使わないタオルを活用する『4つの方法』超カンタンに作れる便利グッズを紹介

重なったタオル

使わなくなったタオルを、そのまま家の押し入れなどに眠らせておくのはもったいない!使わないタオルの活用方法は、非常に種類が豊富です。自宅のニーズに合った活用方法を実践し、生活の質を高めましょう。主にどのような活用方法があるのかを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。タオルの処理方法についても解説しています。

使わないタオル、眠っていませんか?

いろいろな色のタオル

使い古しや未使用の使っていないタオル、そのまま放置してしまうのはもったいない!使わないタオルには、いろいろな活用方法があります。どのような方法があるのか、チェックしてみましょう。

自宅にあるタオルの様子をチェックし、どのように活用すべきかを見極めてくださいね。

使わないタオルを活用する『4つの方法』

雑巾を絞る手

使用していないタオルの活用方法は、以下のものが挙げられます。自宅にあったリメイク方法がないかを、チェックしてみましょう。

1.雑巾にする

雑巾へのリメイクは定番ともいえます。使い古したタオルは水分をたくさん吸うので、気持ちよく掃除できますよ。

  • 切り分けて、ミシンで縫って形を整える
  • 切るだけでミシンは使わず、小さな雑巾にして使ってすぐに捨てる

切りっぱなしのタオルの場合、端から糸くずが出てきてしまいます。その都度処理する方法もありますが、使い捨てにするのであればあまり気にしなくてもよいかと思います。

2.バスマットや枕カバーにリメイク

バスマットにする場合は、形を整えるためにミシンをかけるのがおすすめです。きれいな形に整えると、急な来客で外部の人の目に触れても恥ずかしい思いをせずに済みます。

汗をかきやすい夏場は、水分をよく吸収するタオルを枕に巻き付けて枕カバー代わりにするのがおすすめ!形を整えるために、少し縫ってみるのもよいですね。

3.汚れやすい場面で使用する

汚れやすい部分の掃除に使用し、使い終わったらそのまま可燃ごみとして処理できるのも、タオルのよいところといえます。

  • 外回りの掃除…ガーデニングや車の掃除など
  • 汚れがひどい部分の掃除…サッシやトイレの床など
  • 台所回りの掃除…冷蔵庫の中・コンロの上・電子レンジの中など
  • 小さな子どもやペットの粗相の片づけなど

上記のように、汚れてしまいやすい場面でも大活躍してくれます。

4.未使用のタオルは、スタイや子どもの洋服にするのも◎

未使用のタオルは、一度洗うことで水分吸収率がアップします。素材にこだわっているタオルであれば、子どものものにリメイクすることも可能です。

  • スタイ
  • 洋服
  • おもちゃなど

子どもの肌の状態などを考慮し、なにが適しているのかを考慮してあげましょう。

使わないタオルの処分方法

考える女性

使わないタオルの処分方法は、以下のものがあります。

  • 未開封で新品、新しいもの…フリマアプリやリユースショップで売る
  • 使用済みのもの…基本的に、自宅でリユースする
  • カビが生えていたり、汚れがひどいもの…そのまま可燃ごみとして処理

タオルの状態に応じて、タオルの手放し方が異なります。自宅のタオルがどういった状態なのかを把握し、適切な処理方法を実行しましょう。

まとめ

使わないタオルの再利用方法は、非常にたくさんあります。いろいろな場面で活用し、有効活用しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
重なったタオル

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る