お風呂場の掃除でやりがちなNG行為6選!使ってる掃除グッズが間違ってることも…!

水垢、石鹸かす、カビ、ヌメリなどお風呂の掃除は汚れがたまるととても大変です。また、汚れにあった落とし方や洗剤を使わないと、かえって汚れを落としにくくしたり、素材を傷めてしまうこともあります。掃除をしてもすぐに汚れてしまう場合、もしかしたら掃除の仕方が間違っているのかもしれませんので気を付けましょう。

1.換気をしないで掃除をするのはNG

風呂

湿気は浴室の大敵であるカビを発生させる要因となるため、お風呂場の掃除が終わっても換気扇は24時間つけっぱなしにするのが良いと言われています。また、お風呂場のカビを取るのに塩素系のカビ取り剤などを使うこともありますので、体のことを考えても掃除中の換気は必須です。

換気に気を付けるのと同時に掃除の後は、水滴が付いたままにしておくのもNGです。水滴が付いたままだと、ぬめり・水垢・カビの原因につながります。スクイージーで水滴を取り除くのが望ましいですが、時間が無いときは鏡や蛇口周りの水滴はきれいに拭いておきましょう。

2.カビのこすり洗いや入浴中のカビ掃除はNG

風呂のカビ

カビの部分をゴシゴシとこすり洗いすると、表面に傷がつきカビがより深いところまで入り込むのでNGです。こすって水で流すだけの掃除は、実はカビを増やすことにもなりかねません。こすることでカビ胞子が飛び、水で流すことで水分を与えてしまうことになるからです。

お風呂場のカビには、こすらず「カビ取り剤」を塗布してカビを退治することが大切です。入浴ついでに、洗剤を付けずこすって水で流す、という作業もカビ胞子を飛ばすことになるのでNGです。

3.天井の汚れをシャワーで流すのはNG

風呂の天井を洗う

天井の掃除をする時、いきなりシャワーをかけて流すのはNGです。汚れにもよりますが、カビなどが付いている場合はシャワーで流すだけでは、カビやカビの栄養となる汚れは残ったままです。さらに、汚れを含んだ水滴がポタポタと垂れてきます。

洗剤を直接スプレーするのも洗剤が跳ね返って目に入ったりふりかかってくるので危険です。天井の汚れを落とすには、柄の長いモップやワイパーに洗剤を含ませ天井全体にいきわたるよう広げます。時間を置いてから体に水がふりかからないよう注意しながら流してください。

4.酸性洗剤を大理石やタイルに使用するのはNG

浴槽を掃除する女性

クエン酸など酸性の洗浄剤は大理石などに使用すると、表面が酸によって溶かされてしまいツヤがなくなってしまうのでNGです。タイルの目地なども傷める可能性があります。

また、アルカリ性洗剤もバスタブのコーティングを剥がす可能性があるため、バスタブや床の素材や使用できない洗剤の種類を確認してから使うようにしましょう。

5.排水口に熱湯はNG

風呂の排水溝

排水口のヌメリ取りで消毒もかねて熱湯をかけることがあるかもしれませんが、排水口に熱湯をかけるのはNGです。理由は、排水口のパイプの耐熱温度は約60度なっています。この温度を過ぎるとパイプが変形したり破損する恐れがあるそうです。

排水口の掃除には、重曹100gを振りかけ、上からクエン酸50gとコップ1敗程度のぬるま湯を上から流し込みます。発泡するので、そのまま5分くらい放置してお湯で流せばキレイになります。

6.シャンプーなどのボトル類を直置きするのはNG

シャンプー

せっかくキレイにしたところに、シャンプーなどのボトル類を直置きするのはNGです。ボトル類を直置きしたところは水分が溜まり、ヌメリやカビの温床になります。ボトルのヌメリは雑菌が繁殖している証拠です。お風呂場の掃除の時には、ボトル類などの小物もキレイにしましょう。

ボトルの底のヌメリを取る方法は、まず水100mlに対し小さじ1杯程度の重曹を混ぜ合わせた重曹水を作ります。ボトルの底にティッシュを貼り、そこへ重曹水スプレーを吹きかけ10分程度置いておくと汚れが浮き出てきます。

スポンジでこすってシャワーで流すとキレイになります。キレイになった小物類のヌメリを予防するには空中収納がおすすめです。浮かせて使えるボトルホルダーを活用したり、ボトルの口にハンギングフックを取りつけフィルムリングフックを使う方法などで工夫しましょう。

さいごに

お風呂場の掃除は汚れをためてから一気にキレイにしようとすると、思った以上に大変で苦手意識が強くなってしまうそうです。汚れを予防するには、換気扇は24時間つけっぱなしにして、水滴を放置しないことです。

また、入浴ついでにひどくなる前の汚れを落とすため、掃除グッズをタオル掛けなどにかけておくのもおすすめです。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる