車に『ハイオク』と『レギュラー』間違えて入れたらどうなる?それぞれの違いや軽油の場合も解説

ガソリンスタンド

ガソリンを入れに行くと、「ハイオク」「レギュラー」「軽油」と3種類並んでいますよね。それぞれどんな違いがあるのか、間違えて入れてしまっても問題はないのか気になるところ。今回は、「ハイオク」と「レギュラー」を間違えて入れてしまったらどうなるのかということを解説していきます。軽油を入れてしまったら起こることについても必見!

車の『ハイオク』と『レギュラー』の違い

ガソリンを入れる様子

自動車の給油を行うとき、レギュラーとハイオクの違いってなんだろう?と疑問に思ったことがある人は多いはずです。まずは、レギュラーといハイオクの違いについて知りましょう。

  • ハイオク…レギュラーガソリンに添加剤や燃料室の洗浄剤を加えた、オクタン価が高い燃えにくいガソリン。エンジンの圧力が高い車などに使用する
  • レギュラー…自家用車全般に使用されている、一般的なガソリン

ハイオクの方がいろいろな成分が含まれているため、1ℓ当たりの単価がレギュラーよりも10円ほど高いことがほとんどです。

『ハイオク』と『レギュラー』間違えて入れたらどうなる?

調べる女性

ハイオクとレギュラーを間違えたら、いったいどうなってしまうのでしょうか?

ハイオク車にレギュラーガソリンを入れた場合

問題なく走行することはできますが、継続してハイオク車にレギュラーガソリンを入れるべきではありません。

  • 走行するパワーが落ちてしまう
  • ノッキングが起こり、エンジンに負荷がかかる

ノッキングとは、エンジンがガタッガタッと跳ね上がったり、「カラカラ」「カリカリ」といった音を立てる現象です。継続使用するとエンジンに負担がかかるため、故障する原因につながります。

レギュラーガソリンの方が手軽な価格ですが、ハイオク車にはハイオクガソリンを入れるのが無難でしょう。

レギュラー車にハイオクを入れた場合

レギュラー車にハイオクガソリンを入れても、問題なく走行できます。しかし、ハイオク車にレギュラーガソリンを入れたとき同様、継続使用はおすすめできません。

  • ハイオクガソリンが持つ洗浄効果によって、エンジンがクリーンになりやすい
  • 燃費がよくなることもある

上記のように、ハイオクガソリンを入れるメリットは多少あるとされていますが、その効果はどれほどなのかよくわかっていないことが多いのも事実。

レギュラー車は、レギュラーガソリンを入れたときに、最大のパフォーマンスが発揮されるよう作られています。したがって、ハイオクガソリンを継続使用すると、エンジンに負荷がかかって故障する可能性があります。

軽油を入れてしまったらどうなるの?

驚いた男性

軽油は、ディーゼル車に使用するものです。自家用車などに入れてしまうのはNG。

  • ノッキングが発生
  • 度重なる失火
  • うまくエンジンが起動せず、走行不可になる
  • エンジンへの負荷が大きく、故障する可能性が非常に高い

軽油はガソリンよりも安いので、もし使えるなら…と思っている人もいるのではないでしょうか?確かに軽油は安価ですが、軽油を入れてしまったばっかりに大きな出費が発生してしまう事態になる可能性が高いです。

まとめ

ガソリンとハイオクには違いがあり、車にあったものを継続使用するというのが鉄則です。間違えても軽油を入れることだけは避けましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ガソリンスタンド

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る