落とし蓋の意味とは?効果や使い方、代用品から普通の蓋との違いまで

煮物料理に欠かせない木製の落とし蓋

あなたは落とし蓋の意味や役割についてご存知ですか。「落とし蓋をしなくても、お鍋やフライパンに蓋をすればいいのではないか」と疑問に感じる人もいらっしゃるでしょう。あまり効果が感じられない落とし蓋ですが、煮崩れを防ぐだけでなく、食材のにおいを消すなどのメリットがあります。本記事では、落とし蓋の意味や効果、正しい使い方を解説。また、落とし蓋がない時に使える代用品を紹介します。

落とし蓋とは?どんな意味がある?

食材の上に落とし蓋をのせている様子

煮魚や肉じゃがといった和食料理に欠かすことのできない落とし蓋。落とし蓋とは、鍋の直径よりも一回り小さい蓋のことです。落とし蓋を煮込み中の食材の上にのせておくだけで、全体に味がよく染み込んだおいしい煮物が作れます。

また、落とし蓋には金属製や木製、シリコンなど様々な素材がありますので、使いやすい落とし蓋を選びましょう。

落とし蓋を使う効果とは?

だしが染み込んでおいしそうな肉じゃが

落とし蓋の存在について疑問に感じる人も少なくはないでしょう。しかし、落とし蓋を使用することで得られる効果は実にさまざま。ここでは、落とし蓋の特性を5つ紹介します。

味が食材全体に染み込む

落とし蓋をすることによって、煮汁が対流しやすくなって全体的に味が均一になりやすくなる効果があります。その結果、食材全体に味が染み込みやすく、素材の旨味を感じられる仕上がりに。「食材によって、味にむらがでてしまう」といった問題は激減するでしょう。

煮崩れしにくくなる

落とし蓋のない状態では、食材同士がぶつかったり食材が鍋にぶつかったりする衝撃で煮崩れを起こしやすくなってしまいます。

一方、食材の上に落とし蓋をすると食材の動きが限定的になり、煮崩れしにくくなるという利点もあります。「煮物を作るとどうしても食材が崩れて失敗してしまう」とお悩みの方は、落とし蓋を使ってみましょう。

においを取り去ってくれる

落とし蓋のタイプによっては、蒸気の逃げ道がたくさんあります。そのため、魚や肉などの臭いが煮汁に留まることなく蒸気と一緒に放出していき、食材に臭いが残りにくくなる効果があります。

ただし、落とし蓋に臭いがついてしまうことも。落とし蓋は事前に水で濡らしておくと、においが落とし蓋に移りにくくなります。

急な蒸発を防ぐ

「煮物から目を離しているうちに水分が蒸発して、お鍋に食材がこびりついてしまった」という経験を持つ人もいらっしゃるのではないでしょうか。落とし蓋をした状態では、煮汁の蒸発が緩やかになります。

なお、さらに煮汁の蒸発を防ぎたいという場合には、落とし蓋とお鍋の蓋をするとよいでしょう。

料理時間の短縮につながる

加熱された煮汁が落とし蓋を介して食材に熱を与えることにより、食材への加熱を補います。また、煮汁が少ない状態では、煮汁や食材に熱がさらに対流しやすくなりますので、煮る時間が短縮されます。

結果として、料理時間の時短につながり、さらには少々のガス代節約にも。少しでも料理の時間を短くしたい主婦にとって、落とし蓋の使用はメリットがあります。

基本的な落とし蓋の使い方

これから鍋を使って料理をしようとする女性

落とし蓋の使い方は簡単ですが、いくつかの点に注意しなくてはなりません。ここでは、落とし蓋の基本的な使い方を説明します。

  1. 落とし蓋は、使用するお鍋の直径よりも一回り小さいものを使う
  2. 落とし蓋をする前に、落とし蓋を水で濡らす
  3. 食材の上に落とし蓋をのせる
  4. ある程度煮詰まったら、落とし蓋を外す

落とし蓋は必ずお鍋の直径よりも一回り小さいものを使いましょう。もし、自宅にあるお鍋のサイズがばらばらでそのつど落とし蓋を用意するのが面倒であれば、サイズ変更ができるステンレス製の落とし蓋がおすすめです。

また、乾いた状態で落とし蓋を使用すると煮汁が落とし蓋に染み込んでしまい、落とし蓋に臭いが移ってしまいますので注意。

落とし蓋をのせたり外したりするタイミングは、料理によって異なることがあります。必ずレシピを確認し、落とし蓋を使用するタイミングを確認しまょう。

落とし蓋は家にあるもので代用できる!

落とし蓋として代用できるアルミホイルとクッキングシート

「自宅にあるお鍋のサイズがバラバラなので、いくつもの落とし蓋を購入はしたくない」
「落とし蓋を使うような料理はあまりしない」

様々な事情で落とし蓋を購入するまでには至らないというご家庭もあるでしょう。落とし蓋は自宅にあるキッチン用品で代用できます。ここでは、キッチン用品で落とし蓋を代用する方法を解説します。

アルミホイル

キッチンで使うアルミホイルは落とし蓋の代用品として使えます。落とし蓋をして使用する時は、アルミホイルを切ってからお鍋の大きさに合わせて側溝を作ります。また、真ん中に穴を開け、さらにフォークや菜箸などで空気穴を開けると蒸気が逃げやすくなります。

なお、アルミホイルは塩分や酸の強いものに弱いため、長時間煮込むとアルミホイルが溶けることも。人体への影響が出るほどの量が溶け出す事はありませんが、気になる方はこまめに取り替えるようにしましょう。

キッチンペーパー

意外に感じる人もいると思いますが、キッチンペーパーも落とし蓋としての役割を果たしてくれる便利なキッチン用品です。使用方法はアルミホイルと同じです。油やアクも吸い取る効果もあり、一石二鳥。

ただし、キッチンペーパーは「紙」という性質上、煮込んでいる途中で破れてしまう可能性があるのが難点。キッチンペーパーを複数枚重ねて使用すると破けにくくなりますので、おすすめです。

クッキングシート

クッキングシートも落とし蓋の代用品になります。クッキングシートを使用する鍋よりも小さめの円形になるようにくり抜き、中央部分に穴をあけ、複数の空気穴を作って食材の上にのせるだけ。

破れることはありませんので、耐久性はあります。また、水分を吸い取って食材や煮汁に密着し、効率よく加熱します。

平皿

重みのない平皿は、落とし蓋の代用品としても活用できます。食材の上にお皿をふせるようにして置きましょう。お皿の重みで煮崩れをおこしてしまうこともありますので、重い平皿は適していません。なお、取り出す時には、お皿が熱くなっていますので注意しましょう。

落とし蓋と普通の蓋の違い

落とし蓋を使わずに食材を煮込んでいるところ
「落とし蓋のメリットは理解できたけれど、普通の蓋との違いがわからない」と疑問に思う人もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、落とし蓋と普通の蓋の違いを説明します。両者の違いを理解して、落とし蓋の利用価値を学びましょう。

普通の蓋は蒸気や熱を逃がさないのが目的

普通の蓋は、落とし蓋とは違って食材に直接触れることなく蓋をかぶせます。気密性は落とし蓋よりも高いのがメリットな反面、臭みが逃げていかないという側面も。

また、食材や煮汁が鍋の中で移動してしまうため、煮崩れを起こしやすくなります。落とし蓋は、普通の蓋のデメリットを補う目的で使用されます。

おすすめの落とし蓋

木製の落とし蓋を使用して作ったおでん
食材を煮込む時に使用すると様々な効果が見込まれる落とし蓋。使い勝手のよいおすすめな落とし蓋を紹介します。全てAmazonで購入可能ですので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

市原木工所 落し蓋 木製 樹婦人

市原木工所 落し蓋 木製 樹婦人出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B002YM8WQ6/

市原木工所 落し蓋 木製 樹婦人 16cm

無難な落とし蓋が欲しい人におすすめなのが、市原木工所の木製落とし蓋です。煮物はもちろんのこと鉄鍋や漬物の蓋としても使えます。

木材のみで作られており、蓋と取っ手部分の繋ぎ合わせに接着剤や釘が不使用な点は魅力的。また、同シリーズにはサイズが3種類あります。ご自宅の鍋に合わせたサイズを選びましょう。


下村工業 落とし蓋 ふたっする

下村工業 落とし蓋 ふたっする出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B003AM7D46/

下村工業 落とし蓋 ふたっする FO-101

使用しているお鍋のサイズにバラツキがあるというご家庭では、下村工業のステンレス製落とし蓋が便利。直径14~23cmまでサイズ変更できますので、自宅のあらゆるサイズの鍋の落とし蓋として活躍するでしょう。

さいごに

しっかりと味がついたぶり大根

落とし蓋には、普通の蓋と比較しても様々な効果や役割が備わっています。使い方も非常に簡単ですので、今まで使用していなかった人も実践してみましょう。

また、落とし蓋がなくても、アルミホイルやキッチンペーパーなどのキッチン用品で代用可能です。落とし蓋を使って、煮物を上手に作ってみて下さい。

煮物料理に欠かせない木製の落とし蓋

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる