スマホ決済サービスどれがいい?使いやすさ、還元率など徹底比較

スマホ決済はお財布やクレジットカードを持ち歩かなくても、スマートフォンで買い物ができる便利な支払方法です。最近では、お店でQRコードを読み取って決済する「QRコード決済」のペイペイや、LINEペイ、楽天ペイなどが注目されています。アプリや店員さんの指示通りすすめれば、難しいことはなく簡単に行えます。人気3社の使いやすさや還元率などの比較を確認しましょう。

スマホ決済人気3社の比較

バーコード決済・支払い・サブスクリプション

Pay Pay(ペイペイ)

2018年10月からサービスを開始して、「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題となりました。Yahoo!とソフトバンクが提携しているサービスです。いつでも登録したクレジットカードを選択して支払えるのが、Pay Pay(ペイペイ)の大きなメリットです。

決済方法は2通り

  • スキャン支払:お店に設置してあるQRコードをスキャンする決済方法
  • コード支払:アプリ上にバーコードを表示して、店員さんに読み取ってもらう決済方法

支払い方法は3通り

  • ペイペイ口座残高に現金をチャージして支払う方法
  • Yahoo!マネーで支払う方法
  • クレジットカードを登録して支払う方法

還元率

支払方法に関わらず、決済額の「0.5%」分のペイペイ残高が還元されますが、キャンペーン期間は還元率が20%になっています。

個人間送金

対応済みのため、友達や家族あてに送金することができます。

LINEペイ

LINEアプリを使っていれば、「ウォレット」タブタップですぐに利用開始でき、ポイント還元キャンペーンも月に1回程度と頻繁に行われるため、お得で利用しやすいサービスです。決済方法が多いのも特徴です。また、割り勘機能があるため、ランチや飲み会などでも活躍できます。

決済方法は6通り

  • コード支払:アプリ上にバーコードを表示して、店員さんに読み取ってもらう決済方法
  • コードリーダー支払:お店で提示のバーコードを読み込んで決済する方法
  • オンライン決済:ネットショッピングの支払方法で「LINEペイ」を選択する決済方法
  • 請求書払い:公共料金の請求書のバーコードをLINEペイで読み取り決済する方法
  • LINE Payカード:コンビニやスーパーなど国内外約3300万の実店舗で使える、プリペイド方式のLINE Payカードで決済する方法
  • Androidユーザーのみ:QUICPayでの決済も可

支払い方法は3通り

  • LINE Pay残高に現金をチャージして支払う方法
  • LINE Payにクレジットカードを登録して支払う方法
  • LINEポイントを使って支払う方法

還元率

LINE Payは支払額の一部がLINEポイントに還元され、月額によって還元率がステップアップしていく仕組みになっています。2019年7月31日まではコード支払による決済は還元率3%が上乗せされるキャンペーンが実施されています。

個人間送金

対応済みのため、友達や家族あてに送金することができます。

楽天Pay

楽天を利用してショッピングしたり、ポイントを貯めている人には、サービスが連動しているため、楽天カードを利用している人にメリットが沢山あります。

決済方法は4通り

  • コード支払:アプリ上にバーコードを表示して、店員さんに読み取ってもらう決済方法
  • QR読み取り:お店に提示されているQRコードを店員さんに読み取ってもらう決済方法
  • セルフ:会計時にバーコード読み取りをせず、自分で金額を入力して決済する方法
  • オンライン決済:楽天に登録しているクレジットカードを利用して決済する方法

支払い方法

楽天Payの支払方法は、登録してあるクレジットカードで支払う方法のみですが、楽天アカウントと連携すれば、楽天ポイントや楽天キャッシュなど選択することもできます。

還元率

200円に付き1ポイントの楽天ポイントが還元され、登録したクレジットカードが楽天カードの場合は100円に付き1ポイント還元されるため、200円につき合計3ポイントが貯まることになります。

個人間送金

今後は追加予定です。

スマホ決済は主婦にもおすすめ

ママ友

支払いや履歴、ポイントなどアプリひとつで完結するため、カード類など持ち歩かずにすむことや、支払いの工程も時間短縮できるのが嬉しいですね。割り勘機能付きアプリは、ママ友とのランチの時にも便利です。

決済金額時応じてポイントの還元があるのが特徴ですが、還元率はキャンペーンや支払方法によって異なります。お得なキャンペーンをすぐ使いたい人は、アカウントを作っておくのも良いでしょう。