風呂場の床の黒ずみ掃除方法は?掃除道具や手順とおすすめ洗剤6選

Renovation of an old building bathroom in a panoramic view - 3d visualization

風呂の床に黒ずみを見つけてしまったら、すぐに掃除して徹底的に汚れを落としてしまいましょう。黒ずみにはカビが含まれている可能性もあるので、放っておくと汚れがどんどん広がります。本記事では、風呂の床に見つけた黒ずみの正体と対策について紹介します。

風呂場の床の黒ずみの掃除方法

バスルーム

きちんと掃除しているつもりでも、気がつくと風呂場の床に黒い汚れが付いている、ということはありませんか。風呂場の黒ずみは「カビ」が原因の場合と、垢や皮脂が原因の場合があります。

カビと垢や皮脂による汚れとでは、掃除の仕方が異なります。カビは菌の一種なので、少しでも落とし残りがあれば、そこからまた繁殖してしまい、いつでも風呂場のどこかに黒ずみがあるという状態になってしまいます。

垢や皮脂が原因の汚れに対しては、お風呂用洗剤を使った掃除が効果的です。カビが原因の黒ずみは、通常のお風呂用洗剤では菌を死滅させられないので、カビ専用の洗剤を使って、根こそぎ除去しましょう。

皮脂や垢による黒ずみ(茶色っぽい)の場合

爽やかなバスタイム

風呂場の床掃除は、黒ずみの原因に応じて、掃除用洗剤を使い分けるのがベストです。皮脂や垢が原因となった黒ずみは、真っ黒ではなく茶色がかった黒なので、見分ける目安にしましょう。皮脂や垢の汚れが黒よりも茶色に近い場合は、赤カビが発生している可能性もあります。

皮脂や垢の汚れだけなら、お風呂用洗剤でもきれいになりますが、赤カビが発生している場合は、カビ対策も必要になります。ここでは、皮脂や垢による風呂床の汚れを掃除する際に必要となるアイテムと掃除手順を紹介していきます。風呂床掃除の参考にしてみてください。

皮脂や垢が原因で、風呂の床に黒ずみが発生していると考えられる場合は、掃除前に次のものを用意しておきましょう。

掃除前に準備するもの

  • 洗剤(赤カビが混じっていれば重曹、汚れのみなら風呂用洗剤)
  • 掃除用スポンジ・キッチンペーパー(汚れがひどい場合)

掃除の手順

床の黒ずみに赤味(茶色)が混ざっている場合は、赤カビが発生している可能性があります。赤カビの混じった汚れの場合は、まず重曹溶液を作りましょう。

重曹溶液の作り方

  1. 1Lのお湯をアルミ製以外の鍋で沸騰させます
  2. 大さじ5~6杯の重曹を少しずつ①の鍋に入れます 発泡するので一気に入れるのは避けてください
  3. そのまま20~30分沸騰させます④火からおろして冷めたらスプレーボトルに移し替えて使います

手順

  1. 汚れに洗剤を吹きかけて、掃除用スポンジでこすります
  2. 汚れが落ちづらい場合は、キッチンペーパーを洗剤で浸して、汚れの上に湿布し、時間をおきます
  3. キッチンペーパーを取り除き、スポンジでこすります

皮脂や垢による黒ずみにおすすめの洗剤3選

Bathroom interior. 3d render.

皮脂や垢が原因と考えられる、風呂床の黒ずみ落としに向いている洗剤を紹介します。

皮脂や垢が原因となる汚れは酸性の汚れなので、汚れ落としにはアルカリ性の洗剤が適しています。水垢はアルカリ性の汚れなので、水垢落とし用の洗剤は、皮脂・垢汚れには不向きです。

除菌率99.9% クエン酸の激落ちくん 粉末タイプ 300g

除菌率99.9% クエン酸の激落ちくん 粉末タイプ 300g

クエン酸は合成洗剤ではないので、環境にやさしく、水回りの洗浄と除菌が行えます。

クエン酸が得意とする汚れは「水垢」なので、風呂床の黒ずみが赤みがかって茶色に近い場合は、黒ずみが落ちない可能性もあります。

汚れの成分がわからない場合は、まずクエン酸を使った本洗剤で、お風呂の床から水回り全般を一通り掃除しましょう。汚れが残っていたら、赤カビ対応の洗剤も試してみましょう。

本製品は水垢全般に強く、除菌効果もあるので、風呂床だけでなく、キッチンやトイレの水回りでも活用できます。


シャボン玉 重曹 680g

本商品は、弱アルカリ性なので、赤カビが発生した風呂床掃除に有効です。重曹は合成洗剤ではないので、環境にやさしい掃除アイテムとしておすすめです。

重曹溶液を作って、スプレーしたり、浸けおきしたりします。風呂床のガンコな赤カビは、重曹溶液に浸したキッチンペーパーを使って、湿布状態でしばらく放置します。

重曹が汚れを浮かせてくれ、汚れを根こそぎ除去できます。水垢汚れには効果がないので、クエン酸と組み合わせて使うと、水垢もヌメリも除去できます。


サンスター水まわり用輝き洗剤キーラ 500ml

サンスター水まわり用輝き洗剤キーラ 500ml キッチン・シンク・お風呂・洗面用

本商品は、ホテルの清掃に長年使われてきた業務用洗剤を一般家庭向けに販売したものです。

市販されている風呂掃除用洗剤に比べると高価ですが、業務用ということもあり効果には期待ができます。水回りの黒ずみを落とせるだけでなく、磨き効果もあり、除菌・消臭もしてくれます。

クエン酸で水垢を落とし、4つの洗浄成分でヌメリも落としてくれます。

黒カビによるシミの場合

3d rendering classic modern bathroom with luxury tile decor

風呂の床や壁などに、濃い黒のシミを見つけてしまったら、「黒カビ」による汚れの可能性があります。「黒カビ」は汚れがガンコで、落とすのに苦労するカビです。この場合には、カビ専用の風呂用洗剤を使うのがおすすめです。

環境にやさしい洗剤としては、クエン酸と重曹の併用がおすすめです。重曹の発泡作用とクエン酸の洗浄力が混ざることで、根本から黒カビを除去できます。ここでは、黒カビによるシミを落とす手順を紹介します。

黒カビで風呂床が黒ずんでいる場合は、次のものを用意して、掃除をしてみましょう。クエン酸は小さじ1杯を200mlの水に溶かして、水溶液を作っておきます。スプレー容器に入れておきましょう。

用意するもの

  • クエン酸(掃除用のもの)
  • 重曹(掃除用のもの)
  • 酵素系漂白剤
  • 歯ブラシ(使い古しで構わない)

用意した掃除アイテムの一部、または全部を使って、風呂床の黒ずみを落としましょう。黒カビがたくさん繁殖していると、クエン酸や重曹といった環境にやさしい洗剤では落としきれないこともあります。この場合は、市販の黒カビに効く洗剤を別途用意して使いましょう。

掃除の手順

  1. 黒ずみの部分にクエン酸溶液をたっぷりと吹きかけます
  2. クエン酸溶液で湿らせた黒ずみ部分に重曹をふりかけます
  3. 重曹が水分と反応して発泡するので、汚れが浮き立ってくるまでしばらく待ちます
  4. 汚れが浮いてきたら、歯ブラシでやさしくこすりますクエン酸と重曹で汚れを取り除ききれなかったら、重曹と酸素系漂白剤を練って、汚れ部分をパックしてみましょう。

黒カビによる黒ずみにおすすめの洗剤3選

洗剤のイラスト

黒カビが原因の黒ずみは、放置してしまった時間が長ければ長いほど、クエン酸や重曹だけの力では除去するのが難しくなります。

市販の洗剤にも「カビ」にポイントを絞った商品や、「黒カビ」そのものにポイントを絞った商品も多く販売されています。

ここでは、黒カビが原因となっている黒ずみに有効な洗剤を3つ紹介します。

カビキラー カビ取り剤 特大サイズ 本体 1,000g

【Amazon.co.jp 限定】 カビキラー カビ取り剤 特大サイズ 本体 1,000g お掃除用手袋つき

黒カビにポイントを絞った洗剤なので、黒カビを落とすのはもちろん、黒カビの「予防」としての効果もあります。

カビは、表面的に落としても、菌の根が床や壁の素材に入り込んでいることが多く、すぐに同じ場所から発生してしまいます。カビキラーを使って黒ずみの掃除をしておけば、そのとき発生している黒カビを根こそぎ落とせるので、再発生を防げます。

カビにポイントを絞っているものの、除菌効果もあるので黒ずみを除去するだけでなく、水回りの気になる臭いの発生も防げます。


カビ取り侍 液スプレー 500g

カビ取り侍 液スプレー 500g 強力タイプ 風呂 部屋の壁紙 土壁 クロス エアコン KZ-L500P

本商品は、黒カビだけでなく赤カビや白カビ、青カビも含めたカビ全般に効果があります。カビの除去率99.9%をうたっているので、風呂掃除で使ったときの効果は十分期待できます。

使った後は水拭きか水洗いが必要になりますが、風呂掃除だけでなく、水洗い可能な場所やモノにも利用可能です。本商品だけで20畳分の箇所に使えますが、カビがそれほど繁殖していない場所が多いのなら、さらに希釈して使うことも可能です。


ウルトラハードクリーナー バス用 防カビプラス700

ウルトラハードクリーナー バス用 防カビプラス700

本商品は、風呂掃除にポイントを絞った洗剤で、風呂場で想定される汚れ全般を考慮されています。「湯アカ」「水垢」「石けんの残りかす」による汚れに加え、「風呂カビ」に効く成分をプラスしているので、汚れの原因を考えなくても風呂場の汚れを落とせます。

風呂掃除のための洗剤なので、汚れだけでなく除菌効果もあり、風呂場に発生しがちな嫌な臭いも防げます。

風呂場の床の黒ずみを防ぐポイント

empty room and tile floor

風呂場の床の黒ずみを、一生懸命掃除してピカピカにしても、すぐに薄汚れてきて、隅にはまた黒ずみが見られる、という経験のある人も少なくないでしょう。

風呂場の掃除は大変なのに、汚れるのはとても早いという印象のある場所といえるかもしれません。風呂場の床の黒ずみを除去したら、再度の黒ずみを防ぐためにポイントをおさえたメンテナンスをしましょう。

ここでは、黒ずみを防ぐためのポイントを紹介します。

換気をする

カビの大好物は湿気です。風呂を使ったままにしておくと、湯船やシャワーから発生した蒸気で風呂場全体に湿気がこもったままになります。カビの大好物「湿気」を取るために、風呂場の換気をこころがけましょう。

換気扇で換気する場合は、2時間以上換気扇を回しておく必要があるといわれています。風呂場に外気に通じる窓が付いている場合は、窓を開けて換気することもできます。

湿気取りに使う換気扇もカビが発生しやすい場所になるので、風呂場の床掃除の際は一緒に、換気扇も掃除しましょう。

使用後には水分をふき取る

カビの大好物は湿気なので、目に見える水分をふき取っておくのも有効です。湯気や水蒸気はふき取れませんが、床や壁に付いている水滴をふき取っておけば、換気の際に湿気も取れやすくなります。

