喪服における『5つのタブー』

薄紫のトルコキキョウと喪服

お通夜や告別式などの葬儀には、喪服を着ていくのが基本です。しかし、中には「どのような喪服を選ぶべきなのか」「喪服で選んではいけない服装はあるのか」と悩む人もいるでしょう。今回は、喪服のタブーと押さえておくべきポイントを解説していきます。

葬式や弔事で着る喪服は常に準備を

葬儀で手を合わせる女性

親族や親しい知人が亡くなると、2日〜3日後に葬儀を開かれる流れが一般的です。突然の訃報であれば、すぐに葬儀に参列する準備を整えなければならないため、喪服は必ず1着は常に用意しておくべきです。

しかし、いざ喪服を選ぶ際、どのような服を選べばいいのかわからないと悩む人は少なくありません。喪服を選ぶ際は、自身の年齢を考慮して、シルエットやデザインなども年相応の喪服を選ぶのが望ましいでしょう。

また、喪服として着ていくには「ふさわしくない」とタブー視される服装もあるので、葬儀に着て行く服装には、十分注意が必要です。

これは不相応!喪服における『5つのタブー』

喪服として「それは葬儀にふさわしくない」とタブー視される服装には気をつけるべきです。ここでは喪服におけるタブーを紹介するので、葬儀に着て行く服装に悩んでいる方は、タブー視される服装は避けましょう。

1.カジュアルすぎる服装

お通夜や告別式は、故人との最後の別れを行う厳粛な場です。したがって、基本的にはフォーマルな服装が好ましいとされています。

ジーンズや普段着など、カジュアルすぎる服装はタブーとされているため、控えるべきでしょう。小さなお子様を連れて行く場合は、制服がある場合は制服を、未就学児の場合は、黒を基調とした控えめな色味の服を選びましょう。

2.派手な色合いやデザインの服装

喪服は基本的に黒で統一するのが好ましいです。ブラックフォーマルと呼ばれるスーツやドレスなどを一式揃えることで、喪服として長く着用できます。

派手な色合いや派手なデザインの服装は、葬儀にはふさわしくありません。その場の雰囲気と合わず、浮いてしまったり「故人に失礼だ」と捉えられてしまう恐れがあるので、なるべく黒を基調としたシックな装いを意識しましょう。

3.露出度の高い服装

露出度の高い服装もフォーマルな場である葬儀ではタブーとされています。例えば、胸元が開いている服装やスカート丈が膝上と短いコーディネートなどは控えるべきでしょう。

スカート丈に関しては、膝より少し下まで長さのある丈を選んだり、年齢によってはくるぶし丈のスカートやブラックフォーマルドレスを選ぶ女性も多いです。

4.レザーやファーなど殺生をイメージさせる服や小物

寒い時期の葬儀には、マフラーやコートを着て行く人も多いでしょう。しかし、レザーやファーなどが素材に使われている服や小物は控えてください。

レザーやファーは動物の毛皮を使っているため、殺生をイメージさせるとしてタブー視されています。人工レザーも同様です。

また、レザーやファーを使った服装や小物は、喪服には少々派手な印象を与えてしまうので、そもそも葬儀の場にはふさわしくありません。

5.ブラックフォーマルでも光沢感があるものはNG

喪服としてブラックフォーマルスーツやドレスを着用する人は多いです。しかし、ブラックフォーマルとして販売されている中には、光沢感のある服も時々見かけます。

一般的に、故人を静かに見送る葬儀の場では、光沢感のある服装はNGとされています。ブラックフォーマルであっても、光沢感のある服はふさわしくないので、なるべく避けるようにしてください。

喪服を着るときに押さえておくべきポイントは?

喪服を着た男女

喪服を選ぶ際、以下のポイントを押さえて選ぶことで、葬儀の場にふさわしい服装にコーディネートできます。

  • 基本的に全身黒で統一したブラックフォーマルで
  • 光沢感があるものやレースが装飾されたものは控える
  • スカート丈は膝丈より長いものを選ぶ
  • レザーやファーを使った服装は避ける
  • タイツではなくストッキングを着用する(寒い地域では無地のタイツはOK)

葬儀の場では、黒を基調とした控えめな装いが好ましいとされています。そのため、オシャレを意識した服装ではなく、控えでシックな装いを意識しましょう。

また、冬場は防寒対策として厚手のタイツを履きたいと考える人も多いですが、基本的にタイツは控えるべきとされています。ただし、寒い地域では厚手のタイツを着用する人もいるので、どうしても寒さに耐えられないと判断した場合のみ、厚手のタイツを着用しましょう。

喪服は葬儀の場に適した控えめな装いを意識して

いかがでしたか。喪服は葬儀という場にふさわしい装いを選ぶことが大切です。黒を基調として、露出度や派手さを押さえた服を選ぶと良いでしょう。悩む方は『ブラックフォーマル』として販売されている喪服を一式用意しておくと安心です。

この記事のタイトルとURLをコピーする
薄紫のトルコキキョウと喪服

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る