お墓にしてはいけない「7つのタブー」 絶対してはいけない行動とは?

お墓参り

故人の命日やお盆、お彼岸などにご先祖様のお墓参りに訪れる人は多いでしょう。しかし、お墓参りのマナーややってはいけないタブーをきちんと理解していますか。意外と忘れがちなマナーやタブーもあるので、誤った行為を犯さないよう今一度確認しましょう。

お墓参りのマナーやタブー…正しく理解している?

お墓参り

家族の命日やお彼岸、お盆には、ご先祖様のご冥福をお祈りしたり、近況報告などをしにお墓参りへ行く人が多いでしょう。お墓は多くのご先祖様が眠っている場所ですので、失礼な行動やマナーに反した行動は慎むべきです。

しかし、お墓参りのマナーは知っているようで意外と正しく理解していない人も少なくありません。「なんとなく」で見聞きしたことを真似ていると、実はタブーを犯していた…なんてことも。

ご先祖様に手を合わせに行くお墓参りでは、必ず基本的なマナーやタブーを理解し、マナーやモラルを守った行動を心がけましょう。

お墓にしてはいけない「7つのタブー」

お墓

では、お墓で控えるべき行為には、具体的にどのような行動が含まれるのでしょうか。ここではお墓にしてはいけないといわれているタブーを7つご紹介します。みなさんは知らぬ間にタブーを犯していませんか。

1.大声で騒いだり走り回ったりする

お墓は非常に厳粛な空間です。自分のご先祖様たちが眠っているだけでなく、他のお家のご先祖様も多く眠っていることでしょう。そのため、お墓が並ぶ空間で大声を出したり、走り回ったりとはしゃぐような行動は慎んでください。

特に小さなお子様がいるご家庭では、ついお子様が普段とは違う空間にはしゃいでしまうこともあると思います。「お墓では静かに」とお子様にも教えてあげましょう。

2.他者のお墓の敷地に立ち入る

基本的に、お墓はそれぞれの家ごとに敷地が分かれています。隣に並ぶお家のお墓の敷地に立ち入る行為は、他人のご先祖様の敷地に無断侵入する行為と同じ意味を持つので、絶対にやってはいけません。

もちろん、持ってきた荷物が多いからと、隣の家のお墓の敷地内に荷物を置かせてもらう行為も厳禁です。自分とは関係のない家であっても、そこに眠っている故人に対して、大変失礼であり、モラルのない行為として受け止められてしまいます。

3.誰が埋葬されているかわからないお墓に手を合わせる

善意から誰が埋葬されているかわからないお墓に手を合わせてしまう人がいますが、この行為はかえって失礼にあたると考えられています。

誰か相手を知らずに手を合わせることは、その人の存在を軽視していたり、特別な感情を持たずに踏み入っていることを意味しています。そのため、誰が埋葬されているかもわからずに手を合わせる行為は禁物です。

また、迷信では誰が埋葬されているかわからないお墓にむやみに手を合わせると、悪霊に取り憑かれる恐れがあるとも言い伝えられています。

4.お酒やジュースをお墓にかける

昔はお酒の好きな故人や幼くして亡くなってしまった子どものお墓に、大好きだったお酒やジュースをかけてあげるといった供養の方法も見かけました。しかし、この行為は控えてください。

お墓はとてもデリケートな素材で造られています。そのため、お酒やジュースといったアルコール成分や糖分を含む飲料水をかけてしまうと、お墓が錆びてしまったり壊れやすくなったり、また汚れてしまう原因となります。

お墓に眠っているご先祖様には、快適な環境で安心して眠っていてほしいですよね。お酒やジュースといった飲料をお墓にかけることは控えましょう。

5.ろうそくや線香の炎を吹き消す

仏教に習い、ろうそくや線香の炎を口から息を吐き出して吹き消すことは、不浄な行為と見做されます。仏教において、人間の口は悪いものを生み出すと考えられているため、その口から出る息でお供え物である線香などの炎を吹き消すことは禁忌とされているのです。

したがって、ろうそくや線香の炎を消す時は、手で仰いだり縦に振ったりして炎を消すようにしましょう。

6.タバコに火をつける

時々、タバコをお墓参り中に吸っている人を見かけますが、タバコの臭いは非常に強いものなので、本来お墓に眠る故人の前で吸って良いものではありません。

また、タバコが好きだった故人のために、タバコに火をつけた状態でお供えするという方もいますが、仏様がタバコを嫌うという考えのもと、この行為も善意であっても控えるべきと考えられています。

また、タバコの臭いがお墓に移ってしまったり、火災やゴミ問題につながるという点からも、お墓の敷地内でタバコに火をつける行為を禁止している墓地も多いです。

7.お墓にお供え物を残して帰る

最後に、お墓にお供えした供物を残して帰る行為は絶対にやめてください。ものによっては、供物の臭いや汚れがお墓に残ってしまったり、お墓を汚すことでお墓が錆びて壊れてしまう原因となることもあります。

また、お墓には深夜〜早朝にかけて、カラスや野良猫が入り込むことも多いです。すると、食べ物や飲み物を荒らされてしまい、お墓が汚されてしまう事例も多く報告されています。

お墓にお供えしたものは、必ずゴミとして持ち帰り、自宅で処分するようにしてください。

お墓参りはマナーを守って故人を偲ぶことが大切

お墓参りをする際は、故人やご先祖様のことを考え、仏教の教えや考え方、そしてモラルを守った行動を心がけてください。墓地ではマナーを守り、正しい姿勢で故人を偲ぶことが求められます。

この記事のタイトルとURLをコピーする
お墓参り

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る