炊飯器の寿命は6年が目安!買い替えのサインと長く使うためのコツ

炊飯器の寿命は、炊飯器の種類、使い方、使用頻度によって寿命に差があります。最近ちょっと炊飯器の様子がおかしい…と感じた時、炊飯器が寿命のサインを出しているかもしれませんよ。修理した方がいいのか?炊飯器の寿命として新しいのに買い換えるか?迷ったときに参考にしていただきたいと思い、今回は炊飯器の寿命や寿命のサイン、寿命を延ばす方法、寿命の炊飯器の正しい捨て方などをご紹介いたします。

一般的な炊飯器の寿命

白い炊飯器

炊飯器の寿命は商品・使い方・使用回数などによって代わりますが、平均寿命は6年~10年だといわれています。毎日一回は炊く人もいれば、一回で大量に炊いて冷凍保存しておく人もいたり、使う頻度によって炊飯器の寿命は大きく変わります。また、炊飯器を内釜と外釜に分けて寿命を出すと、内釜は平均3年~5年、外釜は6年~10年だと言われています。

ご飯を毎日炊いている場合、5年目あたりから故障が出始めるようですが、6年目を過ぎるとメーカーが部品を持っていない可能性があり、修理ができないために炊飯器は寿命になる可能性があります。

メーカーは炊飯器の生産を終了してから6年間は部品を保有しなければならないという決まり「補修用性能部品の保有期間(※1)」というがありますが、逆を言えば6年たったら部品は捨ててもいいことになります。「部品が無い=修理ができない=炊飯器の寿命」という流れになる可能性もあります。故障して修理できる年数を寿命として考えると、炊飯器の寿命は6年~8年くらいですね。

※1「補修用性能部品の保有期間」とは
メーカーは、炊飯器が故障した時に修理・部品の交換ができるように、炊飯器の部品を、生産を終了してから6年間は保有する義務があります。それを「補修用性能部品の保有期間」といいます。炊飯器は保有期間が6年ですので、それを以上過ぎるとメーカーは部品を保有する義務がなくなり破棄しても問題はありません。

炊飯器の寿命が近いときの6つの症状

ごはん 盛る 茶碗

炊飯器の寿命が近くなると6つの寿命サインを出します。

1.ご飯が無な臭いがする

普通、炊き上がったご飯は食欲をそそるいい香りがしますが、急に炊き上がりで変な臭い、いつもと違う臭いがしたら内釜が壊れたかもしれません。

2.ご飯が炊けない

昨日までいつも通り炊けていたのに、スイッチを押しても動かなくなった場合は炊飯器の寿命です。

3.コース通り炊けない

炊飯器に設定した炊飯コースの通りに炊けなくなると、炊き上がったご飯が生炊きで食べれない…、などのサインがでてきたらもうすぐ炊飯器は寿命です。

4.ご飯にこげが付く

こげるということは、内部の温度調整がうまくいっていないということなので、温度センサーが壊れている可能性があります。炊飯器の温度センサーが壊れると炊飯器は寿命です。

5.ご飯を炊けず保温になる

ごげるということは、炊飯器の温度センサーが壊れている可能性があります。温度センサーの故障は炊飯器の寿命のサインです。

6.内釜が痛んでいる

内釜が酷く痛んでテフロン加工が傷つき、コーティングが剝がれていると、炊飯器は温度センサーがうまく反応できなくなりますので、お米が美味しく炊けなくなります。お釜の状態は炊飯器の寿命の目安にもなりますのでチェックしましょう。

炊飯器の寿命を延ばす方法

内釜でお米を研がない

お米を研ぐ

内釜でお米をとぐと摩擦でコーティングやメッキが剥がれる可能性があります。剥がれると温度センサーがうまく反応できずに炊飯器の寿命を縮めることになります。

長時間保温しない

電気釜 コンセント

炊飯器を保温にしていると電気を入れっぱなしになっていますので、内部の部品の劣化につながり炊飯器の寿命を縮めますので、保温機能はおすすめしません。

炊飯はまとめて炊く

ラップ ご飯 
毎日朝晩炊くのではなく、1回にまとめて炊くことで使用頻度が少なくなり炊飯器の負担も減って寿命を延ばすことができます。また、ご飯はたくさん炊いたほうが美味しく仕上がります。1食分ずつラップに包んで冷凍保存することで美味しさを保つことができますのでをおすすめします。

容量を守る

1合 米 電気釜
炊飯器の容量以上のご飯を炊く事は炊飯器に負担をかけることになり、炊飯器の寿命を早めます。また、ご飯を美味しく炊くコツは、お釜をいっぱいにして炊かないことです。ご飯の量はお釜の最大容量の5分~7分目で炊くのがご飯を美味しく炊くポイントです。お釜にぎっしりぱんぱんに炊くことを張り釜と言って美味しくなくなる炊き方だそうです。

こまめに掃除する

電機釜 蒸気
炊飯器は内側だけでなく、外側も汚れていますのでこまめに拭いてください。ご飯を炊くと噴出口から水蒸気がでますが、でんぷんが含まれていますので掃除をせず放置しているとベタベタに蓄積されて蒸気がでにくくなり故障の原因になります。炊飯器の寿命を延ばす為にも注意しましょう。

寿命の炊飯器を処分する方法

雑穀米

自治体のゴミとして出す

寿命の炊飯器を自治体のゴミとして出す場合、炊飯器の容量が小さなものは、基本的に燃えないゴミの分類で、大きい炊飯器になると粗大ゴミとして回収する自治体がほとんどです。その条件は自治体によって異なります。

条件例:
・炊飯器の一辺が30cm未満の小型のものは燃えないゴミ。30cm以上は粗大ゴミ。
・炊飯器が1升未満のものは燃えないゴミ。1升を超えるものは粗大ゴミ。
・「小型家電リサイクル法」で、炊飯器は普通のゴミの日に出す事はできない。
・電池が内臓されて取り外しができないものは粗大ゴミ

また、粗大ゴミの場合、おおよそ200円~500円ほどコストがかかります。自治体によってゴミの捨て方やコストは異なりますので、お住まいの自治体にご確認ください。

確認方法

  • 市区町村のホームページを見る
  • 粗大ゴミセンターに電話して炊飯器のゴミの出し方を聞く

小型家電リサイクルに出す

寿命の炊飯器は「小型家電リサイクル法」で、リサイクルする製品として決められています。小型家電リサイクルの回収を実施している自治体では、リサイクルBOXを設置していますのでそちらに出してください。ただし、炊飯器の容量・大きさによってリサイクルBOXに出せないものもありますので、お住まいの自治体にご確認ください。

家電量販店に引取り

家電量販店で新しい炊飯器を買うとき、寿命の炊飯器を引き取ってくれる家電量販店がありますので、購入する前に確認または交渉しましょう。また、購入しなくても有料でリサイクル回収する家電量販店もあります。回収料金はお店によって異なりますのでお近くのお店に確認してみましょう。

不用品回収業者に依頼する

寿命の炊飯器を引取ってくれる業者があります。無料で引取ってくれる業者と手数料や送料がかかる業者がありますので、依頼する前に必ず料金や条件を確認しましょう。不用品回収業者はたくさんありますので、業者ごとに条件を比較することをおすすめします。また、不用品回収業者のなかには、悪徳業者もおり「無料」で引き取るはずが、引渡し後に料金を請求するところもあるようですので注意しましょう。

リサイクルショップに売る

まだ使用できる炊飯器であればリサイクルショップで買い取ってもらうことが可能です。リサイクルショップによって買取価格がことなりますので、いくつかショップに問い合わせて買取価格を比較した上でリサイクルショップを決めましょう。

まとめ

子供 ご飯 食べる

炊飯器の寿命のサイン、寿命を延ばす方法、寿命の炊飯器の正しい捨て方などをご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?

お米は日本人にとってなくてはならない食材の代表です。炊飯器の進歩は早く、食感や風味や炊きあがり具合も自分の好み通り仕上げることができて、お米を食べるのが楽しみにもなりますね。炊飯器から寿命のサインが出始めたら、お近くの家電量販店で、炊飯器を見るだけでなくセール時も聞いておきましょう。

炊飯器

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる