炊飯器の掃除の方法!雑菌を防ぐための簡単なお手入れ手順

炊飯器

炊飯器の掃除はどのようにして行っていますか?使用後に内釜や内ぶたを洗うのは当然のことですが、それ以外のところはとくに掃除したことがない、またはいつ掃除したか覚えてない…という方も多いことでしょう。こちらの記事では、炊飯器の掃除はもとより、ついた臭いを取り除く方法や、キレイに保つコツなど紹介しています。定期的に掃除をすることによっていつも衛生的でおいしいご飯を食べられて健康的な食生活を送りましょう。

炊飯器を掃除しないと雑菌が!

炊飯器でご飯を入れる

炊飯器は毎日しっかり掃除をしていますか?おいしいご飯を炊いてくれる炊飯器は、どこの家庭にもある家電製品の一つになっていますね。毎日のように使うものなので、炊飯器を簡単な掃除で済ませている方も多いのではないでしょうか。

炊飯器の掃除として、ほこりを拭き取るだけでなく、時には炊飯器の見えないところまでしっかり掃除をする必要があります。

炊飯器が汚れる原因

炊飯器が汚れる原因は、炊飯の際に発生するお米のでんぷん質と高温の水蒸気です。炊飯中に出たでんぷん質と水蒸気が混ざってできた汚れは、乾くと通気口や内ぶたの裏側など炊飯器のあらゆる部分にべったり付いて取りづらくなってしまいます。

このでんぷん質は湿度が高いと雑菌が繁殖しやすくなり、それが嫌な臭いの原因にもなるので、その都度掃除を手掛けるように習慣つけておくのが理想です。これらを放置すると衛生面に良くないだけでなく、炊飯器の性能が低下し故障の原因にもなりますので、汚れはしっかりと取り除く必要があるのです。

炊飯器の掃除方法

布巾とスプレー

炊飯器の掃除に取り掛かる前に用意しておくものは以下の通りです。

必要なもの

  • 清潔な布巾かペーパータオル
  • 歯ブラシや綿棒

あれば役立つもの

  • エタノール

掃除の手順

①炊飯器の外側を掃除する

ホコリが舞い散らないように、硬く絞った清潔なふきんかペーパータオルで全体を拭きます。汚れがついている場合は、ふきんにエタノールをしみこませたもので軽く擦りながら拭いてみましょう。

②底についている通気口の掃除

底にあるファンの通気口 にはホコリがたまりやすいので、ふきんで拭いた後、歯ブラシや綿棒を使ってホコリをかき出してください。

③蒸気キャップを掃除する

炊飯器の蓋についているのは水蒸気キャップです。これはデンプンを含んだ水蒸気が通る場所なので、汚れやすくなっています。突起や溝が多い部分ですが、デンプン汚れは水で簡単に落ちますので、分解してひとつひとつ取り外して洗うと簡単にキレイになります。

白米を炊いた時は食器用洗剤を使う必要はありません。汚れがこびりついて固まっている場合は、ぬるま湯に付けてふやかしてから、スポンジと流水で流し、溝の汚れをはハブラシを使ってしっかりと掃除します。

④内ぶたと内釜の掃除をする

内釜を洗うときはフッ素加工が剥がれないように、柔らかいスポンジを使ってやさしく洗います。

内ぶたのパッキンの中は汚れがたまりやすいので、ゴムを軽く持ち上げながら、ブラシや綿棒を使って隙間の汚れまでていねいに掃除してください。

お米特有のネバネバがひどい時や、炊き込みご飯の時の油がついていたりする場合には、食器用洗剤を使って洗うようにしてください。

⑤炊飯器の内側を掃除する

内側は水がつくと故障の原因にもなりますので、拭くときのふきんは必ず固く絞った状態のものを使ってください。特につゆ受けの部分は、でんぷんを多く含んだ水やごはん粒が入り込んでいますので、入念に掃除をしなくてはいけません。

内釜を入れるところには、温感センサーが設置されている為、その部分が汚れているとスムーズに機能しなくなる可能性がありますので、しっかりと拭くようにしてください。

炊飯器を掃除しても臭いが取れない時の対処の方法

炊飯器のボタンを押す

白米をたく時と違って、炊き込みご飯などを作った後の炊飯器は、臭いが残ってしまいしばらく取れないことがあります。それを防ぐためには、炊飯後はできるだけ早く炊飯器を洗うように心がけることで解決できます。

台所用中性洗剤をつけて洗う

お釜、内蓋や蒸気キャップは、取り外して台所用中性洗剤をつけてスポンジで洗います。外して洗える部品全てをていねいに洗うことで臭いが取れるのですが、それでも臭いが落ちないときには、炊飯機能を使って全体をキレイにできる方法があります。

炊飯器の機能を使って掃除する

炊飯器に水だけを入れて炊飯のスタートボタンを押し、蒸気で汚れをふやかすことで落ちやすくなります。ただし注意しなくてはいけないこととして、炊き終わったら手でさわれるくらいに冷めてから取り扱ってくださいね。

クエン酸を使って臭いをとる方法

クエン酸

クエン酸を常備しておくと、家中のありとあらゆる場所を綺麗にできるのでとても便利です。では、そのクエン酸を使用して炊飯器の臭いをとる掃除をしてみましょう。

用意するもの

  • クエン酸(なければレモンか重曹)
  • 使わなくなった歯ブラシ
  • スポンジ
  • ゴム手袋
  • 食器用中性洗剤

掃除の手順

  1. ゴム手袋をする
    手が荒れやすい方は、ゴム手袋をして作業した方がよいでしょう。
  2. クエン酸を投入する
    炊飯器の内釜に、水を7〜8分目まで入れたところに、クエン酸20gを投入します。臭いがひどい場合は、水よりも38℃前後のお湯を使うと効果がより一層期待できます。
  3. 炊飯をスタート
    白米メニューを選択したら、炊飯ボタンを押してスタートさせます。炊飯が終わったら保温を切り、火傷をしないように炊飯器の熱を冷まします。
  4. パーツを掃除
    内釜、内蓋、蒸気キャップを取り外し、食器用の中性洗剤をスポンジにつけて各部品を掃除します。スポンジできれいに洗えない部分は、使用済みの使わなくなった歯ブラシを使って、奥にたまった汚れをきれいに落としていきます。
  5. 乾燥させる
    歯ブラシなどで掃除し終わった炊飯器の部品は水できれいに洗い流し、風通しの良い場所に置いて自然乾燥させてください。
  6. 部品を取り付ける
    各部品が完全に乾いたら炊飯器に取り付けて臭い取りの掃除は完了です。クエン酸は消臭・殺菌効果に優れていますので、ご飯への臭い移りを防ぐためにも定期的に行うとよいでしょう。

クエン酸が手元にない場合は、重曹、もしくはスライスしたレモン数枚で代用できます。重曹は防臭効果があるだけでなく、茶渋などの汚れを落とす効果もあります。

炊飯器をきれいに保つための掃除の頻度

炊飯器の内釜としゃもじ

使うたびに掃除をするところ

炊飯器の内釜はもちろん、内側のフタとつゆ受けは使うたびに掃除をしてください。特にお米が直接触れる可能性がある場所は、清潔に保つ必要があります。

週に1度掃除をするところ

炊飯器の外側の拭き掃除や、蒸気キャップは最低でも週に1度は掃除をするようにします。使用するたびに全てを掃除するというのはなかなか大変なことなので、週に一回程度を目安に行うようにしましょう。

月に1度掃除するところ

炊飯器の底のファンの掃除は月に1度でも大丈夫です。頻度の低い掃除は忘れがちになってしまいますが、「月初めにする」など月に一度の日程を定着させておくなどして、漏れがないようにしてください。

炊飯器をきれいに保つコツとは

炊飯器を掃除をすることはとても大切なことですが、きれいな状態を保ちつづけるのも同じく重要なことです。それができれば、定期的な掃除が短時間で済み、とても楽になります。

使用しない時はホコリがつかないように、炊飯器を完全に覆うことができる大きさのふきんやカバーを掛けておきましょう。

炊飯器の中に長い時間、お米を放置したままでいると嫌な臭いがしてくることがあります。その原因はカビと雑菌です。炊飯器の中は、餌となるでんぷんの他に湿気も多いので、お米だけでなく、炊飯器自体にもカビや雑菌がつきやすくなっているのです。ですので、なるべく炊飯器にご飯を残したまま放置しないように注意しましょう。

理想を言えば、残ったお米は早めに冷凍庫に入れ、すぐに炊飯器の掃除をするようにします。そうすることで、内部がいつでもカラッと乾燥した状態を保つことができるので、カビや細菌が繁殖することなく、炊飯器を常にキレイに保つことができるのです。

最後に

炊飯器と流し台

炊飯器の掃除と聞くと一見面倒臭く感じるかもしれませんが、炊飯器自体、複雑な構造をしていませんので、慣れてしまえば分解や取り付けがスムーズにできるようになり手間がかかりません。

毎回炊飯器全体を丸ごときれいに掃除する必要はなく、簡単なお手入れで済むので、清潔感のある安全なお米を炊くためにも、ぜひ炊飯器の掃除を習慣づけるよう心がけてくださいね。

炊飯器

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる