一番の原因はコレ!夫婦仲が悪くなる『4つのすれ違い』

夫婦のすれ違いと聞くと、よくあることのように思えるかもしれません。自分には関係ないと思う人もいるかもしれませんが、夫婦のすれ違いはふとしたときに起こるもの。関係ないと思い込んでしまうのは、よくありません。どのようなことで夫婦のすれ違いが起こってしまうのか、その原因をチェックしてみましょう。

夫婦はずっと仲良くいられるもの?

不満がある妻

夫婦はずっと仲良くいられると思う未婚の人は、一定数いるものです。お互い愛し合って結婚しているのだから、毎日が楽しいものになると信じていたとしても、年月が流れるとすれ違いなどが原因で夫婦関係に亀裂や溝ができることがあります。

どのような出来事で、夫婦にすれ違いが生じてしまうのでしょうか。すれ違いの原因を確認し、夫婦仲改善のきっかけにしてみてくださいね。

夫婦仲が悪くなる『4つのすれ違い』

夫婦喧嘩

夫婦仲が悪くなるすれ違いの種類とは、どんなものがあるのでしょうか。

1.生活リズムが異なる

生活リズムが全くかみ合わない場合、夫婦のすれ違いが生じて、夫婦仲に溝ができてしまうことがあります。

  • どちらかが昼夜逆転の生活をしていて、顔を合わせる時間がほとんどない
  • 仕事の関係で、相手と生活リズムが全くかみ合わない

単身赴任で夫婦どちらかが家を空けることになった場合、すれ違いが生じやすくなり、浮気をしてしまうこともあるので要注意!

2.価値観が違いすぎる

夫婦二人の価値観が全く異なっている場合は、夫婦仲が悪くなってしまうことが多いです。

  • お金の使い方
  • 仕事との向き合い方
  • 育児の方針
  • 親族…親の介護などにかかわる
  • 友人とのかかわり、優先順位

一緒に暮らすということは、同じ価値観か近い価値観を持っていなければ生活が成り立たなくなってしまいます。上記のような部分での価値観の違いで離婚に至る夫婦も、少なくありません。

3.相手を尊重する気持ちが欠けている

結婚相手は、自分の言うことを聞き、面倒なことをなんでもこなす便利屋や家政婦ではありません。

  • 感謝されるのが当たり前で、相手には感謝しない
  • 感謝されないと、腹を立てたり機嫌が悪くなる
  • 相手からの感謝の気持ちを受け入れられず、なにか裏があるのではないかと思ってしまう
  • 相手の仕事を見下す

感謝と尊敬を持たずに相手に接していると、ある日突然三下り半を突き付けられるかも。

4.趣味が違っている

夫婦で全く異なる趣味を持っていると、すれ違いやすくなるので要注意!

  • インドアとアウトドアなど、趣味が真逆
  • 相手の趣味に対する理解が全くない
  • 相手の趣味を見下している節がある

趣味が異なるとして、相手の好きなものに対する理解を示して認め合うことが重要です。

夫婦仲をよくするための工夫

会話

夫婦仲をよくするためには、難しいことを試す必要はありません。

  • こまめに感謝の気持ちを伝え、悪いことをしたらすぐに謝る
  • 普段の会話、コミュニケーションを大切にする
  • 相手の体調を気遣い、体調不良のときは看病し、寄り添う
  • 一緒にいる時間を作り、二人でいる時間を大切にする
  • 言わなくても伝わると思い込まず、言葉にして気持ちや意見を伝える
  • 記念日を大切にする

結婚してすぐの時期は頻繁にしていたことを、実践してみるのがおすすめです。相手を大切にする気持ちを持ち、良好な関係を築きましょう。

まとめ

夫婦はもともと全く異なる過程で生まれ育った他人同士なので、すれ違ってしまうことがあってもおかしくありません。すれ違いが起きたあと、どう行動するかで夫婦仲がどうなるか決まっていきます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る