人を不快にさせる『ご飯の食べ方』7選!どうやって改善すればいいの?

ブロッコリーを食べる口元

楽しいはずの食事の場が、不快な雰囲気で満ちてしまうとなると、空気が重くなってしまいますよね。食事の仕方は、人によっていろいろな習慣があり、その習慣が時として周囲の人に不快な思いを抱かせてしまうことがあります。不快感を持ちやすい食事の習慣とは、どのようなものが挙げられるのかをチェックしてみましょう。

ご飯の食べ方、注意していますか?

食事する男女

食事は、ひとりで摂ることもあれば、友達や会社の付き合い、交際相手と摂ることもありますよね。普段の食べ方に注意しておかないと、友達などと食事をしたときに不快感を持たれてしまうかもしれません。

どのような食べ方をしていると、周囲の人が不快な思いをしてしまうのでしょうか。マナー違反をしてしまわないよう、チェックしてみてくださいね。

人を不快にさせる『ご飯の食べ方』7選!

食べる様子

一緒に食事をしている人が不快感を抱きやすい食べ方は、以下のものが挙げられます。

1.口の中に食べ物を入れたまま喋る

口に食べ物が入ったままのときは、喋るべきではありません。

  • 口の中の食べ物が見えてしまう
  • 口から食べ物がこぼれやすい

話している本人は気にならないかもしれませんが、相手の食べているものが口の中で混ざり合ったものを見るのは、どんな人であっても不快感を持ちやすいといえます。

2.咀嚼音が大きい

飲食時に、咀嚼音などを大きく立ててしまうのはマナー違反!

  • クチャクチャ音を立てながら食べる
  • 味噌汁や納豆などをズルズルすすりながら食べる
  • 食べながらげっぷをする…論外といえる行動

げっぷやおならは、論外の行動です。お酒が入っていたとしても、絶対にすべきではありません。

3.食べこぼしたものを放置

一度口に入ったものをこぼして、それをほったらかしにするのは絶対すべきではない行動です。

  • 口からこぼしたものを、放置する
  • 子どもの食べこぼしを放置
  • 取り分けるときに食材がテーブルに落ちても、見て見ぬふりを決め込む

小さな子どもであれば大目に見ることは可能ですが、大人がやってしまうと相手が引いてしまうかもしれません。

4.箸の使い方が酷い

箸の使い方が悪いと、食事そのものに集中できなくなるかもしれません。

  • 食べ物を刺す刺し箸
  • 箸をべろべろ舐める、ねぶり箸
  • 使った箸を箸置きに置かず、テーブルに直置き
  • 箸で人を指さす
  • 箸の持ち方そのものがよくない

ある程度の安定した箸使いを身に着けておくことは、大人のマナーです。

5.嫌いなものは残す

嫌いなものであっても、丹精込めて作ってもらったものは食べるべきです。

  • 嫌いなものには絶対手を付けない
  • 嫌いなものだけをつまみだして、お皿に残す

こちらも子どもであればギリギリ許されますが、大人がすべき行動とはいえません。

6.食べ物で遊び始める

食べ物には、年齢関係なく感謝と敬意を払うべきです。大人であればそれはわかっているはずなのに、あえて食べ物で遊ぶのは絶対NG!

  • 違うお皿の料理を混ぜ合わせて遊ぶ
  • 食べ物を箸で突き刺し、鼻や耳に入れる

子どもでも食べ物で遊んではいけないのに、大人が上記のような行動を取ってしまうのは論外です。

7.SNS用の写真だけ撮って、食べきれなければ残す

SNS映えだけを追って、食事をオーダーするのは、非常識で大変失礼な行動です。

  • 大盛を頼んで半分も食べずに残す
  • 写真映りで周囲の人と大騒ぎする

料理を作った職人さん、料理された食材、提供してくれたお店すべてに失礼な行為といえます。

人を不快にさせる食事方法を改善するためには

食事の様子

周囲の人を不快にさせてしまう食事の摂り方を改善するためには、以下のポイントに注意しましょう。

  • 基本的なテーブルマナーを身に着ける
  • 正しい箸の使い方を身に着ける
  • 食べているときに口を開けない…極力会話は控える
  • こぼしたものは拭く
  • 咀嚼音に気を配る
  • 食べきれる量を頼む
  • どうしても食べきれないときは、持ち帰りができないか店員さんに聞いてみる

咀嚼音や箸の持ち方、テーブルマナーは、できるだけ早く身につけたい部分です。自分の胃袋の容量を加味して、失礼のないよう食事を楽しみましょう。

まとめ

食事を楽しむためには、周囲の人に不快な思いをさせないことが一番です。自分がやろうとしていることや身についている習慣を見直し、改善点を見出しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ブロッコリーを食べる口元

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る