車は何キロ走ったら買い替えるべき?寿命の目安や長く乗るための秘訣

車の査定のイメージ

車は、大きな買い物の一種です。だからこそ、買い替え時期をしっかりと見極めたいところ。どれくらいの時期に買い替えを行うべきか悩んでいる人は、要チェックの内容になっています。走行距離に注目して、買い替え時期の目安を確認してみましょう。車に長く乗るための秘訣もまとめているので、併せてチェックしてみてください。

車の寿命の目安

かわいらしい模型

一昔前までは、車の平均寿命は10年といわれていました。しかし、昨今では車の性能が高くなってきているため、平均寿命が延びている傾向です。まずは、普段乗る可能性が高い車の平均寿命をチェックしてみましょう。

  • 普通乗用車…約13年
  • 軽自動車…約14年

想像よりも、平均寿命が長いと思った人は、少なくないはずです。平均寿命を目安に大切に車を乗ることも重要ですが、寿命を決めるのは年数だけではありません。走行距離にも注目してみましょう!

車は何キロ走ったら買い替えるべき?

車に乗る女性

車は、どれくらい走ったら買い替え時期に差し掛かってくるのでしょうか?走行距離に注目して、自宅の車の買い替え時期を見極めましょう。

10万キロを目安に買い替えを検討

10万キロ以上走行すると、お金がかかる交換部品が故障しやすくなります。

  • タイミングベルト
  • ウォーターポンプ
  • オルタネーターなど

交換に高額なお金がかかるため、故障する前に買い替えを行うのがおすすめです。思い入れのある車で、いつまでも手元に置いておきたいと思っている場合は、故障する前にメンテナンスをして無駄な出費をできるだけしないよう管理してくださいね。

10万キロ以上走ると、買取価格が下がりやすい

どんなに大切に車に乗っていても、走行距離が長くなってくると買取価格が下がりやすくなります。

  • 車のボディ部分に傷が入っていることが多い
  • 内装の汚れが目立つ
  • 故障する可能性が高くなる

10万キロ以上走っている車は、内部になんらかの不調が出てもおかしくありません。買取価格のことを考えると、10万キロ以上乗って買い替えを考えるのではなく、査定で価格が出る走行距離での買い替えをおすすめします。

下取り価格を考える場合は、8万キロで買い替えるのがベスト

車を下取りに出して、そのお金を新車の購入代金に充てたいと考えている場合は、8万キロ以上走行する前に買い替えを検討し始めてください。

  • 修理しなければならない箇所が増える
  • 故障のリスクが上がるため、買取価格が低くなりやすい

8万キロ以上走行していると、上記のようなことが起こりやすくなります。

車に長く乗るための秘訣

車の掃除

大切な愛車にできるだけ長く乗りたいと思っているのであれば、以下のようなことを実践してみてください。

  • 急発進、急ブレーキなど、手荒な運転は避ける…事故や車への負荷を考慮
  • こまめにメンテナンスを行う…エンジンオイルの交換など
  • 自宅での洗車やワックスがけを定期的に行う…劣化防止につながる
  • 車内で暴れない…シートに負荷をかけたり、傷をつけないため

長く乗るためには、手をかけて普段からきれいな状態をキープすることが重要です。お金をかけることも大切ですが、手をかけてメンテナンスをすることも非常に重要といえます。

まとめ

車の買い替え時期は、走行距離と年数を照らし合わせて見極めましょう。下取りに出そうと思っている場合は、走行距離に特に注意が必要です。

この記事のタイトルとURLをコピーする
車の査定のイメージ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る