結婚式に黒いドレスは着ちゃダメなの?OKなラインや正しいマナーを解説

結婚式に参列するとき、どんなドレスを着ていこうか悩みますよね。初めての参列となると、どうするべきかわからないのも無理はありません。だからといって、自分が好きなドレスを好きなように着こなせばよいというわけではありません。結婚式に参列するときに着用すべきドレスのOKラインを把握し、マナー違反にならないよう注意しましょう。

結婚式は、どんなドレスを着てもよいわけではない

ドレスを選ぶ女性

結婚式に参列するとき、どんなドレスを着用すべきか悩むところ。どんなドレスでも着用してよいのかというと、実はそうではありません。マナー違反にならないよう、結婚式に参列するときに着用できるドレスを把握しておきましょう。

結婚式に参列するときに着用するドレスのOKラインとマナーを身に着け、自分らしく大切な人の式に参加しましょう。

結婚式にお呼ばれしたとき、着用OKなドレスとは

黒いドレス

結婚式にお呼ばれしたときに着用できるドレスの、OKラインをまとめました。

黒や白のドレスは着用OK!でも小物を工夫すべき

黒や白のドレスを結婚式で着用するのは、基本的に問題ありません。しかし、全身黒や白で固めてしまうのはNG。

  • メインのドレスとは異なる色の羽織を使う
  • ドレスと異なる色の鞄や靴を着用する

同系統の色で固めてしまうのは、マナー違反ではありませんが印象が悪くなってしまいます。

ドレスに羽織を組み合わせて露出をカバーするのはOK

露出度が高いノースリーブタイプのドレスを着用する場合は、ボレロなどの羽織を使用するとマナー違反にならずに着用可能になります。

背中や胸元が大きく開いているものや、深くスリットが入っているもの、膝丈よりも10cm以上短いミニ丈のドレスは着用不可なので注意しましょう。ボレロなどを羽織っていたとしても、着用すべきではありません。

アクセサリーの着用は、大きさに注意すればOK

結婚式に参列するときに着用可能なアクセサリーは、以下のものが挙げられます。

  • パール
  • 大きすぎず、耳に密着するタイプのピアスやイヤリング

揺れるタイプのピアスやイヤリング、存在感がありすぎるものは着用NGです。

妊娠中の場合は、ヒールが低いものやノーヒールのパンプスでの参列OK

基本的に結婚式に参列するときは、ヒールの高さが5cm以上あるパンプスを着用するのがマナー。しかし、妊娠中や小さな子どもを連れての参列時は、ノーヒールやローヒールのパンプスを着用してもOKです。

自分の体の状態などを考慮して、どのような靴を履くべきかを見極めましょう。

結婚式に参列するときに守りたい正しいマナー

乾杯する女性

結婚式に参列するときに守るべきマナーは、決して難しいものではありません。

  • 花嫁よりも派手なドレスを着用しない
  • カラータイツや色柄物のストッキングは着用しない
  • ブーツやつま先が見えるタイプのパンプスは避ける
  • 腕時計は着用しない
  • 生の花を使用した髪飾りは着用しない
  • 必要最低限のものを、パーティーバッグに入れて参列する

人生一度きりの式に呼んでもらえるということを念頭に置いて、ドレスや小物をそろえましょう。

まとめ

結婚式で着用すべきドレスや小物は、ふさわしいものを選ぶ必要があります。どんなものを購入すべきか悩んでいる場合は、デパートなどの専門スタッフに相談してみるのがおすすめです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る