玄関に飾ってはいけない『花』5選!ダメと言われる理由とおすすめの花

ドライフラワー

花は飾るだけでその場の雰囲気を明るく、穏やかに、美しく変えてくれます。風水においても良い気を呼び込むとされている花々ですが、中には飾ってはいけないと言われている花もあります。今回は、玄関に飾ってはいけない花とおすすめの花をご紹介します。

飾ると雰囲気を明るくしてくれる花を玄関に飾る家は多い

白い玄関ドアと花のリース

花は風水においても「花風水」という言葉があるほど、その場の雰囲気を大きく変えてくれると言われています。生きている花や植物を置くことで、気の流れが良い方向へと変わったり、悪い気を浄化してくれる働きがあると言われているのです。

また、玄関は家の中でも「気が出入りする場所」と言われています。その玄関に花を置くことで、気の流れと共に陽の気を家に迎える役割を果たしてくれるため、家全体の運気が上がりやすくなります。

しかし、花は花でも風水において飾ってはいけないと言われている花や植物もあります。こうした花や植物を避け、良い気を家に誘い込みましょう。

理由も解説!玄関に飾ってはいけない『花』5選

花であれば何でも良いというわけではありません。風水において、玄関に飾ってしまうと運気が下がってしまうと言われている花々も存在します。ここでは、そんな玄関に飾ってはいけない『花』を紹介します。

1.ドライフラワー

ドライフラワーは花を乾燥させて作られた、いわば『人の手が加わっている花』です。また乾燥させることで「枯れた花」という見方も強いことから、ドライフラワーは風水において陰の気を招きやすいと言われています。

もちろん「生の気」も生み出すこともないため、玄関に飾ってしまうと気の出入りの激しい玄関から、陰の気を招きやすくなるのです。

2.造花

造花も実際に生きている花ではなく、人の手が加わった花なので、生花のような良い気を生み出す力は持っていません。

また、美しい見た目を維持することはできるものの、生花に比べるとお手入れ(埃を拭くなど)を怠りがちです。そのため、汚れた造花から悪い気を生み出してしまう恐れがあり、玄関に置くべきではないと言われています。

3.プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーも生花に特殊な加工を施すことで、半永久的に美しい状態を維持している花です。つまり、人の手が加わっているため、自然の「生の気」を生み出すことはありません。

また、一般的にプリザーブドフラワーは、入れ物に入って飾られていることが多いです。この入れ物のお手入れを怠り、埃が被ったり汚れたりした状態のまま放置していると、悪い気を招いてしまう恐れがあります。

4.枯れている花

玄関には実際に生きている花を置くべきです。しかし、その生花が枯れてしまっている場合、良い気ではなく悪い気を誘い込んでしまうため、玄関には絶対に置くべきではありません。

生花が枯れてしまっている状態は、「死」を意味します。強い陰の気を誘い込む力が強まってしまうため、気の出入りの多い玄関には、特に置くべきではありません。

5.サボテン

サボテンは、観葉植物の中でも人気の高い植物です。しかし、サボテンは気を吸収する力が非常に強く、悪い気を吸収してくれるだけでなく、良い気も吸収してしまいます。

玄関に置いていると、玄関から入ってきた良い気も吸収してしまい、家の中に流れ込むことを遮ってしまうのです。

すると、家の中に良い気が入り込まず、悪い気のみが生み出されてしまうため、サボテンを玄関に置くことは避けるべきと言われています。

玄関に飾って運気アップ!玄関におすすめの花を紹介

観葉植物

玄関に生花を飾る場合、玄関のある方角によって適切なカラーが変わります。自宅の玄関の方角を調べ、適した色の花を飾ることをおすすめします。

  • 東…青系(アメリカンブルー、トルコキキョウ)
  • 南…観葉植物(サボテン以外)
  • 西…ピンクや黄色(ひまわり、ガーベラ、チューリップ、バラなど)
  • 北…暖色系(ガーベラやマリーゴールドなど)

一般的にこのあたりの花々が入手しやすいので、ぜひ玄関に飾る際の参考にしてみてください。生花を飾ることで、一気に玄関の雰囲気が変わりますよ!

玄関は方角にあった花を飾ることで運気アップに!

玄関には、方角に適したカラーの生花を飾ることで運気が上がります。しかし、紹介したような置くべきではない花を飾ってしまうと、かえって運気が下がってしまうことも…。ぜひ生花をきちんと手入れし、玄関を明るく華やかに彩りましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ドライフラワー

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る