ゴキブリ対策は今!二度と部屋に出さない最強グッズはコレだ!

夏になると活発に動き出すゴキブリですが、見かけた時に対策を行うのでは、駆除しきれません。また、涼しくなって見かけなくってきても、しっかりと駆除を行っておかないと、翌年も発生することになります。夏に出会わないためには、実は「春」と「秋」の対策が大切なのです。

ゴキブリ対策は「春」と「秋」に行おう!

スプレー 殺虫剤

「春」に行うゴキブリ対策

ゴキブリは気温が20度くらいになると、成長や活動が活発になると言われていて、桜の季節になる頃から一気に成長します。この段階で、対策をとっておくと夏場の繁殖を防ぐことができます。まだ幼虫のため繁殖能力を持たず、数が少なく、動きも鈍いので、この時期にから駆除を意識しておきましょう。

家への侵入を防ぐために「待ち伏せタイプ」を使う

気温が上がると動きが活発になり、家の中への侵入をしてきます。数ミリの隙間さえあれば、侵入できると言われていますので、わずかな隙間部分にも油断しないようにしましょう。

家の侵入を防ぐためには、「待ち伏せタイプ」の殺虫剤が有効です。サッシやドアの隙間、通気口、換気扇などの通り道にスプレーをしておくと、上を通ったゴキブリを駆除します。

医薬品ゴキジェットプロ秒殺+まちぶせ

【第2類医薬品】医薬品ゴキジェットプロ秒殺+まちぶせ 450mL

出典:amazon.co.jp
ゴキジェットプロ
【第2類医薬品】医薬品ゴキジェットプロ秒殺+まちぶせ 450mL
¥ 982(税込)
Amazonで見る

宅内にいるゴキブリには「くん煙タイプ」を使う

家の中で冬をこしているゴキブリや、すきまから侵入してきたゴキブリも、春のうちは動きがまだ活発でない場合が多いです。

部屋の隅などに隠れていることも多いため、活発になる夏になる前に宅内のゴキブリを退治するには、「くん煙タイプ」の殺虫剤がおすすめです。煙が出るくん煙タイプは、部屋の隅々まで行き届くので効果的ではありますが、小さなお子さんがいる家庭やペットがいる家庭では、短い時間で済み霧タイプなどがおすすめです。

また、食品や食器類は戸棚にしまい、パソコンなどはビニールなどで覆っておきましょう。観葉植物も枯れてしまうことがあるため、外へ避難させておいてください。また、燻煙タイプは、部屋をまるごと駆除できますが、卵の状態では効果が無いため、間隔を空けて数回行うとよいでしょう。

バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ

 【第2類医薬品】バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ 46.5g

出典:amazon.co.jp
バルサン
【第2類医薬品】バルサンプロEXノンスモーク霧タイプ6~10畳用 46.5g
¥ 665(税込)
Amazonで見る
水ではじめるバルサンプロEX6~8畳用

【第2類医薬品】水ではじめるバルサンプロEX6~8畳用 12.5g×3

出典:amazon.co.jp
バルサン
【第2類医薬品】水ではじめるバルサンプロEX6~8畳用 12.5g×3
Check on Amazon(税込)
Amazonで見る

「秋」に行うゴキブリ対策

春に成長をするゴキブリは、秋に産んだ卵か幼虫の状態で冬を迎えます。寒い季節は成長が止まっていますので、冬を越す前の秋の対策もとても重要です。

越冬できる住家を作らせない

狭く暗く暖かい場所をゴキブリは好みます。冷蔵庫の周辺やキッチンシンクの下、植木鉢の下などは要注意です。また、保温性の高い段ボールはゴキブリにとっては住み心地が良い場所となります。折りたたんだままの段ボールは放置せず、捨てるようにしましょう。

日ごろから行うゴキブリ対策

ごみ箱に入った食品くずでいっぱいのビニール袋

清潔な状態を保つ

季節を問わず、日ごろから行う対策としては次のものがあります。

  • 食べ物や使った食器を放置しないこと
  • 物陰の掃除も隅々まで行う
  • 生ごみは早めに処分する
  • 排水口をこまめに掃除する

侵入経路は塞いでおく

ゴキブリの多くは外から侵入してくるため、外部からの侵入を阻止するようにしましょう。排水管にはネットやフタをかぶせたり、換気扇にもフィルターをかけておきます。また、ゴキブリは水気の多いところを好むため、水気の多い水道付近などに、ホウ酸団子や粘着式のゴキブリトラップ、駆除剤を置いておくのも効果的です。

ホウ酸 ダンゴ

ホウ酸 ダンゴ

出典:amazon.co.jp
オカモト
ホウ酸 ダンゴ
Check on Amazon(税込)
Amazonで見る

ブラックキャップ ゴキブリ駆除

ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 [12個入]

出典:amazon.co.jp
ブラックキャップ
ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 [12個入]
¥ 541(税込)
Amazonで見る

殺虫剤を使う時の注意点

火災報知器

殺虫剤の中でも、「毒エサタイプ」などは、置いておくだけなので特に注意することはありませんが、「くん煙タイプ」と「待ち伏せタイプ」には、注意点があるので覚えておきましょう。

くん煙タイプ

くん煙タイプは煙タイプ、水タイプ、霧タイプと3種類あります。霧タイプは火災報知機に反応しませんが、煙タイプと水タイプは火災報知機に反応するので、使う前に警報器を袋などで覆っておくようにしましょう。

待ち伏せタイプ

ゴキブリの通り道になりそうなところや隠れていそうな隙間にスプレーしますが、人が触れるところにスプレーしないよう気をつけてください。また、換気をしながらスプレーをして、食品や食器、観葉植物にかからないようしましょう。小さなお子さんやペットがいるご家庭では、おもちゃを片付けてから行うことも忘れないようにして下さい。

まとめ

ワイパーモップで床を拭く

ゴキブリ対策は、とにかく家の中や周辺を清潔に保つことで、ゴキブリが寄り付かなくなるようです。また、侵入経路をしっかり塞ぐことも大切です。あとは、市販されているゴキブリ対策のグッズを使って駆除しますが、季節や場所に応じて駆除対策グッズを使い分けると良いでしょう。

マスクを着ている女性と殺虫剤

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる