『カレーは2日目からが美味しい』は嘘!カレーを常温で保存するのは絶対NG

カレーは常温保存してはいけない

「カレーは2日目からが美味しい」という言葉をよく聞きますが、この定説が覆されつつあることをご存知でしょうか。実は常温保存はNGという新説が謳われているのです。では、冷蔵保存ではどのくらい保存することができるのでしょうか。今回はカレーの保存にまつわる疑問にお答えします!

「カレーは2日目からが美味しい」は嘘!

カレーライス

昔から、「カレーは2日目が美味しいのよ」と言われてきましたが、近年、この言い伝えに、終止符が打たれようとしていることをご存知でしょうか。実は、これは非常に危険な保存方法だと警鐘を鳴らされているのです。

カレーを常温で放置するのはNG

近年の研究によると、カレーは常温で寝かせてしまうと、たったの1日で『ウェルシュ菌』と呼ばれる細菌が繁殖してしまうのです。よく作ったカレーをそのまま鍋に入れ、一晩おき、翌日の昼や夜にも食べるということがありましたが、このカレーは細菌が繁殖したカレーだったということです。

さらにこのウェルシュ菌は、とても強い細菌です。研究結果によると、100℃以上の温度で数時間加熱しても死滅しなかったのです。つまり、一晩寝かせて再度加熱しても、細菌を死滅させることは不可能であるということです。

これらを踏まえて考えた結果、最新のカレー常識では、常温で半日~1日以上放置することはNGと指摘されています。常温であれば、カレーは作ったその日のうちに食べきるようにしましょう。

カレーの保存方法は『冷蔵保存』…何日もつの?

どのくらい持つの?

しかし、彼は一度に大量に作った方が効率的。大量に作ってしまった場合、大家族でもない限り、残ってしまいますよね。それをそのまま捨ててしまうのは勿体ない…。

そんな方に耳寄り情報です!最新の情報によると、カレーは『冷蔵保存』が基本とされています。正しい方法で冷蔵庫に保存することで、常温保存よりも少し長持ちするため、翌日でも食べることができるのです。カレーは冷蔵保存でどのくらいもつのでしょうか。

カレーの冷蔵保存は2~3日

2~3日程度

カレーを冷蔵保存した場合、2~3日もたせることが可能です。そのため、2日目もカレーを食べたいという方は、冷蔵庫に保存する方法をおすすめします。

しかし、気を付けたいのは3日後です。カレーは、たとえ冷蔵保存したとしても、3日後にはウェルシュ菌が繁殖し始めます。そのため、できるだけ作ってから2日以内に食べきるようにしてください。

素早く冷やして小分けで保存して

小分けにしよう

では、カレーを冷蔵保存する場合、お鍋のまま冷蔵庫に入れてしまっていいのでしょうか。お鍋のまま冷蔵保存してしまうと、冷蔵庫の中に強烈なカレー臭が残ってしまう上、ウェルシュ菌が早めに繁殖してしまう恐れがあります。

ウェルシュ菌が2~3日繁殖しないようにするには、タッパーに小分けして冷蔵保存する方法がおすすめです。しかし、タッパーに冷蔵保存する場合も注意点があります。それは、冷ましてからタッパーに入れ替えることです。

しかし、カレーが自然に冷めるのを待っていると、その間にウェルシュ菌が増殖してしまう恐れも考えられます。そのため、作ったカレーが入っている鍋を、保冷剤を入れて水を張ったフライパンの上に乗せ、カレーをかき混ぜながら冷ましてください。こうすることで、より素早く冷ますことが可能です。

アレンジレシピにも役立つ『冷凍保存』で日持ち度UP!

カレーの日持ちを長引かせるには

カレーは冷蔵保存をし、2~3日もたせる方法が基本です。しかし、「もっと長持ちさせたい」という方は、ぜひ冷凍保存を検討してみてはいかがでしょうか。正しい方法で冷凍保存することで、カレーライスとしてはもちろん、アレンジレシピにも重宝しますよ。

冷凍保存すると保存期間は1ヶ月

冷凍保存では1か月

まず、カレーを冷凍保存した場合の保存期間ですが、なんと1ヶ月も長持ちします。カレーを1週間以上長持ちさせるという考えは、今まであまりなかったので、驚きと共に「有効活用ができる!」と喜ぶ主婦の方も多いでしょう。

1回分をジップ式のフリーザーパックに入れて冷凍

そしてカレーを1ヶ月長持ちさせるために、冷凍保存をする方法ですが、1回分(1食分)ずつジップロック式のフリーザーパックに入れて、冷凍保存する方法が適しています。後ほど解説しますが、タッパーでは解凍時に旨味を残して解凍することが難しくなるため、ジップ式のフリーザーパックがおすすめです。

冷凍保存の場合も、なるべく素早くカレーを冷ました上で、フリーザーパックに入れてください。この時に一手間加えるなら、じゃがいもだけ取り出し、別のフリーザーパックに入れて冷凍保存しましょう。じゃがいもをカレーと一緒に冷凍保存してしまうと、解凍した際にボロボロになってしまうからです。

解凍する際は湯煎がベスト

カレーを冷凍保存した場合、解凍方法は電子レンジではなく、湯煎で解凍する方法が最も適しています。旨味を必要以上に落とすことなく、自然なカレーを再現することができます。

しかし、いきなり凍ったままのカレーを湯煎するのではなく、一定時間冷蔵庫である程度解凍した後、湯煎や鍋で解凍するようにしてください。

カレーを保存するなら冷蔵保存しよう

冷蔵保存を絶対にして

いかがでしたでしょうか。今まで言われていた「2日目カレー」の噂は覆されてしまいましたが、冷蔵保存することで、今まで通り、2日目もカレーを美味しく楽しむことができます。ぜひ今後は冷蔵保存、あるいは冷凍保存して、2日目以降も安全にカレーをいただきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
カレーは常温保存してはいけない

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる