小さな子どもにサンタさんの正体がバレてしまう「3大原因」 夢を壊さないために親がすべき対策とは?

おちゃめなサンタさん

クリスマスといえば、サンタさんからのプレゼント!子どもにとって、サンタさんは特別な存在です。その正体が親であるということを知る日が来ますが、子どもが幼いうちはサンタさんに対する夢を壊したくないと願いたいものです。サンタさんが親だと知ってしまうきっかけは、複数あります。原因を知り対策を練って、クリスマスを迎えましょう。

サンタさんは、子どもの夢を運んでくる存在

プレゼントを置くサンタさん

サンタさんは、子どもにとって1年に1度プレゼントを運んできてくれる、特別な存在です。絵本やアニメにも登場するけれど、直接会えないという部分が、子どもをワクワクさせているのかもしれませんね。

ある程度の年齢になればサンタさんの正体はバレてしまいますが、子どもが小さなうちはサンタさんの存在を信じさせてあげたいものです。夢がある時間を子どもに過ごしてもらうためにも、サンタさんの正体がバレないよう注意しましょう。

小さな子どもにサンタさんの正体がバレてしまう「3大原因」

プレゼントを開ける子ども

小さな子どもにサンタさんの正体がバレてしまう原因は、以下のものが挙げられます。

1.ちょっと大きな子や容体がいる同級生からのネタバレ

子どもが小学校に進学すると、かなり年齢が離れた子どもと触れ合う機会が増えます。今までしなかったようないたずらや、言わなかったようなことを言いだして驚いたという経験をした人は少なくありません。

高学年の子や、学年が上のきょうだいを持つ同級生などが、低学年の子に対していたずらに真実を吹き込んでしまうことがあります。子どもは無邪気だからこそ、ときに残酷な面も持っています。悪気はなかったにしろ、真実を伝えられた子は戸惑ってしまうかもしれません。

2.プレゼントを介してバレる

プレゼントを介して、サンタさんが親であることがバレる可能性があります。

  • プレゼントを隠している現場を目撃される
  • プレゼントを隠している場所がバレる
  • プレゼントを置く瞬間を見られてしまう

プレゼントの保管場所は、子どもの目に留まらない場所にしましょう。子どもはサンタさんに遭いたいので、夜中に何度も目を覚ましてしまいます。プレゼントは無理に枕元に置かず、子ども部屋の外やリビングに置いておくなどの対策を練ってみてください。

3.SNSで真実を知る

今や、子どももSNSを使いこなす時代です。SNSで検索をすれば、サンタさんの正体はあっさりバレてしまいます。それを防ぐためにも、普段からパソコンやタブレットなどの使い方を親子で共有しておきましょう。

そうすることで、子どもを犯罪から守りやすくなるというメリットもあります。

子どもの夢を壊さないために親がすべき対策

考える親

子どもが「サンタさんってパパやママなの?」と聞いてきたとき、子どもがまだ幼い場合は以下のような対応をしてみましょう。

  • 「サンタさんはいるよ」といったニュアンスのことを、堂々と子どもに言う
  • 「どうしてそう思うの?」と、子どもにサンタさんの正体が親だと思う理由を聞いてみる
  • 「フィンランドにいる」と、具体的に話をして、サンタの手紙制度を利用してみる
  • 「研修や試験があり、誰でもなれるわけではない職業」であることを伝える

サンタさんは、実際フィンランドで試験などを受けて合格すると名乗ることができるので、決して架空の人物というわけではありません。

子どもが中学生に近い場合は、ウソをつき続けるのが難しいケースもあります。そういった場合は、真実を伝えるきっかけにしてみてください。

まとめ

サンタさんの存在は、子どもにとっても夢とロマンのような象徴です。いつか知る現実を幼いわが子に突き付けてしまわないためにも、細心の注意を払ってクリスマスを迎えましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
おちゃめなサンタさん

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る