「ストレスを感じやすい人」の特徴や性格4選!考え方を改善するコツは?

ストレスを感じやすい人は、どのような特徴があるのでしょうか?自分はそうではないけれど、心身ともに疲れやすいという人は、ストレスを感じやすい人の特徴に当てはまっていないか確認してみてください。ストレスをずっと感じ続けないためにも取り入れたい、考え方改善のコツについても紹介しています。

ストレスを感じやすい人は、多くのストレスを抱えているかも

頭を抱える女性

ストレスを感じやすい人は、感じるストレスが多い分、受けたストレスをうまく受け流せていないことがあります。周囲の人よりも多くのストレスを抱え込んでしまうことも、少なくありません。ストレスを感じやすい人には、どのような特徴がみられやすいのでしょうか?

「ストレスを感じやすい人」の特徴や性格4選!

顔を覆う女性

ストレスを感じやすい人の特徴は、以下のものが挙げられます。

1.自分の思い通りにならないと、イライラしやすい

ストレスを感じやすい人の中には、小さなことでイライラしてしまいやすい性質の人もいます。

  • 完璧主義者
  • 短気な性格
  • スピード感をもって物事に取り組みたいタイプ
  • 周囲の人が自分に合わせてくれる環境で育った

上記のような人は、小さなことでストレスを抱え込んでしまいやすい傾向があります。

2.周囲の人の目を気にしすぎる

周囲の人の意見や行動が気になる人は、過度にストレスを抱え込んでしまうことがあります。

  • 誰かが不機嫌になったら、かかわりを持っていなくても自分を責める
  • 周囲が求める「正解」がなんなのかを考えすぎてしまう
  • 誰かが動くよりも先に自分が動かなければという、強いプレッシャーを感じている

自分が周りの人からどう見られているのかという点を過剰に気にする人も、ストレスを抱えやすいです。

3.自分の本音や意見を封印しがち

自分の意見や本音を周囲に言わない人は、周りの意見を飲み込みすぎてストレスを抱えてしまいがちです。

  • 自分が我慢すれば、丸く収まると思い、意見を言わない
  • 自分の本音を言うと、周囲に迷惑が掛かってしまうと思っている
  • 自分に意見は大したことがないと思い込んでいる
  • 間違いを指摘されることが怖い

自分の意見を言わない姿勢を貫きすぎると、自分の意見を持っていない人だと思われてしまうことがあります。

4.闘争心が強く、負けず嫌い

闘争心や競争心が強く、負けず嫌いな性格な人は要注意!

  • 自分がライバルだと思っている人には、絶対負けたくない
  • 後輩や同僚に先を越されるのが許せない

上記の感情は成長するうえで非常に大切ですが、過度に持ちすぎると近寄りがたい人という印象を持たれてしまうかも。

考え方を改善するコツとは

思い悩む女性

ストレスを感じやすい人が実践したい、考え方改善のコツを集めました。

  • 思い詰めすぎず、悩んだら誰かに相談する
  • 小さなことを気にしすぎず、長い目で見て物事をとらえる
  • 悲観的にならず、できるだけ楽観的になる
  • 自分の長所、周囲の人の信頼できるポイントを見出す
  • 休暇にしっかりと心と体を休める習慣を持つ

ストレスが蓄積し続けると、心身に悪影響が出る可能性が非常に高いです。ストレスが原因の不調は改善に時間がかかることが多いので、できるだけストレスを溜めこまないような習慣を身に着けましょう。

まとめ

ストレスを感じやすい人には、いくつかの共通点があります。自分が当てはまっていないか確認し、ストレスを溜めにくい習慣を身に着けてうまくストレスと付き合ってくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る