冬でも洗濯物を速く乾かす「裏ワザ」5選!ちょっとした工夫で室内干しでも速くなる!

冬場は洗濯物が乾きにく、天候が安定しにくいので、どうしても部屋干しになることが少なくありません。冬場の洗濯物を効率よく乾かす方法を身に着けて、衣類を溜め込まないようにしましょう。簡単に実践できる洗濯物を乾かすときの裏技を紹介しているので、ぜひ実践してみてください。冬場の洗濯物にすべきではない行動も、まとめています。

冬は洗濯物が乾きにくい!

考える女性

冬は、太陽が出ている時間が短く、乾燥気味なので洗濯物が乾きにくい傾向。冬場は衣類の厚みもあるので、さらに衣類が乾きにくくなってしまいやすいです。しかも、雪が降ると外干しができないこともありますよね。

そんなときに試したい、冬でも洗濯物が早く乾く裏ワザを集めました!部屋干しでも洗濯物が早く乾く方法を実践し、洗濯物を溜め込まないようにしましょう。

冬でも洗濯物を速く乾かす「裏ワザ」5選!

部屋干しの様子

冬でも洗濯物を早く乾かす裏ワザは、以下の通りになります。

1.洗濯物同士の距離を取る

洗濯物同士の距離が近すぎると、洗濯物の間に風が通りにくくなってしまいます。風が通りにくいと、どうしても衣類の乾きが悪くなってしまうため注意しましょう。

目安は、こぶしひとつ分くらいの間隔をあけるのがおすすめ!量が少ないときは、もう少し広めに間隔を取ると、風通しがよくなってさらに乾きやすくなります。

2.暖房を入れている部屋に干す

暖房を使うと、室内の空気が乾燥します。洗濯物を乾かすのに、ある程度の風と乾燥した空気は必須!部屋干しすることになった場合は、エアコンが稼働している部屋を選びましょう。

暖房の風をうまく洗濯物にあてることで、想像していたよりも早く洗濯物を乾かしやすくなります。それだけでなく、洗濯物の湿度で部屋の乾燥も防止可能!乾燥しやすい冬場の乾燥対策もできるので、一石二鳥です。

3.新聞紙を活用する

新聞紙は、湿気を吸う力が高いため、洗濯物を早く乾かすときにも活用可能!新聞紙が少ししかないときは、丸めてつるした洗濯物の下に置いておきましょう。そうするだけ、湿気を吸い取ってくれますよ。

新聞紙がたくさんあるときは、洗濯物の下だけでなく、上からもかぶせて効率よく湿気を吸収します。エアコンやサーキュレーターの風をさえぎらないよう注意して、新聞紙をかぶせてくださいね。

4.便利グッズを導入する

部屋干しの洗濯物を、効率よく乾かすためのグッズを試すのも有効です。ホームセンターはもちろん、100均やネットでも購入可能です。

せっかく購入するのであれば、口コミを参考にして購入を検討しましょう。利用者の声をチェックすることで、使いやすい商品を入手しやすくなります。

5.家電などの力を借りる

どうしても洗濯物を早く乾かしたい!そんなときに活用したいのが、家電の力です。

  • 浴室暖房機能の活用
  • 乾燥機の使用
  • 生乾きの場合は、アイロンをかけて水分を飛ばすなど

自宅にある家電を活用することは、決して悪いことではありません。

冬の洗濯物にすべきではない行動

バツ印をだす主婦

冬場の洗濯物にすべきではない行動は、以下のものが挙げられます。

  • 長時間の外干し
  • 雪が降っていても外干し
  • 暖房などを使わないままの部屋干し
  • 湿気の多い部屋での部屋干しなど

冬は洗濯物が乾きにくい時期なので、衣類の水分が蒸発しにくい環境に置いておくのはよくありません。生乾きなどの原因につながり、独特に嫌な臭いが立ち込めやすくなります。

まとめ

冬場の洗濯物を、効率よく乾かすためには、できる工夫を実践してみましょう。効率よく洗濯物を乾かし、洋服を溜め込まないよう注意してくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る