言うべきではない『口癖』5選!NGとされている理由や直すコツは?

口元を抑える女性

皆さんはご自身の口癖で「これは直したい」と感じている口癖はありますか。口癖は、時に相手に悪い印象を与えてしまいます。今回は言うべきではない口癖と口癖を直すコツを解説していきます。気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

口癖には要注意!悪い印象を与えてしまうことも

会話をしている女性

皆さんはご自身の自覚している口癖の中に「これは直したい」「もしかして悪い印象を与えているかも」と悩んでいる口癖はありますか。

多くの人は、つい使ってしまう口癖を持っていますが、ポジティブな印象を与える口癖もあれば、相手に不快な思いをさせてしまったり、悪い印象を与えてしまったりする口癖もあります。

後者の場合は、自身の評価にもつながってくるため、周囲の人が離れてしまったり、自身の評価が落ちる前に、早い段階で確実に直すべきでしょう。

言うべきではない『口癖』5選!NG理由も解説

ここでは具体的に言うべきではない『口癖』を5つ紹介します。なぜこれらの口癖は直すべきなのか、周囲にどのような印象を与えてしまうのか解説するので、心当たりのある方はチェックしてみてください。

1.「つまり」

「つまり」という言葉は、相手の発言した内容を要約する時に使うことが大半です。「あなたの言っていることは、こういうことなのね」といったニュアンスを含むため、相手から見ると「私の言い方だと分かりにくかった?」と不安にさせてしまいます。

また、「つまり」という言葉を多用し、相手の会話を頻繁に要約していると、徐々に相手も不満を感じたり不快感を覚えたりするでしょう。

相手が目上の人である場合は、「生意気だ」と思われることも少なくないので、「つまり」は早めに直すことをおすすめします。

2.「え〜」「あの〜」などのつなぎ言葉

会話で意見を聞かれた時などに、つい「え〜と」「あの〜」と間伸びしたようなつなぎ言葉を使ってしまう人は多いです。特に日本人には多く見られると言われていますが、この口癖は相手にあまり良い印象を与えません。

「この人は自分の考えに自信が持てないのかな」「なんだか信頼性に欠けるな」と弱々しい印象を与えてしまったり、不信感を与えてしまったりする恐れがあります。

特にビジネスの場では「信頼性に欠ける」と印象付けてしまう可能性があるので、日頃からこうしたつなぎ言葉は控えるように意識しましょう。

3.「なるほど」

相手の話を聞いて「なるほど」と言ってしまうことはありませんか。比較的、多くの人が使いがちな口癖ですが、相手によっては「なんだか上から目線だな」と感じてしまうことも少なくありません。

「なるほど」と言う言葉には、「あなたの考えはわかりました」「そういう考えもあるのですね」といったニュアンスが含まれており、上の立場から考慮するような意味合いが強い言葉です。

あまり多用してしまうと「なんだか生意気な人だな」「自分は下に見られているのだろうか」と無意識に印象付けさせてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

4.「でも」「だって」などの言い訳につながる言葉

相手が言ったことに対して「でも」「だって」とつい反論していませんか。「でも」「だって」が口癖になっている場合、相手の意見に対して否定的、あるいは反論する態度が日常的になっていることも意味しています。

また、言い訳をする場面でも使われることの多い言葉なので、相手に「信頼性に欠ける」「話していると不快になる」と感じさせてしまう恐れもあるでしょう。

5.「一応」「とりあえず」

「一応」「とりあえず」と言う言葉は、何かを決める際、あるいは何かを引き受ける際に「一応やっておきます」「とりあえずやってみます」など、確定的な言葉を避ける意味合いで使われる言葉です。

必要に応じて使わなければいけない言葉ではありますが、口癖のように使っていると「頼りない」「やる気がない」と悪い印象を与えてしまうこともあります。

特に職場などではこうした口癖にイラッとしたり不安感を覚えたりする人は少なくありません。なるべく使わないように意識しましょう。

口癖を直すコツは?自分の意識が重要なポイントに

ポイントを示す女性

口癖を直すためには、やはり自分の意識が最も重要なポイントです。しかし、ただ「直そう」と決意してもなかなか直りにくいのが口癖の難しいところです。

口癖を直したいと考えている方は、以下のコツを押さえてみてください。

  • とにかく日頃から言わないよう意識を強く持つ
  • どのような話し方をしたいか目標を作ってみる
  • 短時間でも自分の会話を録音し、自分にペナルティを設ける
  • ゆっくり穏やかに話すことを意識してみる
  • 一度に多くの口癖を直すのではなく1つずつ確実に直していく

日頃から言わないように意識することはもちろん、一度に多くの口癖を直そうとするのではなく、1つ1つ確実に直すことが大切です。

そのためには、まず自分の会話を録音して、後から客観的にその録音した会話をチェックしてみることをお勧めします。また、「口癖を言うごとに〜」と自身にペナルティを課すのも効果的です。

他にもゆっくり穏やかに話すことを意識するだけで、口癖を言わないよう自然と意識が向くようになったり、どのような話し方をしたいのか、誰のようになりたいのか、具体的な目標を作ってみるのもおすすめです。

印象の悪い口癖は意識を強く持って直そう

いかがでしたか。他人に悪い印象を与えてしまう口癖は、自分の評価にも大きく影響してきます。今回紹介したような言うべきではない口癖は、1つ1つ確実に、そして早めに直すよう意識しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
口元を抑える女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る