漂白剤を使いすぎるとどうなる?3つの間違い行為とその悪影響を解説

漂白剤を多く使ってしまうと、思いがけないトラブルが起きてしまう可能性があります。毎回目分量で、少し多めを心がけて漂白剤を使用している人は要注意!どうして漂白剤を多く使ってはいけないにかを把握することで、正しい使い方を身に着けるチャンス!漂白剤を多く使うデメリットと正しい使い方を身に着け、洗濯上手になりましょう。

目分量で漂白剤を使うのは危険!

洗剤と漂白剤

漂白剤を使用するとき、なんとなくの目分量で使用していませんか?ちょっと多めに使うと効果が出やすいと思うかもしれませんが、それはNG行為!

漂白剤をたくさん使用してしまうと、思わぬアクシデントが起きやすくなってしまいます。どのような悪影響がおこる可能性があるのか、気になる情報をまとめました。

漂白剤を使いすぎると起こる悪影響とは?3つの間違い行為をチェック

バツ印を出す主婦

漂白剤を使いすぎると起こる可能性があることは、以下のものが考えられます。

1.衣類に大きな負担をかけてしまう

漂白剤は、強い成分で作られてている洗剤です。多く使用してしまうと、衣類に大きな負担をかけてしまいます。

  • 衣類の生地が傷む…形が崩れる、伸びるなど
  • 今までなかったシミ汚れができてしまう
  • 広範囲が脱色してしまい、着ることが難しくなる
  • 一緒に洗濯した衣類すべてに、ダメージを与える可能性がある

漂白剤の使用NGな衣類が紛れ込んでいる場合、衣類全体がまばらに色抜けして、お気に入りの衣類が着用できなくなってしまうかもしれません。

2.環境への負担が大きくなる

自然には自浄作用があるため、少量の有害物質であれな浄化されることが期待されます。だからといって、毎日大量に漂白剤を使用してしまうのはNG!

環境への負担が大きくなってしまうため、やってはいけない行動です。自分一人なら問題ないと思うかもしれませんが、そうではないということを把握しておきましょう。

3.漂白剤が衣類に残り、肌に負担をかけてしまう

漂白剤をたくさん使用すると、普段通りの洗濯では漂白剤が落ちきれないことがあります。そうなると、肌に想像以上の負担をかけてしまうかもしれません。

  • 肌荒れ
  • 湿疹
  • かゆみ
  • ちょっとしたただれ

漂白剤は、普通の洗剤よりも強い成分で作られています。それが衣類に残ってしまうということは、肌への負担か大きくなるので非常に危険!肌が弱い人の場合は、想像以上にひどい症状が出てしまうかもしれません。

漂白剤の正しい使い方

浸け置き洗い

漂白剤の正しい使い方は、以下の通りです。浸け洗い、洗濯機での使用、双方をしっかりと把握しておきましょう。

  • 浸け洗いする場合…規定量の水に正しい量の漂白剤を入れ、衣類を5~30分ほど浸ける。汚れが取れたらしっかりと濯ぎ、普段通りの洗濯をする
  • 洗濯機で使用する場合…普段使っている衣類用洗剤と規定量の漂白剤を洗濯機に入れ、普通洗濯を行う

浸け洗いを行う場合、水の量をしっかりと計量することが重要です。水の量に応じた漂白剤を使用することで、ちょうどいい仕上がりになりやすくなりますよ。

まとめ

漂白剤を使用するとなると、なんとなく難しいことをするようなイメージを持ちやすいかもしれません。しかし、使い方は普段使っている洗剤と、そう変わらない方法で使用できることが大半!目分量で使うのではなく、正しい使用方法を身につけましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る