ご飯が固くなってしまう間違い行動5つ!ふっくらもちもちに炊くコツは?

ふっくら柔らかなご飯が食べたいと思っているのに、炊きあがったご飯が固い仕上がりになっている。ご飯が固いと、とても残念な気持ちになってしまいますよね。どうしてご飯が固くなってしまうのか、原因を把握しましょう。ご飯をふっくら美味しく仕上げるコツについても、紹介しています。

なぜかご飯がふっくら炊けない

悩む主婦

美味しいご飯が炊きたいといろいろなことを試しているのに、なぜかいつもうまく炊けない。ふっくら炊けるはずと思っているご飯の炊き方、もしかして間違っているかも!まずは、ご飯が固く仕上がってしまう原因について考えてみましょう。

お米をふっくら炊き上げる方法も紹介しているので、美味しいお米が食べたい人必見です。

ご飯が固くなってしまう間違い行動5つ!

炊き立てのご飯

ご飯が固くなってしまうNG行動について、まとめました。ついうっかりやってしまっていることが、含まれているかもしれません。

1.水が少ない

お米を炊くときの水分そのものが足りていないと、炊きあがりが固くなってしまいます。炊飯器の機種によって炊きあがりが異なるので、自宅にある炊飯器の特性を加味して、好みの固さになるよう水分量を調整してみましょう。

どうしてもご飯が固めに仕上がってしまう場合は、柔らかめコースで炊いてみるのもアリ!

2.メンテナンスを怠っている

圧力式炊飯器の場合、ふた加熱板のメンテナンスを怠ると、異物が挟まりやすくなります。ふたのパッキン部分に古いお米などの異物が挟まっていると、圧が抜けやすくなり、ご飯がふっくら炊けなくなることがあるので注意しましょう。

3.硬度が高い水を使っている

炊飯器の水の目盛りは、水道水を基準にして作られています。硬度が高いミネラルウォーターを使って炊飯すると、お米が固く炊きあがる可能性が高くなってしまうのです。

基本的には水道水を使用するのがおすすめ!水道水のにおいや成分が気になる場合は、いったん煮沸して冷ましてから使用するなどの工夫を実践してみてください。

4.浸水時間、蒸し時間が不足している

お米を炊くとき、浸水時間と蒸し時間は非常に重要なポイントといえます。

  • お米をつける浸水時間…お米に十分な水分を吸収させ、ふっくら仕上げるために必須
  • 炊きあがったお米を蒸らす…最低でも15分近くは、ふたを開けずにお米を蒸らして水分を吸収させる

浸水時間の目安は、夏は30分、冬は1時間です。浸水時間だけでなく、蒸し時間も重視すべきポイント!

5.長時間放置した

ご飯を長時間放置してしまうと、固くなってしまうことがあります。

  • 保温のまま放置
  • 常温でラップせず放置

水分が飛び、ご飯が固くなる原因につながります。保温機能を使用して、残り僅かなご飯を温め続けるのも乾燥を招く原因のひとつです。

ご飯をふっくらもちもちに炊くコツ

米研ぎ

ご飯をふっくら炊くためには、以下のことを実践してみてください。

  • 1合のご飯は、専用計量カップ摺り切りで量る
  • お米を一度水で濯ぎ、水分を少なくしてから研ぐ…冬場はぬるま湯でOK!静電気が多い時期なので、普段よりも1回多く研ぐ
  • お米を水に浸ける…長くつけすぎるとべたつきの原因につながるので注意
  • 炊きあがったら蒸らす…蒸らすことでふっくら仕上がり、お米に含まれるでんぷん質を消化吸収しやすくする

ほんのひと手間加えるだけで、ご飯はふっくら炊きあがりやすくなりますよ。

まとめ

ご飯が固くなってしまう原因は、いくつか考えられます。紹介している原因に当てはまるものがないかをチェックし、改善ポイントを見つけ出しましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る