苦手な人にしがちな『5つの行動』 失礼にならないようにすべき行動は?

どんな人であっても、苦手だと感じる人はいるものです。苦手だなと思うことは、決して悪いことではなく、ごく自然な感情といえます。だからといって、苦手な人との関係を悪化させたり、場の雰囲気を悪くするような行動を取るのはNG!今回は、ついとってしまいがちな苦手な人にやってしまいやすいNG行動についてまとめました。

相手を苦手だと感じる瞬間

困惑する女性

どんなの人当たりがよい人であっても、苦手だと感じる人はいるものです。相手に対して「苦手だな」と感じる瞬間は人それぞれありますが、主に以下のような瞬間相手に苦手意識を持つことが多いです。

  • 自分の話を全く聞かず、相手から無下に扱われたとき
  • 相手が身勝手すぎて、常に振り回されている
  • なんらかの差別を受けたとき
  • 会話をしていない段階で、生理的に無理だと感じたとき

相手はこちらに対して故意にいやがらせをしていなくても、苦手意識を持つ場面は非常にたくさんありますよ。

苦手な人にしがちな『5つの行動』

バツマークを出す女性

苦手だと感じる相手であっても、相手との関係を無理に悪化させることはありません。職場や学校などで場の空気を悪くしてしまいやすい、苦手な人にしやすい行動を把握し、普段の行動に注意しましょう。

1.無視する

苦手な人に対して、関わりたくないという気持ちが強く出てしまうと、無視してしまうことがあるかも。

  • 挨拶を返さない
  • 話しかけられても聞こえていないような態度を取り、相手をいない者として扱う
  • ぶつかったり接触があっても声をかけない

存在そのものを消してしまう無視という行動は、よほどのことがない限り取るべきではありません。

2.あからさまに避けたり、冷たい態度を取る

嫌いな人を避けたい気持ちはわかりますが、あからさまに避けてしまうのはNG。

  • 相手から話しかけられて、明らかにそっけない態度を取る
  • 話しかけられたら、「今急いでるので」など言い訳をして逃げる
  • 嫌いな人が近くにいると、ゆっくり物理的な距離を取る

相手に「あなたとかかわりたくない」と伝わるような行動は避けるべきです。

3.目を合わせずに、適当に会話をする

会話をするとき、相手の目を見るのはコミュニケーションの基本といえます。その部分を潰してしまうのは、よくありません。

  • 相手が話している内容を、右から左に聞き流す
  • なにを話していても「はい」「へー」「そうなんですか」など、適当な相槌を打つ
  • 話を聞いていないので、とんちんかんな返答をしがち…場の空気が悪くなる

会話の内容は把握し、その場にあった受け答えをするのは当たり前の行動です。

4.わかりやすい愛想笑いをする

誰が見ても愛想笑いとわかる笑顔を苦手な人に向けてしまうと、他者に気持ちが漏れてしまいます。

  • 自分でも笑顔が引きつっているのがわかる
  • とりあえずの笑顔を向ける
  • 周囲の人が見てもわかるような、作り笑顔をする

作り笑顔はときに必要なものです。できるだけナチュラルな笑顔が作れるよう、少し練習をしておくとよいかもしれません。

5.極端に口数が減る

普段たくさんお喋りするのに、苦手な人とはまったく口を利かないのは幼稚な行動といえます。

  • 苦手な人がきた途端、無口になって無表情になる
  • 話しかけられても「はい」「いいえ」だけで答え、会話が広がらないようにする
  • 苦手な人と二人きりになったら、相手が近寄りにくいオーラを放つ

苦手な人であっても、有益な情報を持っている可能性があります。自らチャンスを潰すような行動は、とるべきではありません。

失礼にならないようにすべき行動は?

会話する女性たち

相手に失礼にならないような行動を取るためには、以下の点に注意してみてください。

  • 挨拶やお礼、謝罪など基本的なやり取りはしっかりと行う
  • 一定の距離を保ちつつも、相手の居心地が悪くなるような雰囲気にはしない
  • 職場や学校だからと、場にあった割り切った気持ちで接する
  • 相手から話しかけられたら、丁寧な態度で接する

苦手な人には、無意識のうちに冷たい態度を取ってしまいがちです。それを避けるために、あえて丁寧な接し方をするという方法もあります。

まとめ

苦手な人とうまく付き合い、職場や学校などの雰囲気を壊さないよう注意しましょう。チームワークを重視しているときは、和を乱さないためにも丁寧な接し方を心がけてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る