女子力が低すぎる人がよくする行動5選!あなたはこんな行動で自分の価値を下げていませんか?

下品な言葉遣い

せっかく美人なのに、なぜか残念…。そう思ってしまうような女性が周りにいませんか。そういった人は、『女子力』が低すぎるのかもしれません。今回は、女子力が低すぎる人がよくする行動をご紹介します。あなたはこんな行動、していませんか?

女性の魅力は外見だけで決まらない!

外見ではなく内面が重要

街中で美しい人が通り過ぎるのを見かけると、同性であっても思わず見惚れてしまいますよね。「あんな女性になれたらいいな」と思う人も多いでしょう。

しかし、一方で、同じ職場は友人など、親しい間柄に美人さんがいた場合、「この子、美人なのにもったいないなぁ」と思うことはありませんか。見た目はとても美しいのに、どこかもったいないと感じてしまう女性。あるいは、美人なのになぜかモテない女性…。

大人になると、モテる判断基準は外見だけではなくなってきます。そのため、いくら美人であっても、その他にネガティブ要素を強く持っていると、「残念な女性」と認識されてしまうのです。

身だしなみだけでなく行動にも気を遣うべし!

大人女性として、外見の美しさだけを意識してはいけません。一社会人としての常識や、身だしなみはもちろん、女性としての行動にも気を遣うべきです。大人の女性として見られているため、適さない言動をした場合に、マイナスイメージが強くなってしまいます。

すると、「女子力が低すぎる」「友達としてはいいけれど、女性としてはちょっと…」と、非モテの道を歩むことになりかねません。大人女性は、間違った言動で自分の価値を下げてしまう恐れがあることを意識しましょう。

女子力が低すぎる人がよくする行動5選

女子力が低い人

では、女子力が低すぎると周囲から残念がられてしまう大人女性は、どのような行動で自分の勝ちを落としてしまっているのでしょうか。ここでは女子力が低すぎる人がよくする5つの行動を挙げていくので、自身に当てはまっていないかチェックしましょう。

1.発する言葉遣いが下品

下品な言葉遣い

大人女性として、最も気を付けなければいけない行動の1つに、『言葉遣い』が入ります。これは、女性だけでなく男性も同様ですが、特に女性は品位のない言葉遣いを1度使うだけで、「品がない残念な女性」として認識されがちです。

例えば、学生の頃であれば問題視されなかった「まじ~なんだけど」「やばい」などの言葉は、大人女性が使ってしまうと、「子どもっぽい」「品がない」とマイナスイメージが強く付いてしまいます。

まだ学生気分が抜けていない人は要注意です。学生の頃に問題なく使用していた言葉が、社会に出た途端、NG認定されることが多いです。今一度、普段自分が良く使う言葉遣いを見直してみましょう。

2.品のない仕草

仕草や佇まいも、大人女性の価値を左右する重要な要素です。仕草や佇まいが綺麗であれば、それだけで美人オーラが漂い、素敵な女性として認定されることも多いです。

反対に、座る際に足を開いたり、ドアを開ける際に足を使ってしまったりと、品のない仕草や佇まいを繰り返してしまうと、周囲からは「下品な女性」として印象づけられてしまいます。

常に気を張っていると疲れてしまいますが、せめて人がたくさんいるところ(職場や電車内など)では、大人の女性として恥ずかしくない仕草や佇まいを意識するよう心掛けましょう。

3.必要以上に大きな声を出す

大きすぎる声はNG

友人や職場の人と話す際、必要以上に大きな声で話していませんか。相手に聞こえるよう、声を張って話す行動は、相手に配慮する上でも必要です。しかし、声のボリュームが必要以上に大きくなってしまうと、「うるさい」「騒がしい」と感じられてしまいます。

うるさい女性や騒がしい女性は、子どもっぽいイメージもつきまといます。また、やはりこちらでも「品がない」と思われてしまうため、周囲の状況や空気を読み、適切な大きさの声で話すよう心掛けるべきです。

4.お酒を記憶が無くなるまで飲んでしまう

お酒の飲みすぎは厳禁

大人になると、お酒を飲む機会が増えますよね。学生の頃であれば、記憶が無くなるまでお酒を飲んでしまった場合でも、笑って許されたことでしょう。しかし、大人になってまで、お酒を記憶が無くなるまで飲んでしまうと、「残念な女性」と思われてしまうことがあります。

お酒を記憶が無くなるまで飲むということは、お酒を飲む量やペースを自分でコントロールできていないことを示しています。つまり、自己管理ができない大人と思われてしまうのです。社会人としては致命的ですよね。

また、記憶が無くなるまでお酒を飲んだ後、失態を犯してしまうことはよくある話です。下品な言葉遣いを発したり、他人に迷惑をかけたり、さまざまな失態が想像できますが、こうした失態を見て、「女子力が低すぎる」と感じる人も多いです。

5.素直に感情表現をしない

表情が乏しかったり、感情表現をあまりしなかったりと、愛嬌があまりない人も「女子力が低い」と思われてしまうことがあります。

女性側にも理想の男性像があるように、男性をはじめ、多くの女性にも、理想の女性像や「女性ならこうあるべき」といった先入観が存在します。そのうちの大きな要素として、現在も『愛嬌』が含まれているのは事実です。

やはり、嬉しい時は笑い、素直に「ありがとう」や「ごめんなさい」、「嬉しい」「悲しい」といった礼儀や感情を相手に伝える行動は、周囲から見て「愛嬌がある」「接しやすい」と感じる要因の1つです。

このような女性は、周囲から魅力的に見えますし、何より一緒にいて安らげる存在でもあります。そのため、女子力だけではなく、人間的にも多くの人を惹き付けやすいのです。

外見は清潔感を、内面は素直さや品性を意識して

どうすればいい?

学生時代では許されていたことも、社会に出て大人として行動する上で、「品がない」「子どもっぽい」とマイナスイメージになることがあります。そのため、学生気分はきっぱり捨て、外見も内面も、大人の女性として行動することが大切です。

外見であれば、上品な雰囲気を表現するため、清潔感を意識することが最も重要です。身だしなみを整え、厚すぎる化粧をやめ、清潔感を意識した外見を作ることで、女性としての魅力を高めることができます。厚化粧に見えず、清潔感のあるメイク方法を研究することも重要ですね。

内面に関しては、NG行動を見てもわかるとおり、品性が最も重要視されます。大人の女性として、適した言動ができるか否かが重要視されるため、普段から品のある言動を意識する必要があります。

また、女性として素直な要素も持ち合わせると、「女子力が高い」と周囲に印象づけることができますよ。

行動から女子力を磨いて自分の価値を高めよう!

改善して女子力を高めよう

いかがでしたでしょうか。品のない言動は、その女性の価値を下げ、「女子力が低すぎる」とネガティブなイメージを持たれる原因となります。普段から言動に気を配り、大人女性としての魅力を高める努力を怠らないようにしましょう。

下品な言葉遣い

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる