なんで臭うの?お風呂場で異臭がする『5つの理由』

風呂場が臭い原因とは?

お風呂場は、どうしても臭いや汚れが蓄積されやすい場所といえます。一日の最後に、疲れを癒して汚れを洗い流す場所だからこそ、嫌な臭いなどを感じずゆったり過ごしたいと思う人は少なくありません。まずは、お風呂場に立ち込める嫌な臭いの発生源を押さえましょう。お風呂場の環境やメンテナンス状況などを加味し、臭いの原因をチェック!

お風呂場が臭い!どうして?

鼻をつまむ女性

毎日ちょっとした掃除をしているはずなのに、お風呂場が臭い!一日の疲れを癒す場である浴室に嫌な臭いがこもってしまうと、とても残念な気持ちになるものです。どうして臭いがこもってしまうのか、原因をチェックしてみましょう。

お風呂にこもりがちな臭いへの対策方法も紹介しているので、自宅で試しやすそうなものを実践してみてください。

お風呂場で異臭がする『5つの理由』

カビ汚れ

お風呂で異臭がしてしまう原因は、複数考えられます。普段のお手入れや、現在のお風呂の状態などを考慮して、臭いの原因を突き止めましょう。

1.排水口が汚れている

排水口に汚れが溜まっていると、嫌な臭いが発生しやすくなります。

  • 皮脂や髪の毛など、人間の体から発生するもの
  • シャンプーや石鹸カスなど、体や髪の毛を洗うときに使用するもの

上記のものが溜まることで、臭いが発生しやすい環境が整ってしまいます。最近排水口掃除をサボっているという人は、特に注意が必要です。

2.排水トラップが壊れている

排水トラップは、排水口の臭いが浴室にこみあげてこないようふたをする重要なアイテムです。排水トラップが壊れていたり、正常な働きをしていない場合は、排水口の臭いが浴室に充満して嫌な臭いがこもってしまいます。

排水トラップのお手入れをサボっている場合、排水トラップが壊れていることに気が付かないかも。排水トラップ自体にも汚れが蓄積されるので、排水トラップが壊れていなかったとしても臭いが立ち込めることがあります。

3.追い炊き配管に汚れが溜まっている

追い炊き機能がついている湯舟は要注意!追い炊きをしていると、湯船の中にある皮脂などの汚れが追い炊き配管の中に蓄積されやすくなります。追い炊き配管や風呂釜掃除を行わないまま継続使用すると、臭いが発生しやすくなる可能性が高いです。

4.掃除を怠っていて、汚れが溜まっている

お風呂掃除そのものを長期間サボっていると、以下のものが蓄積されやすくなります。

  • 皮脂
  • 髪の毛
  • 汗など

浴室を使うたび上記のものは蓄積され、それを餌とする微生物などが発生して臭いが出てしまいます。

5.見えにくい場所にカビが溜まっている

お風呂場は、のっぺりしているようで、よく観察すると死角になる部分がたくさんあります。

  • 換気扇
  • 窓枠
  • 椅子の裏側
  • シャンプーやリンスの裏側
  • 棚の内側など

死角になる部分はこまめにお手入れしないため、どうしてもカビなどが発生しても見落としがち。カビが徐々に広がり、臭いが発生しやすくなるのです。

お風呂場の異臭を防ぐ方法

お風呂掃除

お風呂場の異臭を防ぐ方法は、以下のものがあります。

  • 入浴後泡や髪の毛を残さず流し、汚れを残さないよう心がける
  • 髪の毛汚れは、できるだけ毎日取り除く
  • 排水トラップなどの掃除も、週に一度ほど行い、汚れを溜めない
  • 浴槽や追い炊き配管などは、一か月に一回など定期的にメンテナンスを行う
  • 排水口は目に見えない部分だからこそ、汚れが蓄積しないよう注意しておく

お風呂場は、水だけでなく微生物が繁殖するための餌も豊富にある場所です。繁殖を防ぐためには、こまめな掃除、細部まで目を配ったメンテナンスを繰り替えることが有効。ホームセンターなどで販売されている専用メンテナンスグッズを使用し、お手入れしましょう。

まとめ

お風呂場は、臭いが発生しやすい条件がすぐにそろってしまう場所です。疲れを癒す場所だからこそ、リラックスして使用できる環境を整えましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
風呂場が臭い原因とは?

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る