「泥棒に入られやすい家」の特徴5つ!必ずすべき防犯対策とは?

空き巣がドアノブのカギを開けるところ

空き巣被害は毎年多く起きており、中でも一戸建て住宅は空き巣被害が多い傾向にあります。今回は、空き巣に入られてしまう家の特徴や、空き巣の侵入を防ぐために必ずすべき防犯対策などを解説します。皆さんのご自宅は大丈夫ですか。

泥棒に入られた家には共通点がある?狙われないように注意

ホームセキュリティのイメージ

泥棒被害は毎年多くの地域で起きています。中でも、一戸建て住宅はさまざまな理由から狙われやすく、実際に泥棒被害が報告されている住宅の多くは、一戸建て住宅だと判明しています。

泥棒は短時間で家の中に侵入し、物色、窃盗、そして家から出ることを目的としています。そのため、短時間で簡単に侵入できると下見で確認できてしまうと、狙われやすくなるのです。

泥棒に「この家は入るのが難しそう」「リスクが高い」と思わせることが何より大切です。セキュリティー対策はもちろん、日頃から狙われないよう意識を高く持つことが重要です。

「泥棒に入られやすい家」の特徴5つ

泥棒に入られやすい家には、共通点があります。ここでは、泥棒に入られやすい家にはどのような特徴があるのか確認していきましょう。皆さんのご自宅は大丈夫ですか。

1.周りを塀などで囲まれていて家が目につきにくい

家の周りを高い塀や多くの木々で囲まれている場合、泥棒が敷地内に侵入していても、周囲から気づかれることがありません。そのため、泥棒にとっても侵入しやすく、狙われやすいといえます。

プライベートを守りたいという意識から、つい外壁を高くしてしまうご家庭は多いですが、防犯の面を考えると、なるべく近所の方の目も行き届くような外構を意識するべきでしょう。

2.洗濯物が日中いつも外に干しっぱなしになっている

洗濯物を日中、いつも外に干しっぱなしにしていると、その時間が長ければ長いほど、泥棒に狙われやすくなります。なぜならば「その時間は家主がいない」と教えているようなものだからです。

特に、洗濯物を毎日同じ時間帯に長時間干しっぱなしにしている場合、泥棒が下見の時点で家に住む人たちの1日の行動パターンを把握してしまう恐れがあります。

確信に入ると、泥棒は実際に家の中に侵入し、窃盗を働こうとするため、外出する際は、なるべく洗濯物を外に干しっぱなしにしないようにしましょう。

3.人通りが少ない路地に建っている

人通りが少ない場所に家を建てていると、周囲の目を気にする必要がなくなるため、泥棒にとっても好都合な物件となってしまいます。

特に、人が寝静まった夜間は狙われやすい時間帯です。家主が寝たことを電気を消して確認した後、こっそりと忍び込んでも、人通りが少ない場所では近所の人からも気付いてもらうことが難しいです。

4.1つのドアに鍵が1つしかないとわかる

最近の住宅は、ドアに2つ鍵がかかっているところが多いです。しかし、1つのドアに1つしか鍵がないと外からわかってしまうと、泥棒に「防犯意識が低い」「簡単に解錠できそうだ」と思わせてしまいます。

実際、泥棒に入られた家の多くは、ドアに1つしか鍵がかかっていないということがわかっています。ドアだけでなく、窓も同様なので、なるべく家中のドアや窓、せめて1階のドアや窓はツーロック仕様にしましょう。

5.勝手口がある

勝手口がある家もターゲットにされやすい傾向にあります。これは、勝手口はつい施錠を忘れてしまうという人間の心理を読み取られ、「勝手口からなら侵入が簡単だ」と思わせてしまうからです。

実際、勝手口は使用した後に施錠を忘れてしまうという人は多いので、泥棒が好んで入る場所として注意喚起されています。勝手口があるお家では、必ず勝手口もツーロックに変更したり、勝手口付近にセキュリティーシステムを導入したりして対策しましょう。

泥棒に侵入されないために必ずすべき防犯対策は?

玄関のドア

泥棒に侵入されないためには、以下のような防犯対策を必ず行ってください。ちょっとした日常の行動を意識的に改善するだけでも、留守中や就寝中に狙われにくくなります。

  • 外出時は短時間でも鍵をかける
  • 防犯カメラやセンサーライトを設置する
  • ドアや窓は二重施錠構造にする
  • 死角が生まれないよう道路から見通しが良い外観を意識する
  • 玄関までの外に砂利を敷く
  • 洗濯物を干しっぱなしにしない
  • 郵便物は毎日こまめにチェックする

「ちょっと自販機まで」「子供のお迎えに行くだけだから」と短時間施錠を忘れるだけでも、泥棒のターゲットになってしまう恐れがあるので注意が必要です。

また、洗濯物を干しっぱなしにしていたり、郵便物が溜まっていたりすると、泥棒は「留守の時間が多い家」と判断し、ターゲットにするリスクが高まります。

このように、セキュリティーシステム面を強化するだけでなく、日常の行動にも気を配り、「この家は狙っても無駄ですよ」と泥棒に知らせることが大切です。

泥棒に入られないよう日頃から高い防犯意識を持って

いかがでしたか。泥棒に入られないよう気をつけるためには、日頃から高い防犯意識を持つことが大切です。ホームぇキュリティーを見直し、また留守を犯人に悟られないよう行動しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
空き巣がドアノブのカギを開けるところ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る