『お金が貯まらない人』の共通点4つ!節約してるのに貯金できないのはなぜ?

給料が入ったらすぐに貯金に回そう

特別な贅沢をしているわけでもない、節約もしている、なのにお金が貯まらないのはどうしてでしょう?実は、お金が貯まらない人にはいくつか共通点があるようです。貯蓄をしたいのになかなか貯められない、という人は、お金が貯まらない人の共通点と言われている4つをご紹介しますのでチェックしてみて下さい!

『お金が貯まらない人』の共通点4つ

1.お金の流れを把握していない

お金の流れを把握していない

「収入・支出・貯蓄」という3つのお金の流れがあります。収入があって、そこからいくら使っているのかが支出になり、そして余ったお金は貯蓄ができるお金です。

お金が貯まらない人は、自分が毎月、「何にいくら使っているのか」「貯金をするためにはいくらまで使えるか」「光熱費や通信費はいくらだったのか」などお金の流れを把握していないことが多いようです。

気が付くと毎月貯蓄にまわせるお金が無くなっていて、支出の内訳も気にしていない人が多いのかもしれません。そのため使っていないクレジットカードの年会費や解約しても良いサービスの月額料金など無駄な出費も見過ごしがちのようです。

2.「ついで買い」や「まとめ買い」をする癖がある

レジでお金を払う女性

あとで後悔することも多いようですが、お金が貯まらない人はついで買いをする癖があるようです。

特に欲しいものが無いのに「コンビニに立ち寄る習慣がある」「レジの横にある商品をついでに買ってしまう」「友達の付き合いで行った買い物で自分も欲しくなって衝動買いをする」などです。

また、限定商品やセール品に弱く「必要なものより欲しいものを優先」で買い物をしてしまうところもあるようです。節約のために「送料を無料にするために余分に購入」「お得なまとめ買いで購入」なども、お金が貯められない人の特徴のようです。

3.「今」が大事と考える

大金を手に持つ女性

よく言えば「今」を大切にできる人ですが、将来より今に重点を置くタイプもお金が貯められない人の特徴でしょう。多少無理をしてでも、今を楽しむためにお金を使いたいという考えです。

また、「明日から頑張る!」と明日になれば、貯蓄のために何かを我慢したり節約を頑張る、と考える人もいるようですが、明日からではなく「今」から頑張ろうしないとなかなか貯蓄はできないようです。

4.プチ贅沢が好き

ちょっとした贅沢が頻発している

高級品まではいかないけれど、プチ贅沢ができる品物やアップグレードが好きな傾向があります。例えば、「頻繁に買うものでないからいいものを買う」「高級サロンや美容院に通っている」「移動の際はグリーン車にする」などです。

また、「明治屋や紀伊国屋などの高級スーパーが好き」「食パンは1000円前後の高級食パンしか買わない」「コーヒー豆や茶葉にはこだわる」など日々の食にもプチ贅沢思考が強い傾向があるようです。

ちょっとした贅沢、という理由でも、収入と支出のバランスが合っていないとお金がなかなか貯まらないようです。

お金を貯めるコツ

貯蓄する額や目標を明確にしておく

豚の貯金箱

余ったら貯蓄ではなく、1年間でいくら貯める、など具体的な金額設定をしましょう。貯蓄目標の設定をいくらにするかピンとこない人は、収入の10~15%の貯蓄から始めてみるのがおすすめです。

お金の流れを把握しておく

お金の流れを把握しているのは大事

いくらのお金が入ってきて、いくらのお金が出ていく、など月単位でも年単位でもいいのでお金の流れをできるだけ細かく把握しておきましょう。

「固定費」「流動費」「臨時費」と少なくとも3つの項目を設定しておきます。固定費には住宅ローンや家賃、光熱費、保険料などです。食費や交際費は流動費に入れ、税金や冠婚葬祭は臨時費に入れると良いでしょう。

『先取り貯金』がおすすめ

給料が入ったらすぐに貯金に回そう

先取り貯金とは、余った分を貯蓄に回すのではなく、お給料が入った時点で貯蓄する分を先に貯蓄する方法です。貯蓄用の口座を作っておけば、お給料日にその口座に移し、残ったお金がやり繰りをします。

使う前に別の口座に移すことで、無いものとして扱えます。貯蓄したいけれど苦手な人には効果的なやり方です。

さいごに

家計簿をつける女性

貯蓄をするためには、細かな家計簿も必要だと思いがちですが、実は貯蓄ができている人の家計簿は必要なことだけのザックリ書きが多いそうです。メモ程度の家計簿でもお金の流れが把握でき、負担にならないため続けられるのでしょう。

逆に細かな家計簿を付けている人のほうが長続きせず、お金もなかなか貯められないことが多いそうです。

給料が入ったらすぐに貯金に回そう

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる