必ず当選!?懸賞に当たりやすくなるポイントと傾向とは?

懸賞にいくら応募しても「当たらない」と困っている方はいませんか?実は、懸賞もいくつかのポイントを抑えれば、当選率をあげることができます。基本的に、チェックしている側も「人間」である事を意識することが大切です。とにかく数を多く応募すれば良いというものでもありません。ここでは、懸賞に当たりやすくなるポイントを解説していきます

不備がないように心がけよう

懸賞はがき

「抽選で○名様にプレゼント」というような文章をみたことはありませんか?その文章に嘘はありませんが、実は「抽選される為」にはしっかりと意識しなければならない事がいくつかあります。

ハガキで応募する場合は、まずは字を綺麗にする事を心がけましょう。手書き指定などがなければ、ワープロやパソコンで入力し、印刷しても構いません。また、住所や自分の年齢等も不備がないか二重、三重にチェックをしましょう。

マンションに住んでいる方なら、部屋番号まで細かく記入する事をオススメします。「厳正なる」という文章が入っている懸賞は、本当に無作為に選んでいる傾向がありますが、住所等が判読できない、または番地等が抜けている場合は、抽選対象にすらならないので注意しましょう。

アンケート内容などはしっかりと書く

アンケート内容

商品を試してみてのレビューなどを書くアンケートの場合は、しっかりと考えて記入しましょう。懸賞を送る側の企業等は、マーケティングの一環として懸賞を行っている場合も少なくはありません。文字制限がない限りは、出来るだけ細かく記入することをオススメします。

また、「良い点」だけを重点的に書き出すより、「良くなかった点」も同じ割合で記入すると担当者の目に止まりやすい傾向があります。小規模な懸賞の場合は、それらをしっかり記入するだけで当選率が大きくあがる可能性があります。

おねだりも時には有効です

応募はがきを書く

懸賞を応募した理由なども書いて良い場合は、少しおねだり気味な内容を書いてみるのも一つの手です。例えば、旅行券などが対象でしたら「行きたいから!」、「当てて欲しい!」、というような安直なものでは良い結果が出ない傾向にあります。

「昔から行きたかったが、時間も金銭的な余裕も無く」など具体的におねだりしましょう。ただし、誇張のしすぎは選別する担当者の気分を害してしまう可能性があるので注意が必要です。基本的には、実際に自分が考えていることを丁寧に文章にしましょう。

ネット応募でも文章構成を意識し、二重応募は避けましょう

ハガキを書く

ハガキと違ってネットだと「文章は読まれない」、「機械的に判別される」と思っている方はいませんか?

実は、ハガキと同じようにネット応募でも、実際に人間がチェックしていることも少なくはありません。また、ハガキと違って比較的、長文のアンケートなどが多い傾向があります。

文章構成が破綻していないか、無駄な文章はないかなどをしっかりとチェックして添削していきましょう。ネット応募の場合はハガキと違って、二重応募しても問題がないと考えている方も少なくありませんが、基本的には厳禁です。

例えば番地などをアラビア数字(0,1,2等)と漢字で分けて二重に投稿しても、専用ツールや目視で簡単に看破されてしまう危険性があります。せっかく、時間をかけて良いアンケート内容が書けたとしても、そこで全てが無駄になってしまっては意味がありません。

コツさえ掴めば懸賞に当たる可能性をあげることが可能です

大当たり

いくつかのポイントを抑えて、コツさえ掴めば懸賞を当てることは難しいことではありません。

「人に手紙を出す時のような気持ち」をどんな小規模な懸賞に対しても持つようにすることが肝要です。そのコツと気持ちさえ常に心がければ、応募総数が多い懸賞でも選ばれる可能性を高くすることができます。

できるだけ、細かく丁寧に記入する習慣をつけましょう。

ハガキを書く

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる