布団の正しい干し方!ダニや雑菌を繁殖させないポイントとは

布団干し

毎日使用している布団の正しい干し方を知っていますか?ダニや雑菌が繁殖しないように布団を清潔に保つには、正しい干し方で乾燥させる必要があります。睡眠中にコップ一杯分の汗をかくのですから、その量を布団が毎日吸い取っていると考えると、乾燥させることはとても大事なことなのです。快適な睡眠を維持できるように、布団を干す時間と頻度、素材別の上手な干し方のコツなどをご紹介します。

布団の正しい干し方

ベランダに干した寝具

天日干し

布団干すのに適した時間帯

布団を干す時間帯は、天気のよい日の10時から15時の間が最も適しています。

だいたい14時を過ぎたあたりから空気の湿度が高くなってきますので、布団を干すなら日の光が強い、10時~15時の時間帯にしましょう。

それ以降も干し続けていると、せっかく干して乾燥させた布団が湿気を吸い込んでしまいますので、そうなる前に取り込むようにしてください。

干す時間と頻度

布団を干す頻度は、1週間に1回くらいのが理想です。

時間は朝から夜まで干す必要はなく、基本的には片面各1〜2時間で十分です。ただし、敷布団は寝汗で湿気がこもりやすいので、掛け布団よりも頻繁に干す必要があります。

また、季節によって、湿度や汗のかき方もちがうので、夏は1週間に1回、冬は2〜3週間に1回を目安にしながら、その時の状態に合わせて無理のない範囲で取り組んでみてください。

また、湿気が溜まりにくい羽毛布団や、湿気を吸うと臭いが出る羊毛布団など、布団の素材によって干し方が若干変わってきます。

カバーやシーツは外さない

空気中を漂っている花粉や排気ガスが付着したり、直射日光で布団が日焼けを起こしてしまうのを防ぐためにも、干す時は布団のカバーやシーツはつけたまま干しましょう。

それだけでなく、布団を干すのに適した良く晴れた日には、空を飛び回っている鳥に空中からフンを落とされる可能性があります。

これらの有害物質が布団についてしまったとしても、シーツやカバーを取り外して洗うことで解決できます。

両面を干す

身体が当たる面だけではなく、1時間ごとに裏返し、しっかりと両面を乾燥させてください。特に汗などで湿気を溜め込みやすい敷布団は、敷きっぱなしの状態ではとカビの原因になってしまいます。

綿の布団の場合は、裏表各1時間、直射日光に当てることによりある程度殺菌できますが、羽毛布団はデリケートなので中の素材がダメージを受けないように陰干しにします。洗濯表示などを確認してから乾かすと間違いないでしょう。

強くたたかない

布団のホコリやダニを落とすために、干しながら布団をたたいている方はいませんか?その光景はひと昔前の風物詩でしたが、現在では殆ど目にしなくなりました。

布団についた花粉やチリをたたいて落としているように見えて、実は千切れた繊維が舞い上がっているだけで、傷みの原因になり、布団の寿命が短くなってしまいます。

また、布団をたたくことで布団表面のダニの糞とダニの数が増えるという調査結果もあります。手で軽く払うか、洋服用のブラシで表面を撫でるように使って、ホコリやダニの死骸を払うようにしましょう。

取り込んだ後は掃除機をかける

掃除機を使うことで、布団のほこりやダニを取り除くことができます。効果的にたくさんのほこりやダニを除去するには、掃除機のかけ方にコツがあります。

掃除機のヘッド部分を何度も往復させるより、掃除機のヘッドをゆっくりと動かすようにして同じ場所に掃除機をあてる時間を長くします。

《 ポイント 》

  • 布団を干す時間帯は、10時~15時の間
  • 週に1回、片面各1〜2時間で十分
  • 布団のカバーやシーツはつけたままで干す
  • 1時間ごとに裏返してしっかりと両面を乾燥させる
  • 布団を強くたたかない

室内干し

明るい寝室

天日干しをする時間がなかったり、住宅環境が干せる状態でない場合などは、布団乾燥機や除湿器を使うと良いでしょう。

また、長雨が続く梅雨の時期や、冬場などの湿気が多い季節では、天日干しをするよりもむしろ乾燥機や除湿器を使うと効果が高くなります。さらに、普段から定期的に換気を行い、部屋の除湿を行うこともまた効果的です。

また、黄砂・花粉がひどい時期や、風が強くて外干しできない日、短時間でも日が差しているときは窓際に干してみましょう。

室内でも太陽の光が当たれば、天日干しの80%ほどの効果があると言われています。陽の光が入る窓際にイスを持ってきて、布団を掛けるだけという簡単な方法なので試してみてください。

天気や環境に左右されることなく、いつでも布団をカラッとさせておきたい場合は、布団乾燥機を取り入れてみてください。日光に当てるよりも短時間で湿気が飛ばせてフカフカになり、いつでも気持ちの良い布団になります。

《 ポイント 》

  • 布団乾燥機や除湿器を活用する
  • 窓際干しでも太陽の光があれば天日干しの80%ほどの効果がある

素材別!布団の干し方のポイント

布団が干されたバルコニー

綿の敷布団

敷布団は寝汗で湿りやすいので掛け布団よりも頻繁に干す必要があります。そして、中の材質により干し方が若干変わってきます。

綿素材の敷布団は、保湿性や保水性に優れているため、こまめに天日干しを行いましょう。

強い日差しに長時間あてていると、殺菌力やダニの殺虫力の効果は高まりますが、中の綿を痛めてしまう可能性があるので、夏と冬で干す時間帯を変える必要があります。

そのため、夏の時期には日差しがまだあまり強くない午前中に1~ 2時間程度干すようにします。

羽毛布団

羽毛布団は、内部に湿気が溜まりにくいため、綿の布団のように頻繁に干す必要はありません。干す時には、日差しの弱い午前中のうちに、1~2時間ほど風通しの良い日陰に干すのが良いでしょう。

また、天日干しをする時間がない時には、窓を開けて、風通しの良い窓際に置いてもよいでしょう。

羊毛布団

羊毛布団とは、名前のとおりヒツジの毛で作った布団です。

羊毛が湿度に合わせて吸湿と発散を繰り返すので、他の繊維から作られた布団と比べてじめっとすることがなく、さらさらとした肌触りが特徴です。

ただし、羊毛布団は、湿気を吸うと臭いが出てくるので、他の布団に比べて頻繁に干す必要があります。こまめに天日干しすることで、臭いだけでなくへたりの予防にもなります。夏は1時間、冬は2時間を目安にしてください。

《 ポイント 》

  • 寝汗で湿りやすい敷布団は頻繁に干す
  • 羽毛布団は午前中のうちに1~2時間ほど日陰干しにする
  • 羊毛布団は天日干しで臭いとへたりの予防ができる

布団を干す理由と効果

睡眠中の女性

布団を干す理由

では、なぜ布団を干したほうがいいのでしょうか。

布団を干す一番の目的は、布団を乾燥させて清潔さを保つためです。毎日、布団に寝るたびにコップ一杯分(およそ200ml)の汗をかいていることは、皆さんご存知でしょう。

ということは、その汗を吸収している布団は、かなり湿度が高い状態になっています。

よって、乾燥させるためには定期的に通気性をよくしたり、日光にあてて除菌したりすることで、布団を清潔な状態に保つ必要性があるのです。

布団を干す効果

正しい布団の干し方で乾燥させることにより、次のような効果があります。

  • 乾燥させることで布団の中の空気が膨らみふかふかになります。
  • 雑菌が繁殖することで発生した汗の臭いイヤな臭いを退治できます。
  • 汚れや湿気が取れることで、ダニが繁殖しにくい環境を作ります。

《 ポイント 》

  • 干す目的は布団を乾燥させて清潔さを保つこと
  • 乾燥させるとふかふかになる
  • イヤな臭いを退治できる
  • ダニの繁殖を防ぐ

布団の干し方に関するQ&A

コインランドリー

Q.布団の丸洗いはどの位の頻度でしょうか?

A.定期的に:年1回、もしくは季節の変わり目に年2回が理想的です。家庭で洗える布団だと気軽に取り組めます。

Q.布団のクリーニングを業者に依頼した場合の費用はどの位でしょうか?

A.クリーニング業者によってお値段は異なりますので、依頼できるお店に前もって確認しておきましょう。尚、おおよその相場は次の通りです。

  • クリーニング店の相場(シングルサイズ1枚あたり)
    綿・化繊:1枚¥4,300~
    羽毛掛け:1枚¥4,100~
  • 宅配クリーニングの相場(シングルサイズ1枚あたり)
    綿・化繊:1枚¥8,500程度/2枚¥5,900程度/3枚¥5,000程度
    羽毛掛け:1枚¥8,000 程度/2枚¥5,700程度/3枚¥5,000程度

《 ポイント 》

  • 布団の丸洗いは年1~2回が理想
  • 丸洗いは業者によって価格が異なるので事前に確認する

布団の干し方で気を付けること

布団干し

  • 干しすぎは布団への負担が大きいので長時間干しすぎない。
  • 敷布団は汗による湿気を多く含んでいるため裏返して両面をよく乾かす。
  • デリケートな羽毛布団は、ダメージを防ぐために陰干しにする。
  • 晴天であっても前日の深夜に雨が降った場合は、湿度が高いので天日干しを控える。
  • 繊維が千切れて傷むので、布団をパンパンと叩かない。

最後に

布団干し

いかがでしたでしょうか。布団の正しい干し方とポイントをおわかりいただけましたか?

掛け布団・敷き布団、布団の素材によっても、干す時間や頻度が変わってきますが、それほど難しく考える必要はありません。日光が強い時間帯に、短めに両面干すようにすれば問題ありません。

必要以上に行う必要はありませんが、毎日の睡眠に欠かせない布団なので、きちんとした干し方を実践して、家族が喜ぶふかふかな気持ちのよい布団にしてみましょう。

布団干し

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる