『毒親』の特徴5つ!あなたはこんな母親になっていませんか?

毒親になる人には、いくつかの傾向と特徴があります。自分が毒親になっていないか不安だと感じている人は、是非チェックしてみてください。子どもの人生を狂わせてしまう可能性がある毒親であったとしても、それに気づき、毒親を卒業することは可能です。毒親から脱却する方法も、紹介しています。

毒親ってどんなもの?

子どもを縛る親のイメージ

昨今よく耳にするようになった、毒親という言葉。自分が当てはまるのではないのかと、心配になる人は少なくありません。毒親には、以下のような傾向がみられます。

  • 子どもの人生を支配しようとする親
  • 子どもに対して害を与えてしまう親

上記のような傾向がある人は、要注意!無意識に子どもを支配しようとしている人もいるので、普段の自分の言動や思考を振り返ってみてください。

『毒親』の特徴5つ!

怒鳴る女性

毒親に見られやすい特徴は、以下のものが挙げられます。

1.干渉しすぎる

子どもに干渉しすぎるのは、毒親に見られやすい特徴です。

  • 子どものやりたいことや、やりたくないことを先行してキャッチし、手を出す
  • 子どものすることに、すぐ手を出してしまう
  • どこで誰となにをして、なにを食べて何時に帰るのか、事細かに聞きたがる

子どもに力を貸してあげることは大切なことです。しかし、子どものやろうとしていることを先回りして、すべておぜん立てしてあげるのはNGです。

2.口出しすることが多すぎる

子どもの日常だけでなく、節目節目で過剰に口出ししてしまうのはよくありません。

  • 進学に口出しする…この学校に行くべきと、選択肢を狭める
  • 就職先に口出しをする…ここに就職しなさいと、命令する
  • 友達に口出しする…こんな人と友達になるなと、友人選びをしたがる
  • 恋人に口出しする…年収や容姿、相手の家などに対して、不満や目につく悪いところばかり吹き込む

上記のようなことを繰り返していると、子どもが自分で考える力を養うきっかけを失ってしまいます。

3.子どもに自分の考えを押し付ける

子どもには、子どもの考えや意思があります。それを無視して、自分の意見を押し付けるのはNGです。

  • こうしないといけないと、親の考えを植え付ける
  • あなたは自力でなにもできないと、子どもから考えることを奪い取る
  • あなたもそうでしょ?と、子どもの考えをコントロールしようとする

子どもは、自分の分身でも奴隷でもありません。

4.自分がかなえられなかった夢を、子どもに託したがる

自分では成し遂げられなかった夢を子どもに託してしまうと、子どもは自分の夢を持つことができなくなります。

  • お父さん・お母さんの夢をかなえて
  • あなたなら夢をかなえられる

親の夢をかなえることだけを目標に生きてしまうため、夢が破綻してしまうと生きる目的を失ってしまいます。

5.子どもに罪悪感を植え付け、自分の言いなりにさせたがる

親の身勝手を、子どものせいにするような声掛けは、絶対すべきではありません。

  • あなたのせいで、私は好きなことができなかった
  • あなたさえいなかったら、もっとこうしていたのになど

自分が子どものころに言われていた言葉だとしても、自分の子どもに言ってはいけない言葉です。

毒親から離脱する方法

喋る女の子

子どもを支配する毒親を卒業するためには、以下のことを実践してみてください。

  • 自分の過去を振り返り、自らと向かい合う
  • 自らの精神的自立やメンテナンスを、積極的に行う
  • 子どもが自分とは別の考えを持つ、一人の人間であるという認識を持つ
  • 子どもに対して、プレッシャーとストレスをかけないよう注意する
  • 子どもに感謝と謝罪を伝えられるようになる
  • 自助グループなどを活用する

毒親を卒業するというのは、時間がかかることかもしれません。小さな努力を積み重ね、時間をかけて毒親であることから抜け出しましょう。

まとめ

毒親になってしまう人は、自分が子どものころになんらかの問題を抱えていたというケースがあります。自分の生い立ちや考え方などを考慮し、必要に応じて自分と向き合う時間を確保しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る