自宅でスーツを洗濯しちゃおう!クリーニング代の節約にも!

スーツのホコリを落としている女性

スーツはクリーニングに出すのが一般的ですよね。しかし、スーツのクリーニング代は以外と高く、頻繁に出していたらその費用はかさばる一方です。とはいえ、汗や皮脂汚れ、たばこや食べ物の臭いが気になり、いつも清潔にしておきたいと思う方は多いでしょう。そんな時、自宅で洗うことができたら嬉しくありませんか?ここでは、そんなスーツの洗濯方法についてお話していきます。

まずは洗えるスーツかどうかをチェック!

洗濯表示タグ

これはスーツに限らず洗濯の基本でもありますが、洗濯をする前にまず洗濯表示を確認しましょう。これはウォッシャブルスーツについていることが多いのですが、洗濯機洗い可の表示がついていれば洗濯機に入れて洗うことが可能です。

次に、手洗い可のマークがついていれば、洗濯機洗いはできませんが、手洗いであれば洗濯できます。そして、洗濯不可の表示がある場合ですが、この場合は基本的に水洗いしないほうが良いでしょう。

絶対にできないというわけではありませんが、型崩れや毛羽立ち、光沢を失うなどトラブルの原因になりかねませんので、避けたほうが無難です。

洗濯機で洗う方法

ポケットの中身

まずはポケットの中身などをチェックして、なにも入っていないかを確認しましょう。もし、気になる汚れやシミなどがある場合は、部分洗い用の洗剤をつけます。

次に、型崩れしないようにボタンやファスナーは締め、スーツをたたんで洗濯ネットに入れます。その後、洗剤を水で溶かしてから入れるようにしましょう。洗剤が溶けていないと、スーツに洗剤が残ってしまったり、十分に汚れが落ちなかったりするなどの原因になります。

最後に、洗濯機を回すのですが、このとき「手洗いコース」や「ドライコース」など、ソフトな洗い方を選択するようにしましょう。普通コースなどでは、スーツの生地が傷んでしまうことになりかねません。

手洗いする方法

レーヨン 洗濯

基本的に洗濯機で洗う方法と同じです。

ポケットの中身を調べ、形を整えたら、あらかじめ洗剤を溶かしてお湯をためた洗濯桶に入れます。手洗いは、軽く押し洗いするように行うのがポイント。あまり強く押し過ぎると生地が傷んでしまいます。裏返してさらに押し洗いをしたら、少しの時間漬け置きます。その後、きれいな水で数回すすぎます。洗剤が残らないよう、きれいになるまで十分にすすぎましょう。

干し方にも十分気をつけて!

ハンガーに掛かったスーツ

洗い終わったら、最後に干して終了です。その干し方ですが、まずは洗い終えたらすぐに干すことが大切です。時間が経つと変なしわができてしまったり、型崩れしたりする原因になります。

上着はハンガーに、ズボンはウエストを上にして吊るしましょう。ウエスト部分は筒状にして干すと乾きやすくなります。このとき、軽く生地を叩くとしわが伸びてきれいな仕上がりになります。風通しの良いところで、陰干しをするようにしましょう。直射日光にあたると、色落ちや変色する可能性があるので注意が必要です。

スーツが乾いたら、アイロンをかけるとさらにきれいに仕上がります。当て布をして、上着は箇所によってアイロンの方向を変え、ズボンはセンターラインをつけるようにかけると良いでしょう。
アイロンの温度は、スーツに書いてある表示を確認することが大切です。高温でかけるとテカリの原因にもなるので注意が必要です。アイロンかけが終わったら、またすぐにハンガーにかけておくようにしましょう。

自宅でスーツの洗濯に挑戦してみましょう!

室内でかけられたスーツ

スーツの洗濯方法をご紹介しました。想像していたより簡単だと思われたのではないでしょうか?

まずは持っているスーツの洗濯表示を確認してみてください。家で洗濯することができれば、クリーニング屋に持っていく時間と手間も省けますし、なによりクリーニング代の節約になってお財布にも嬉しいですね。

スーツのホコリを落としている女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる