エアコンは何度に設定すべき?実は『28度』にするだけでは間違いだった!

エアコンは28度に設定すべきではない?

この夏、節電などの面で「28度」という温度に注目する機会が多かったと感じている人は、少なくないのではないでしょうか。この「28度」という温度を、エアコンの設定温度と思っている人は多いはずです。しかし、それは間違った認識!「28度」にすべきなのは、設定温度ではなく室温なのです。正しい知識と賢い節電方法を身に着けましょう。

エアコンの設定温度、28度は間違い?!

エアコン28度設定

「エアコンを使って28度で夏を乗り切る」というのは、節電も兼ねた政府からの呼びかけです。それを厳守して夏を過ごしている人は、少なくないでしょう。それに伴い、エアコンを28度で設定している家庭は多いのではないでしょうか。

しかし、エアコンの設定温度を28度にするというのは間違っているかも!「28度」という温度は、なにを示している気温なのか把握しましょう。

エアコンは何度に設定すべき?

バツ印を出す女性

エアコンは何度に設定すべきなのでしょうか。28℃設定は、実は間違った認識!どうするのがベストなのか、正しい知識を身につけましょう。

「28度」にするのは、エアコンの設定温度でなかった!

エアコンの温度設定を28度にすると、室温は30度近くになっているか、それ以上の温度になってしまうことが多いです。

  • エアコンだけでは、室内の温度を均等に保つことが難しいため
  • 日光が入ってきたり、部屋に隙間が空いていると、すぐに室温が上がってしまう
  • 部屋の規格に合っていない、小さなエアコンを使っている可能性がある

室温を28度にするためには、エアコンの設定温度を少し低めにするのがおすすめ。設定温度を低くしすぎると冷風を浴びてしまい、室温が下がりすぎて風邪を引いてしまうので注意してください。

室温を28度にするために重視するポイントとは

室温を28度にするための工夫とは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。自宅で試しやすいものがないか、チェックしてみてください。

  • 日光をさえぎるレースカーテンなどを引く
  • エアコンの設定温度は28度より低くする
  • 室内に温度計を設置する
  • 窓やドアの隙間を、専用グッズを使用して埋めておく

室温計を設置すると、部屋の温度を適切に把握することができます。複数の室温計を、いろいろな場所に設置すると、温度設定しやすくなりますよ。床に近い場所は温度が低く、天井に近くなると温度が高くなりやすいです。

エアコンを使って効率よく部屋の温度を下げる方法

サーキュレーター

室内の温度を安定させるためには、以下の方法を実践してみてください。

  • エアコンと向かい合う場所に、壁際にサーキュレーターか扇風機を設置する
  • 首振り機能を使い、エアコンの冷風が部屋全体にいき渡らせる
  • エアコンの風は上向きで設定する…冷たい空気は下に降りていくため
  • 室内の温度が高いときは、エアコンの風を強にする

室温が高いからといって、エアコンの温度を下げてしまうのはよくありません。風量を強くすることで、気温を下げやすくなります。風向きを少し変えてみるなどの工夫も併せて実践してみてください。

まとめ

「28度」という温度は、エアコンの設定温度ではなく室温のことです。これからやってくる冬、来年の夏に向けて知識を蓄え、過ごしやすい室内環境を整えましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
エアコンは28度に設定すべきではない?

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る