トイレのクッションフロアの貼り替え方法!失敗しない正しい手順

トイレ 床

トイレのクッションフロアを貼り替える前に

トイレ 床

トイレのクッションフロアを購入する

貼り替え用のトイレのクッションフロアを購入する時は、トイレの床のサイズを計測して少し大きめのサイズを購入しましょう。

例えばトイレが100cm×120cmの場合は縦横の長さとも+10cmから+20cmの長さで購入するようにしておきます。

トイレのクッションフロアを選ぶときは、インターネットで検索して画面上でどのような柄がにすれば良いか調べて比較をすることが多いかと思いますが、画面上では正確な色や柄を確認することは難しく失敗したなと後々感じてしまうこともあります。

通販サイトによってはサンプルとして小さいサイズのクッションフロアの販売もしてくれるので、時間的に余裕がある場合は現物のサンプルをまず購入して実際にトイレの床に置いて確認すれば安心できます。

ちょっと思っていたのと違うと感じても1度貼り替えたら、短期間で再び貼り替えることは無いと思うのでトイレのクッションフロアを選ぶ際にはサンプルを実際に置いて確認してから購入しましょう。

準備しておくもの

トイレにクッションフロアを貼るために準備する道具は以下のものです。

  • ハサミ
  • 定規
  • 両面テープ
  • 型紙用の新聞紙
    (型紙を作るためなので新聞紙以外でも問題ありません)
  • ペン
  • マスキングテープ、またはセロハンテープ
  • タオル
  • クッションフロアの継ぎ目処理剤

貼り替える前には掃除をしておく

貼り替え作業をする前には必ず掃除をしてきれいにしましょう。ゴミが落ちていたままでは貼り替え作業が出来ません。

貼り替え後に凹凸が残ってしまい後悔することになってしまいます。貼り替え作業は下処理が重要ということを理解しておきましょう。

元々トイレでクッションフロアが貼ってある場合は、巾木の奥や便器の隙間の部分にもクッションフロアが入り込んでいるの注意してきれいに取り除いてください。

《 ポイント 》

トイレのクッションフロアを選ぶときは、すぐに決めずに何点か候補になるクッションフロアのサンプルを入手して実際の色や柄を確認しトイレの床にも置いて確認してから貼るクッションフロアを決めましょう。

トレイに貼るクッションフロアの型紙を作る

新聞紙

トイレのクッションフロアを用意し、貼り替えに必要な道具を揃えてきれいに掃除をした後は、トイレに合わせてクッションフロアの型紙を作ります。

新聞紙やチラシで床全体を型取る

新聞紙やチラシでトイレの床全体の型を取ります。トイレの床に新聞紙やチラシを敷き詰めて、つなぎ目をマスキングテープまたはセロハンテープで固定しながら床一面の型紙を作ります。

便器周りのカーブになっている曲面は新聞紙やチラシを短冊状にハサミでカットしてカーブに合わせて型を取ります。丁寧にカーブに合わせてからテープでしっかり固定してください。

型紙作りは壁などの直線に合わせて作り始めて、最後にカーブ状の曲面の処理をすると作業がしやすくなります。便器の裏あたりの目立たない部分をカットして型紙を取り外しましょう。

元のクッションフロアを剥がして型紙にする方法

トイレにすでに貼られているクッションフロアをきれいに剥がして型紙にする方法もあります。

元から貼ってあるクッションフロアの上に重ねてクッションフロアを貼るのは凸凹の段差が出来てしまうので、トイレに元から貼ってあるクッションフロアを綺麗に剥がして型紙として利用しましょう。

すでにトイレに貼られているクッションフロアは、しっかり貼られているので剥がすのは大変です。また巾木の奥や便器の隙間の部分にまでクッションフロアが入り込んでいるので、丁寧に綺麗に剥がしましょう。剥がした後はきれいに掃除してゴミなどがおちていない状態にしましょう。

《 ポイント 》

壁紙を作る際は、便器の周りは特に丁寧に便器の型を取りましょう。隙間ができてしまうと作業した本人以外は気にしていなくても、ずっとそこが気になってしまいます。

トイレ用にクッションフロアをカットする

トイレ

型紙を用意できたら次は型紙に合わせてクッションフロアをカットします。カットの注意点とコツ、カットする作業の流れをご説明しますので参考にしてください。

型紙の向きに注意!

基本的に頻繁に行う作業ではないので、トイレのクッションフロアの上に型紙を置いてカットするときに裏表を逆にしてしまう間違いが特に多いので注意しましょう。

型紙やクッションフロアの向きを間違えたままカットしてしまうと、クッションフロアを再度購入しなければならなくなってしまいます。

線を引いて切っていく

トイレのクッションフロアをカットする時の作業の流れ

  1. クッションフロアの裏面を上に向けて型紙を裏返しにして重ねます。
  2. 次に型紙に合わせてペンを使い線を引いていきます。
    【コツ】
    直線の部分は定規を使い、便器周りのカーブの部分は手書きで曲線に合わせて線を引きます。
  3. 線を引き終えたらクッションフロアをカットします。
    【コツ】
    カットをするときにコツがあります。壁際になる部分は線を切り落とすようにピッタリカットして、便器の周りは1ミリ程度大きめにカットします。大きめにカットする理由は、便器の周りは便器と床の隙間に押し込んで仕上げるためです。
    便器と床に隙間が無い場合は、型通りにカットしても問題ありません。
  4. 最後に便器の裏になる部分に縦に切り込みを入れておきます。
    【コツ】
    配管がある場合も目立たない裏側になる部分に切り込みを入れておきましょう。ここで入れた切込みはクッションフロアを貼るとほとんどわからなくなるので心配いりません。

これで型取り完了です!

《 ポイント 》

クッションフロアをカットする際は、クッションフロアと型紙の向きの確認を入念に確認しましょう。向きを間違えてしまうと買いなおさなければならなくなります。

トイレにクッションフロアを貼り付けていく

トイレ

クッションフロアを型紙に合わせてカットしたらいよいよ貼り付けの作業に入ります。注意点とコツを挙げるので参考にしてください。

手順1.両面テープを貼る

まずは両面テープをトイレの床に貼り、クッションフロアの貼り付けの準備をしていきます。

  1. 最初に便器の裏の切り込みを入れた部分に両面テープを貼ります。
  2. 次に便器の周りのカーブの部分に短冊状に細かく両面テープをぐるっと両面テープを貼ります。
  3. 最後に外周となる壁と床の直線になる部分に両面テープを貼ります。
  4. 便器からトイレの扉までの距離が長い場合は、クッションフロアが浮いてしまわないように横に両面テープを追加して貼っておきます。

手順2.テープ剥がす前にクッションフロアを置く

  1. 両面テープを剥がす前に1度カットしたクッションフロアを置いて隙間が無いか確認します。
  2. 調整して壁や便器に合わせぴったりきれいに敷けたらテープを剥がして貼っていきます。

手順3.テープを剥がして貼っていく

ぴったり仮敷きできたら、一部をめくりトイレ全体の中心から両面テープを剥がして貼っていきます。

  1. まずは便器周りから便器に向かってタオルを押し当てクッションフロアを貼ります。
    【コツ】
    便器の下の部分には少し隙間があるので押し込むように貼ります。
  2. 次に壁際とつなぎ目の両面テープを剥がして、トイレの中心から壁に向かって空気を押し出すイメージでタオルを押し当てクッションフロアを貼ります。

手順4.継ぎ目の処理をする

きれいに貼り終えたら、最後に継ぎ目を整えます。

  1. 便器裏のつなぎ目にクッションフロアの継ぎ目処理剤を塗ります。
  2. 1時間乾かして完成です。

《 ポイント 》

クッションフロアを貼る際は、まず丁寧に便器の周りをきれいに貼り、次に便器周辺から壁に向かって貼るときれいに仕上がります。

トイレのクッションフロアに関するQ&A

トイレ

Q.業者に頼んだ場合にかかる時間や費用はどのくらいですか?

A.業者にトイレのクッションフロアの貼り替えを依頼した場合の費用の相場は20,000円から40,000円で、作業時間的には数時間程度です。費用に関しては依頼する業者によって異なるので、数軒の業者に問い合わせて見積もりをしてもらい、納得のできる金額と内容の業者に依頼するようにしましょう。

Q.クッションフロアの人気の柄はどのような柄ですか?

A.トイレのクッションフロアにはヘリンボーン柄、フローリング柄、タイル調の柄、石柄などさまざまな柄が用意されています。汚れが目立ちにくく飽きがこないシンプルなものを好む方が多いです。クッションフロアは色や柄が豊富に用意されているので壁紙とのバランスを考えてコーディネートしましょう。

クッションフロアを貼り替える時に便利なアイテム

上記の作業時に準備しておくものと紹介したアイテムに加え、あればさらに作業がしやすくなるという便利なアイテムを紹介します。

壁紙用両面テープ

壁紙用両面テープ

壁紙 両面テープ はがせる はがせる両面テープ 貼り直しOK! きれいに貼れてはがせる 壁紙用両面テープ 壁紙 ふすま 襖 クッションフロア等に!クッションフロア用両面テープ

壁紙用の両面テープには貼り直しができてきれいにはがせるものがあります。位置決めをしてからしっかり圧着することで強粘着に変わるので、ちょっとずれてしまったという失敗が無くなります。


アサヒペン 貼り道具セット

アサヒペン 貼り道具セット

アサヒペン 貼り道具セット 粘着 943

壁紙を貼るときに便利な道具4点がセットになっています。おさえヘラは、壁紙の広い面のシワを伸ばしながら圧着させるのに使うと便利です。

ステンレスカット定規は、不要な部分をカットするときに使用するとまっすぐきれいにカット出来ます。おさえローラーは、壁紙の繋ぎ目を目立たなくさせて密着させるときに使用します。

カベ紙用カッターナイフは、のり面があっても切りやすい設計のカッターとなっています。

最後に

トイレ

今回はトイレのクッションフロアの貼り替えの方法を詳しく紹介しました。

床面の貼り替えと考えると、大がかりですごく大変と考えてしまいますが、難しいことはありません。業者に依頼するよりも自分で好みのクッションフロアをインターネットで購入すればとても安く貼り替えができます。

トイレの床は衛生面を考慮すれば数年に1度貼り替えがおすすめです。DIYを楽しみながらプチリフォームにチャレンジしてみてはいかがですか?

トイレ 床

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる