今日は自宅で一献。簡単に作れるお洒落なカクテル

バーで飲むお洒落なカクテルを、自分でも作れたら良いな…と思ったことはありませんか?
実は、カクテルは自分でも簡単に作ることができるのです。
しかも、自分でカクテルを作ればお酒の量も調整できますので、二日酔いの心配も減るかもしれませんね。
今回は、自宅でも簡単に作れるお洒落なカクテルをいくつか紹介していきます。

口当たりの良いウォッカベースのバーバラ

ウォッカベースのバーバラ

「バーバラ」は生クリームとウォッカで作れる、女性におすすめの口当たりの良いカクテルです。このカクテルはウォッカをジンに置き換えると、プリンセスメアリーと呼ばれるカクテルに変身します。

用意する材料は

  • ウォッカ
  • クレームドカカオ
  • 生クリーム

のたった3つです。

分量はそれぞれ3分の1ずつですが、クレームドカカオがない場合はウォッカの分量を増やしましょう。甘口が好みの方は、クレームドカカオの代わりに生クリームの分量を増やしてみて下さいね。

また、バーバラをもっとお洒落に美味しく味わいたいという場合には、「ナツメグ」と呼ばれるスパイスを振りかけてみてください。

生クリームのまろやかさとナツメグのスパイシーな風味が加わり、飲みごたえのあるカクテルになります。色もブラウンに変わるので、色の変化を楽しむこともできます。

風味豊かなジンベースのジン・フィズ

ジン・フィズ

「ジン・フィズ」はジンをベースに作るカクテルで、爽やかな飲み心地が特徴です。

用意する材料は、

  • ドライジン
  • レモンジュース
  • 砂糖
  • ソーダ水

の4つです。

分量は、ドライジン45ml、レモンジュース20ml、砂糖小さじ1、ソーダ水はお好みで調整して下さい。ちなみに、このレシピのレモンジュースをライムジュースにすると、「ジン・リッキー」と呼ばれる酸味のあるカクテルになります。お好みで選んでみて下さい。

見た目でも楽しみたいという方は、コップの淵にカットライムやカットレモンを飾ってみましょう。果実が加わることで、いっきにお洒落なカクテルに変わります。また、ジンフィズは卵を入れる事で別のカクテルにする事もできます。

例えば、このレシピに卵白だけを加えると「シルバー・フィズ」になり、卵黄だけ加えたものは「ゴールデン・フィズ」と呼ばれるカクテルになり、卵を全て加えたものは「ロイヤル・フィズ」になります。卵を加えたジン・フィズはまろやかな風味になるので、お酒が苦手な人におすすめです。

ジンが手に入った場合は試してみて下さいね。

ビールベースのレッド・アイとシャンディー・ガフ

レッドアイ

「レッド・アイ」と「シャンディー・ガフ」はどちらもビールをベースとしたカクテルで、シャンディー・ガフの方は黒ビールを使用する黒いカクテルです。

まずはレッド・アイの作り方から紹介しましょう。

用意する材料は

  • ビール
  • トマトジュース

の2つで、分量はそれぞれ2分の1ずつです。

レッド・アイはトマトジュースで作るので、ビタミン類が豊富という特徴があります。トマトジュースには、アルコールの代謝を助ける成分も豊富に含まれているので、二日酔いを防ぎたいという時にもおすすめのカクテルですよ。

そして、シャンディー・ガフに必要な材料は、

  • 黒ビール
  • ジンジャーエール

の2つで、分量はそれぞれ2分の1ずつ混ぜましょう。

正式な材料は黒ビールですが、もちろん一般的なビールでも美味しく作ることができます。   色々な銘柄のビールで試してみて下さいね。

材料を揃えてカクテルを作ってみましょう

カクテル道具

今回紹介したカクテルはシンプルなレシピが多く、ウォッカ、ジン、ビールはスーパーで気軽に 購入できるお酒です。特に、ウォッカとジンは他のカクテルでも頻繁に登場するお酒なので、ウォッカとジンは1本ずつ用意しておきましょう。また、コップの淵に果実があるだけでバーのカクテルを簡単に再現できます。お酒と一緒にレモンやライムを用意してみて下さい。

複数のカクテル

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる