『電気代が高い家電』ランキングワースト5!節約するコツ・裏技まで

電気代

「毎月なぜか電気代が高い…」とお困りの方、もしかすると使っている家電が原因かもしれませんよ。実は、使っている家電によって、電気代が高い家電もあることをご存知でしょうか。今回は電気代が高い家電と節約方法についてご紹介していきます。

電気代が高い…もしかすると家電が原因かも!

電気代

電気を必要以上に使っている意識はないのに、なぜか今月は電気代が高い…そんな時は、多くの主婦が戸惑ってしまいますよね。多く使っている意識がないため、電気代節約のために、どこをどうしていけば良いのかもわからず、困ってしまいます。

なぜか電気代が高い、とお困りのご家庭の場合、もしかすると使っている家電自体に原因があるかもしれません。実は、使っている家電や家電の使い方によっては、電気代が大幅に上がってしまうことがあるのです。

『電気代が高い家電』ワースト5

たくさんの家電

1ヶ月、または1年間の電気代を大きく左右する原因の1つである家電。中には、その家電自体が電力をたくさん発電しやすく、電気代が高くなっている要因になっているものもあります。では、一般的に家庭で使われる家電の中には、どのような『電気代が高い家電』があるのでしょうか。

第5位:照明器具

証明

まずは照明器具です。現在、多くの家庭で使われている電球に、LED電球と蛍光灯が挙げられます。実は、この照明器具に使われる電球の違いによっても、家庭の電気代に大きく影響してきます。

近年、電気代を節約するためにはLEDを使用した方が良いと謳われています。その通りです。実際に、LED電球と蛍光灯の1年間の電気代を比べてみると、LED電球は蛍光灯の約半額なのです。これは大きいですよね。

ある調査によると、蛍光灯を使用したシーリングライトには、年間約9000円の電気代がかかっているのに対し、LED電球を使用したシーリングライトの場合、年間約4000円以内で抑えられるといいます。

第4位:冷蔵庫

開いている冷蔵庫

必ず一家に一台はある冷蔵庫。やはりこちらの冷蔵庫も電気代の多くを占めています。冷蔵庫に関しては、多くの人が「小さければ電気代は安く、大きければ電気代がかかるのでは」と思いがちです。しかし、冷蔵庫にかかる電気代に、冷蔵庫の大きさはまったく関係ありません。

実際に、同じメーカーの同じ製品であっても、1人暮らし用の小さな冷蔵庫の年間平均電気代が8000円を超えているのに対し、5人以上向けの大きな冷蔵庫の年間平均電気代は8000円を切っています。

実は、冷蔵庫の場合、以下のポイントが電気代に関係してきます。

  • 冷蔵庫の大きさに対して、どの程度の食材や商品を入れているか
  • 冷蔵庫の扉を開け閉めする回数
  • 冷蔵庫を開けている時間
  • 冷蔵庫周りに物を置いているか否か

冷蔵庫に許容量以上の物を詰めていたり、必要以上に扉を開閉したりすることで、冷蔵庫が必要以上に発電してしまい、結果として電気代へ影響を及ぼしているのです。

第3位:食器洗い乾燥機

食器洗い

最近、多くの家庭で見かけるようになった食器洗い乾燥機ですが、実は冷蔵庫よりも電気代が高いということが判明しています。平均して、年間の電気代が約15000円という調査結果も出ています。単純計算で、1ヶ月1250円を占めているということになります。

これを見ると、「うちにも食器洗い乾燥機あるから、電気代節約は難しいのかな」とうなだれてしまいますが、そんなことはありません。後ほど、食器洗い乾燥機の電気代節約方法をご紹介します。

第2位:洗濯乾燥機

ドラム式洗濯機

毎日のように回す洗濯乾燥機も電気代が高い家電の代表です。しかし、洗濯乾燥機であっても、洗濯機の種類によって大幅に電気代が変わるため、年間平均電気代が、約6000円~21000円と家庭によって大きな差が生まれています。

では、どのような種類の洗濯乾燥機が高い電気代に繋がっているのでしょうか。ずばり、ドラム型洗濯機よりも縦型洗濯機の方が、1回の洗濯、または洗濯から乾燥までの一連の流れを行う電気代が、圧倒的に高いです。

1回の洗濯にかかる電気代は約2倍ですが、乾燥までの一連の流れを行う場合、約3倍以上の電気代が1回でかかってしまいます。そのため、一連の流れを毎日行うと、ドラム型洗濯機の年間電気代が約6000円に対し、縦型洗濯機は21000円もの電気代が年間でかかるのです。

第1位:エアコン

エアコン

そして、家庭で使われている家電の中で、最も高い電気代がかかっている家電は、やはりエアコンです。「エアコンを使い始めると一気に電気代が高くなっている」と感じている方も多いでしょう。

エアコンの電気代は、基本的に部屋の広さによって大幅に変わります。そのため、広いリビングのある一戸建てやファミリータイプのマンションに住む方々が、エアコンで高い電気代がかかっている傾向にあります。

また、「こまめにエアコンは消すのが良い」と考えれていましたが、近年の実験によって、エアコンは設定温度まで持っていく段階が、最も電気代が発生すると判明しています。

つまり、一度エアコンをつけたら、就寝時、またはその部屋を使用しない時まで、つけっぱなしにする方が節約になると言われています。

『電気代が高い家電』…節約するコツや裏技は?

財布を持つ女性

多くの家庭で使われている『電気代が高い家電』。「どうやって節約すればいいの?」とお困りの人も多いでしょう。しかし、あるコツや裏技を実践することで、電気代を極力抑えることができますよ!

その幾度使う家電は電気代の安い時間帯に使用

時計

食器洗い乾燥機や洗濯乾燥機などは、1日1回、あるいは1日2回使用するご家庭が多いでしょう。皆さんは、その幾度使う家電の時間帯を意識して使っていますか。

ご家庭で契約している電気会社にもよりますが、最近は夜間の電気代が安くなるプランを提供している電気会社が多いです。そのため、電気代の高い、その幾度使うタイプの家電は、電気代の安い時間帯に使用することで、電気代節約に繋がります。

つまり、契約している電気プランが、夜間に限り安くなる電気プランである場合は、朝や日中ではなく、夜間に使いましょう。大幅に電気代を節約できるご家庭も出てくるでしょう。

冷蔵庫の中は余裕を持たせて

からっぽな冷蔵庫

先ほど、冷蔵庫の電気代が高くなるポイントをご紹介しました。その中に、冷蔵庫の大きさに対して、どのくらいの食材や商品を入れているかがポイントになる、とお話ししました。

冷蔵庫の中に、入るだけ食品を入れてしまうと、それらすべてを冷やしておかなくちゃ、と冷蔵庫が必要以上に発電してしまい、電気代が高くなってしまいます。

この現象を回避するためには、まず冷蔵庫の中を整理することが最優先です。要らない物は処分し、なるべく冷蔵庫の中は余裕を持たせて使うようにしましょう。そうすることで、必要以上の発電を防ぐことができます。

エアコンは自動運転機能で節約可能!

自動運転のエアコン

家の中で最も高い電気代がかかっているエアコン。エアコンは、基本的に『自動運転機能』を使用してください。

エアコンの自動運転機能とは、設定温度まで一気に室温を下げたり上げたりしてくれるだけではなく、設定温度まで到達すると、その後は微弱運転や送風運転へ自動的に切り替え、節約モードに入ります。

そうすることで、必要以上に発電する必要もなく、また設定温度まで持っていく時間も比較的かからないため、節約に繋がりますよ。特にリビングなどの広い部屋では、常に自動運転を使用するようにしましょう。

家電に合った裏技で1年間の電気代を抑えよう!

エアコンを操作する女性

電気代が高いと感じたら、まずは使っている家電の特徴や電気プランを見直して見ましょう。今回ご紹介したように、上手く裏技やコツを活用することで、難しいと思われがちな電気代の節約も可能にできます。ぜひ今日から実践してみてくださいね!

電気代

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる