観葉植物の『間違った捨て方』4選!土はどうやって処分するべき?

枯れた観葉植物

枯れてしまった観葉植物を処理するとき、単純にすべてを可燃ゴミの中に入れて処理すればよいというわけではありません。正しい方法で処理しなければ、ゴミとして回収してもらえない可能性があります。どのような方法で処理すべきなのか、正しい処理方法をチェックしてみましょう。間違った処理方法についても、情報をまとめています。

観葉植物が枯れているか見極めるポイント

枯れた花

観葉植物には、活動を休む休止期が存在しているものがあります。休止期なのか、すでに枯れてしまっているのかを見極めるポイントをチェックしてみましょう。

  • 根が枯れているか
  • 枝が簡単にポキポキ折れてしまうかどうか

根が枯れ、枝がすぐに折れてしまうのは、枯れているときに見られる特徴です。枯れた観葉植物を所持したり設置したままにしておくと、風水的には運気を落としてしまいます。虫やにおいが発生する原因にもつながるので、正しい方法で処理しましょう。

観葉植物の『間違った捨て方』4選!

バツ印を出す女性

観葉植物を捨てるときに行ってはいけない、間違った捨て方をまとめました。

1.鉢植えも含めて、丸ごと可燃ゴミとして処理する

鉢植えは、プラスチックや陶器など、いろいろな素材のものがあります。観葉植物のみであれば、可燃処理ができるので、燃えるゴミに出しても問題はありません。

しかし、鉢植えは自治体にあった処理方法に従って処理すべきです。観葉植物と一緒に、可燃物として処理することはできません。

2.ゴミ袋に入りきれない大きさの観葉植物を、そのままのゴミに出す

背が高い観葉植物や、トゲがあるもの、葉が鋭いものなどを可燃ゴミとしてそのままゴミ収集場所に放置してしまうのはNG。

  • 根の部分しかゴミ袋に入っていない
  • 葉や茎などが、袋の口から大きく突き抜けている
  • 葉やトゲ、枝などが袋を貫通している
  • 袋が大きく破損している

上記の状態の観葉植物は、可燃物として回収してもらえない可能性が高いです。

3.土がこびりついた鉢を、可燃ゴミとして出す

使い終わった鉢や破損してしまった鉢は、できるだけきれいな状態にして自治体の指示に従って処理しましょう。土や汚れがこびりついたままだと、最悪の場合回収してもらえない可能性があります。

4.土を庭や公園に捨てる

観葉植物を処分すると、手元に土が残りますよね。土だからといって、気軽にどこにでも捨ててよいというわけではないので注意しましょう。

  • 公園に使用済みの土を捨てたら、不法投棄とみなされることがある
  • 使い終わった土には栄養が非常に少ないため、庭にそのまま捨ててしまうと栄養価の低い土で家庭菜園を行ってしまうかも
  • 庭の家庭菜園に、そのまま再利用してしまう

栄養のない土をまいてしまうのは、非常に困った行為といえます。

観葉植物の正しい捨て方

考える女性

枯れてしまった観葉植物の捨て方は、以下の方法を実践してみましょう!

  • 観葉植物を、ゴミ袋に入るサイズにカットする…小さいものは、そのまま袋に入れても◎
  • 先端がとがっている部分が多い場合は、専用の袋に入れて破棄する
  • 大きすぎるものは、粗大ゴミとして処理する…自治体の方針に従って処理
  • 鉢は、素材に応じて処理する
  • 観葉植物で使用した土は、可燃物や粗大ゴミとして処理する…自治体の方針に従って処理

観葉植物だけではなく、土や鉢も正しい方法で処理してくださいね。

まとめ

AdobeStock_478389276

観葉植物が枯れてしまったら、正しい方法で処理するよう心がけてください。
あいまいな認識でなんとなく処理してしまうと、周囲の人に迷惑をかけたり、赤っ恥をかいてしまうかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
枯れた観葉植物

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る