「人前で話すのが苦手な人」の特徴や性格5つ!克服するための方法は?

人前で話すことは、誰であっても勇気が必要な行動です。どうしても人前にであることに対して抵抗を感じやすい場合は、どうして人前に出たくないのか原因を明確にしましょう。人前で話すことが苦手だと感じやすい人の性格や特徴もまとめているので、ぜひチェックしてみてください。人前で抵抗なく話すための改善ポイントも紹介しています。

人前で話すのが苦手な原因とは

恥ずかしい女性

人前で話すのが苦手なのは、決して悪いことではありません。どうして人前で話すのが苦手なのか、原因を考えてみましょう。

  • あがり症で、うまく話せない
  • 人まで話して恥をかいた経験がある
  • 自分の話していることが正しいことなのか、自信が持てない
  • 失敗への恐怖心が強いなど

上記のような原因で、人前で話すことが苦手だと感じやすいのかもしれません。

「人前で話すのが苦手な人」の特徴や性格5つ!

恥ずかしがる女性

人前で話すのが苦手な人に見られやす、特徴や性格をまとめました。

1.周囲の評価を気にしすぎる

自分のプレゼンや意見などに対し、周囲の意見や顔色を気にしすぎる人は、人前で話すことに対して抵抗を感じやすいです。

  • 酷評だったらどうしよう
  • 笑われたり、影口を言われる原因につながるかも
  • 自分の話を聞いた人ががっかりしたり、時間の無駄だったと思われることへの恐怖など

完璧な人間はいないため、賛成意見がある一方酷評をつける人はどこにでもいます。話を聞かず、話している人の挙動で評価をする人もいますよ。

2.人に対して苦手意識を持っている

人に対しての苦手意識がある人は、大勢の人の前で発表するのが苦手であることが多いです。

  • 人の目が気になって苦痛
  • 面識のない人に対して話すのが苦手
  • 知らない人がいるというだけで、落ち着きがなくソワソワしがちなど

人が苦手だという先入観が邪魔をして、本来のパフォーマンスが発揮できずに後悔してしまう人もいます。

3.自分に注意が向いていて、恥ずかしさが勝っている

人前で発表するとき、聞いてくれる相手に自分の思いなどが伝わるか不安という人はたくさんいます。これは相手に気持ちが向かっていて発生する不安の一種です。

その一方で、自分のミスを恐れ、人前で発言する恥ずかしさが勝ってしまい、発表やプレゼンで失敗してしまう人もいます。

4.人前での発表で、成功した体験が極端に少ない

人前での発表は、どんなものでも必ず成功するというわけではありません。ミスをしたり改善すべき問題が発生することも多々あります。

しかし、成功体験が少ないまま苦い経験ばかりを重ねてしまうと、人前で話すことそのものに対して恐怖や抵抗を感じやすくなってしまいます。まずは成功体験を積み重ねるために、比較的簡単なプレゼンからチャレンジしてみてください。

5.批判を浴びたなどの経験で、激しい抵抗を感じている

過去人前で話して、批判を浴びたなど、悲しくて衝撃が強かった経験をしてしまうと、それが足かせとなって人前で発言しにくくなってしまいます。

恥ずかしさではなく抵抗が前面に出てしまうので、克服するまでにはある程度時間がかかる可能性が高いです。

人前で話すのが恥ずかしいと思う気持ちを克服する方法

考える女性

人前で話すのは恥ずかしいと感じやすい人の気持ちを克服するためには、以下のことを試してみてください。

  • 徹底的にリサーチして、どんな質問や意見にも太刀打ちできるという自信を持つ
  • 相手の情報をしっかりと把握し、相手を意識した内容のプレゼンをまとめる
  • 自分は一番なにを伝えたいのかを、明確にしておく
  • 相手をイメージして、練習を重ねる

ミスや失敗は、誰にでもあることです。まずは、総合的に見て成功だと思えるような体験を積み重ねましょう。

まとめ

人前で話すことは、どんな場面であってもそれなりのリスクを負いやすいものです。後悔しないためにも、自分ができる準備を整えておきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る