスクリームに比べると、やや乳固形分、乳脂肪分共に少ないため、よりあっさりとした味わいを楽しむことができます。

3.ラクトアイス

アイスクリーム、アイスミルクよりも乳固形分、乳脂肪分が少ない商品がラクトアイスです。ラクトアイスは、乳固形分が3.0%以上あるものであれば、ラクトアイスに区分することができます。

ラクトアイスの場合、乳脂肪分は基準に入りません。0%であっても、乳固形分が3.0%以上であれば、ラクトアイスに含まれます。

上記のアイスミルクと比較した場合、乳固形分が4.0%、乳脂肪分が3.0%の商品の場合は、乳脂肪分がアイスミルクの基準を満たしていますが、乳固形分が基準を満たしていないため、ラクトアイスに分類されます。

上記3つ以外の物は『氷菓』

かきごおり

そして、ラクトアイスの基準である乳固形分3.0%以上を満たさない商品は、『氷菓』に分類されます。氷菓はアイスよりもシャーベットやかき氷に近い商品です。シャリシャリと『涼』を感じたい方に最適ですね。

3つのアイスの選び方は?気分で選ぼう!

どのアイスを選ぶのがいいの?

乳固形分や乳脂肪分で区分されているアイス商品。しかし、乳固形分が多ければいい、少なければいいという優劣を付ける基準ではありません。その時、自分がどのようなアイスを食べたいのか、気分によって3つ(あるいは氷菓を含む4つ)の種類から選ぶべきです。

そのために、乳固形分、乳脂肪分を基準に『アイスクリーム』『アイスミルク』『ラクトアイス』と区分されていると言っても過言ではありません。選び方は下記にそれぞれ記載します。

しっかり濃厚さを求めるなら『アイスクリーム』

濃厚でしっとりとしたアイスを楽しみたい方は、乳固形分、乳脂肪分共に多く含まれている『アイスクリーム』をおすすめします。

暑い夏であっても、さっぱり感より、しっかり濃い味を楽しみたい時も多いですよね。そんな時は、パッケージ裏に『アイスクリーム』の表記のある商品を選びましょう。

あっさり濃厚な味を楽しむなら『アイスミルク』

味はしっかり楽しみたいけれど、暑いからさっぱりとした食感のアイスが食べたい…。そんな気分のあなたには、乳固形分は少し多めですが、乳脂肪分が少なめの『アイスミルク』をおすすめします。

味はしっかりと楽しむことができますが、アイスクリームよりも乳脂肪分が少ないため、少しあっさりとした食感が楽しめますよ。

味と共にさっぱり感がほしいなら『ラクトアイス』

味を楽しみつつ、さっぱりと暑さを払拭できるようなアイスが食べたいという方には、より乳固形分が少なく含まれている『ラクトアイス』が最適です。さっぱりとした口当たりを楽しめるので、涼しさが口の中に広がります。

とにかくさっぱり清涼感を求めるなら『氷菓』

とにかく暑さを払拭したいという時には、乳固形分、乳脂肪分共に少ない『氷菓』をおすすめします。コンビニでもシャーベット状の商品が置かれていますが、その商品の多くは『氷菓』に当てはまります。

口の中だけでなく、体全体を涼しくしてくれる『氷菓』は、主に夏の間限定で人気が高まる商品です。中には、夏にしか出回らない商品も多く見かけるようになるので、要チェックです。

アイスはその時の気分で適した種類のものを選んで

好きなアイスを選ぼう

いかがでしたでしょうか。あまり気にすることのないアイスの種類ですが、知っておくことで、その時に食べたいアイスの気分によって、適したアイスを選ぶ際に便利です。ぜひこの夏は、パッケージ裏に表記されたアイスの種類にも注目して選んでくださいね。

好きなアイスを選ぼう

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる