幸福を招く『寝る前にすべきこと』4選!風水的に見た運気アップ術

眠る女性

就寝前のいつもの習慣、もしかすると運気低下につながっているかも!寝る前の行動で、運気を高めることができるとしたら、ぜひ取り入れてみたいですよね。どんなことをすると、運気が上がりやすくなるのかをご紹介します。運気が上がる習慣は、簡単なものばかりなので実践しやすいのもポイントです。

寝る前の行動で運気アップできるかも!

眠っている女性

就寝前のルーティーンで運気がアップするならば、絶対チェックしたいですよね!寝る前にすべき、運気アップにつながる行動とは、どのようなものが挙げられるのかをまとめました。今のルーティーンを見直すきっかけにしてみましょう。

よりよい行動を習慣づけて、幸運を招き入れやすい状態をキープ!良質な睡眠時間を確保し、健康で幸運な毎日を過ごせるようにしてみてくださいね。

幸福を招く『寝る前にすべきこと』4選!

日記を書く女性

幸運を招くために寝る前にやっておきたいことは、とても簡単なものばかりです。

1.楽しかったこと、よかったことを日記に書く

その日あった楽しかったことを、一言でよいので日記につける習慣と持ちましょう。

  • 仲のよい友人と話して、楽しい気持ちになった
  • タイムセールでお買い得な買い物ができた
  • 子どもが新しく○○ができるようになった
  • 伴侶と仲良くテレビを観たなど

特別なことが無くても、楽しい気持ちになれたこと、うれしかったことを書くと効果を得やすくなります。

2.玄関とトイレの掃除を、簡単に済ませる

玄関とトイレが、陰気がこもりやすい場所です。1日使用して、そのままにしておくのはNG。簡単なお手入れをして就寝してくださいね。

  • 玄関やトイレに溜まった厄を、就寝中吸収してしまわないため
  • きれいな状態にしておけば、朝の掃除に時間をかけずに済む

運気低下を防ぐのはもちろん、翌朝の掃除の手間を軽減できるのは非常によい点です。

3.気持ちが落ち着く香りや音楽をかける

毎日頑張っていれば、悲しいことや落ち込むこと、嫌なこともあるでしょう。それを明日に持ち越さないためにも、就寝前にが心地よい空間を自分で準備することが大切になります。

  • 心が落ち着き、リラックス効果を得られる
  • 嫌なことを忘れられ、心穏やかに就寝しやすくなる
  • 好きなものに囲まれることで、心が安定して良質な睡眠につながる

嫌な気持ちだけでなく、疲れを持ち越さないためにも、良質な睡眠の確保は重要!

4.夜11時までに就寝する

睡眠は、人間には欠かせないものです。睡眠時間が短いと、いろいろな面に支障が出やすくなってしまいます。

  • 風水学では夜11時から翌日になり、前日の厄を持ち越して布団に入ることにつながる
  • 早めに就寝することで、十分な睡眠時間が確保でき、調子が整いやすくなる

風水学的にも、早めの就寝は吉!体の調子の面も考慮して、できるだけ早く、たっぷりと睡眠をとる習慣をつけましょう。

寝る前にしてはいけないこと

ベッドでスマホ

就寝前にすべきではないことは、以下の通りです。

  • スマホやテレビを観続ける
  • 気持ちが暗くなるニュースやSNSをチェックしてしまう
  • 部屋着のままベッドに入る
  • お風呂に入らず、ベッドに入る
  • よどんだ空気のまま寝る
  • 愚痴を言ってり怒ったままベッドに入る

寝る前に負の感情をよみがえらせてしまうのは、絶対にNG!嫌なことが立て続けに起こった日であっても、ベッドに入る前には気持ちが前向きになれるような工夫を習慣づけてくださいね。

まとめ

寝る前の習慣は、翌日にもしっかりと効果が現れやすいものばかりです。運気アップだけでなく、体調が万全な状態になりやすくなる習慣でもあるので、気軽に取り組んでみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
眠る女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る