家族暮らしの場合は、最後に風呂場を使った人が、カラダを拭き終わったバスタオルを利用して水分をふき取り、換気扇を回しておけば、風呂場の中をカラカラに保てます。

水滴を拭くためのぞうきんを風呂場の外に備え付けておくのもおすすめです。水切りワイパーを使ってみるのも効果的な方法といえるでしょう。

椅子や桶などを床に置きっぱなしにしない

カビは湿気があって風通しの悪い場所に繁殖します。風呂用の椅子や洗面器、桶などが床に置きっぱなしになっていると、接地面には水滴が溜まり、換気してもその部分には風が通りません。

椅子や桶などは床に置いたままにせず、風呂を使い終わったら水分を拭いてしまっておくようにします。

洗面器や桶は、床に置いておくよりは壁にかけておくようにした方が、カビを防げます。風呂場に置いておく限りは、湿気を避けられないので、風呂床と一緒にこまめに掃除する必要があります。

高温のお湯をかける

カビは高い温度に弱いので、風呂からあがるときに50℃以上のお湯をシャワーで床の隅から隅までかけておけば、カビの繁殖を防げます。毎日行う必要はなく、1週間に1度程度でも構いません。お湯をかける際は、1ヶ所90秒程度かけましょう。

カビの発生しやすい壁と床の角や排水溝の近くなどを集中的にケアしましょう。お湯をかけた後、冷水をかけ、さらに水分をふき取っておくと、カビの発生予防に万全となります。

防カビ洗剤などでこまめに掃除

カビの除去掃除は厄介で時間がかかり、苦労して除去してもしばらくするとまた発生するので、なんとも億劫に感じてしまうという人も多いでしょう。カビの除去掃除に辟易としてしまったら、市販の防カビ洗剤に頼ってみてはいかがでしょうか。

燻煙で風呂場全体に防カビ効果のあるコーティングを施すタイプや、壁に貼っておけば酵素のはたらきでカビの発生を抑止してくれるタイプのものなどがあります。2~6か月程度効果が持続するので、その間の風呂場のカビ掃除のへの負担もこれまでより減らせるでしょう。

風呂場の床には色々な種類の汚れがある

浴室の排水溝

風呂場の床が黒ずんでいるからといって、原因が1つとは限りません。むしろ複数の原因によって目に付く黒ずみ汚れとなっていると考えた方がよいでしょう。

ここまで、皮脂や垢が原因で発生する黒ずみと黒カビが原因で発生する黒ずみについて、掃除の方法と対策を紹介してきましたが、ここでは赤カビと水垢について紹介します。

赤カビ

赤カビは酵母菌の一種です。水回りに発生しやすいカビでピンク色や茶色でヌルヌルとしています。風呂場の黒ずみも、少し赤茶けている場合は赤カビが含まれていると考えられます。

赤カビは菌が根を張るタイプのカビではないので、掃除は比較的簡単です。

赤カビが見えている場所を洗い流せばきれいになります。簡単に落とせるものの、根絶とまではいかず、すぐに水回りに再発します。根絶させるのなら、防カビ剤を使ってみましょう。

水垢

水垢は風呂に限らず水を扱う場所ならどこでも発生する汚れです。水が汚いから垢が溜まるというわけではなく、水に含まれるミネラル分が固まってしまうのが水垢です。

水の蒸発によってミネラル分だけが残り、積り、水垢となります。人体に有害ではないといわれていますが、何より見た目に美しくありません。

ミネラル分が原因なので、落とすのが難しいということも特徴として挙げられます。

黒ずみ対策をしてお風呂場を清潔に保とう

Grey bathroom in attic

風呂場で黒ずみを発見してしまうと、それだけで少し憂鬱な気分になってしまうのではないでしょうか。

風呂場の床に広がる黒ずみは、掃除が大変なのにすぐ発生してしまいます。黒ずみを見つけてしまったら、徹底的に除去掃除をして、再発生を防ぐ対策もしておきましょう。

ピカピカになった風呂場はすがすがしく、防カビ対策・除菌ができていれば、衛生面でも安心してゆっくりとお風呂に浸かれます。

Renovation of an old building bathroom in a panoramic view - 3d visualization

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる