エアコンの電気代が高くなってしまうNG行為5選!ついついやってしまう良くない習慣とは?

夏や冬になると、必要不可欠になる家電がエアコンですよね。しかし、エアコンを点けるようになった途端、電気代が上がってしまうのは、家計を預かる身としてはできるだけ避けたいもの。今回はエアコンの電気代が高くなってしまうNG行為と、節約する方法をご紹介します。

家電の中で最も電気代が高い『エアコン』

エアコンは電気代が一番高い

それぞれのご家庭に、さまざまな家電が置かれていると思いますが、その中でもエアコンは、断トツで電気代の消費が激しい家電です。年間で見ると、約16000円から最大で約52000円もの電気代がかかっているのです。

特に、暑い夏場や寒い冬場は、部屋の室温を快適に保つ為、エアコンは必要不可欠ですよね。そのため、他の春秋に比べて一気に電気代が上がる傾向があります。

使い方によっては電気代を節約することも可能

しかし、最も高い電気代がかかる家電だからこそ、エアコンの電気代を節約することで、年間の電気代を大幅に節約することも可能です。

反対に、エアコンの使い方によっては、年間の電気代を驚くほど上げてしまう恐れもあるので、エアコンの電気代を節約する方法を少しでも意識することが、電気代を節約できるか浪費するかの分かれ道となります。

エアコンの電気代が高くなってしまうNG行為5選

エアコンの電気代が高くなる行為

使い方次第で、電気代の節約も浪費もしてしまう『エアコン』。ここでは電気代が高くなってしまうエアコンのNG行為をご紹介していきます。下記に当てはまる行為を行ってる場合、その行動を見直すきっかけとしてください。

1.コンセントを差し込んだままにする

エアコンのコンセントは外す

多くのご家庭でやりがちなNG行為が、エアコンのコンセントを差し込んだままにする行為です。

エアコンは部屋の高い位置に取り付けなければいけないため、必然的にエアコンのコンセント部分も高い位置になってしまいます。そのため、いちいち抜くのが面倒くさいと感じている人も多いでしょう。

しかし、エアコンのコンセントを差し込んだままにすると、エアコンをONにしていない状態でも待機電力が発生してしまいます。1日中エアコンを使っていなくても、コンセントを差しっぱなしにしているだけで、月に50円かかってしまうほど。

単純にこの待機電力の電気代は1台分なので、コンセントを通年通して差しっぱなしにしている場合、一家に何台あるかによって、その台数分の待機電力がかかってしまうのです。

2.エアコンを点けたり消したりする

つけたり消したりは電気代がかかる

「エアコンの電気代を少しでも安くするために…」と、朝エアコンを点けたにもかかわらず、部屋の室温が適切になると消している人はいませんか。少しでもエアコンの稼働時間を減らすことで、電気代を安くすることができるのではという考えは理解できなくもありません。

しかし、実はこの行為は、かえって電気代を高くしてしまうため逆効果です。エアコンを稼働させている際、最も電気代が発生するのは、スイッチを入れてから設定温度までもっていく過程です。

つまり、設定温度に達したからといってスイッチを切ってしまうと、再度点ける時に、また設定温度へ室温をもっていかなければならないため、高い電気代が発生してしまうことになります。

特に、1日を通して使うリビングに関しては、広い部屋用のエアコンが使われている上、人が朝晩必ずいるため、1日中点けっぱなしにしておくことを推奨します。

3.温度設定を高くし過ぎ/低くし過ぎ

適切な設定温度にしよう

夏には部屋をできるだけ冷やすために温度設定を低くし、冬場は部屋を暖めるために温度設定を高くしている場合、それだけで電気代が一気に高くなってしまう原因となります。

ここでも、先ほどの『スイッチを入れてから設定温度まで室温を持っていく過程が最も電気代が高い』という話に繋がってきます。

温度設定を高くし過ぎている、あるいは低くし過ぎていれば、それだけ元の室温から設定温度まで上げ下げするまで時間がかかります。その間、高い電気代が発生している状態になるため、設定温度を元の室温と比較し、差があればあるほど電気代が高くなってしまうのです。

4.点け始めから『弱運転』で稼働している

弱で使うのはダメ?

エアコンを点けた際、始めから『弱運転』で稼働させているという人はいませんか。通常運転よりも弱めの風力にすることで、電気代を抑えられそうという考えは、多くの人がしがちです。

しかし、設定温度まで室温を持って行く時間が最も電気代が高いのです。『弱運転』で稼働させてしまうと、風力が弱い分、設定温度へ室温を持って行くまでに時間がかかります。そのため、電気代を節約するには逆効果です。

5.フィルターの掃除を定期的にしていない

エアコンのフィルター掃除はとても重要

皆さんはエアコンのフィルター掃除を定期的に行っていますか。掃除頻度は2週間に1回、最低でも1ヶ月に1回は行うことを推奨されています。実はこのフィルター掃除も電気代に関係しています。

フィルターを掃除しなければ、多くの埃や汚れがフィルターに溜まってしまいます。すると、エアコンの効率も悪くなり、より強い力で風を室内に送り込まなければいけないため、余計な電気代がかかることになります。

フィルターの掃除は面倒くさいと見て見ぬ振りをしがちな部分ではありますが、夏場や冬場の電気代を節約したいのであれば、適切な頻度、フィルターの掃除を行うようにしましょう。

エアコンの電気代を節約する方法

どうすれば電気代を節約できる?

意外としがちなエアコンのNG行為は多くありました。エアコンの電気代を節約する場合、エアコンを点けてから設定温度まで上げ下げする時間がポイントとなります。最後に、エアコンの電気代を節約する方法をご紹介します。

自動運転で点けっぱなしにする

自動運転が効率よし

エアコンは基本的に『自動運転』モードで点けっぱなしにする方法が正解です。特に、1日を通して多くの人が集まり、使うリビングは、自動運転モードで点けっぱなしにすることで、再度高い電気代を発生することを抑えることができます。

『自動運転』モードとは、設定温度まで急速に室温を持って行き、その後は室温に応じて『弱運転』で稼働したり、場合によっては一旦休止したりと、最適な省エネモードで稼働してくれます。

しかし、部屋によっては「朝だけエアコンを使い、夜は使わない」など、1日を通して複数回エアコンを使う機会がない部屋もありますよね(例えば子ども部屋など)。その場合は、使い終わったら電源を落とし、コンセントから抜くようにしましょう。

古いエアコンは新しいエアコンに買い替える

古いエアコンは電機代がかかる

皆さんが使っているエアコンは、いつ購入した物でしょうか。年々、エアコンの省エネ化が進んでいるため、新しいエアコンであればあるほど、電気代を節約することができるつくりになっている物が多いです。

反対に、10年前など古いエアコンの場合、機能性も低いだけでなく、すでに稼働力が悪くなっている恐れがあり、効率が悪くなっている恐れがあります。すると、余分な電気代を支払っている可能性も出てくるのです。

「エアコン古いし、買い替えようかな」と考えている方は、ぜひ最新式の省エネエアコンを選ぶようにしましょう。すでに15年が経過している場合は、稼働力が落ちていることが多いので、買い替えを考えていなくても、一度検討することをおすすめします。

扇風機やサーキュレーターを同時併用

扇風機などで効率化を

エアコンの設定温度へ室温を持って行く時間を極力短縮するためには、エアコンと共に扇風機やサーキュレーターを活用する方法が効率的です。扇風機やサーキュレーターは、電気代が安いものが多いため、同時併用しても電気代を大幅に高くすることはありません。

エアコンから送り出された風を部屋全体に行き渡らせたり、エアコンに「設定温度に到達しましたよ」となるべく早く認識させたりするために、扇風機やサーキュレーターはエアコンの風下に置き、扇風機やサーキュレーターの風向きは、エアコン方向へ向くようにしましょう。

効率よくエアコンを活用して快適に電気代を節約するべし!

ダメ行為をやめて節約を!

いかがでしたでしょうか。年間の電気代を左右するのは、家電の中でも『エアコン』です。エアコンの正しい節約方法を理解し、実践することで、年間の電気代を大きく節約することができますよ。ぜひ今回ご紹介したNG行為と節約方法を踏まえ、節約に適した使い方を実践してくださいね。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる