『感情的な人』の特徴や性格4選!上手に接するためのコツまで解説

感情的になりやすい人は、どのような心理が働いているのでしょうか。すぐに感情的な態度を取ってしまう人の心理に触れ、理解度を深めましょう。感情的になりやすい人の特徴や性格についても情報をまとめているので、当てはまる部分がないかをチェックしてみてください。感情的になりやすい人との適切な接し方も、紹介しています。

いきなり感情が爆発してしまう人の心理

怒る女性

今まで普段通りだったのに、なにかのきっかけでいきなり感情が爆発してしまう人はいるものです。前触れなく感情が爆発してしまう人の心理とは、どのようなものなのでしょうか。

  • 思うように計画を進めてたいのに、周囲が協力してくれない
  • 自分が一番大事であり、自尊心を少しでも傷つけられるのが耐えられない
  • 相手との距離を詰めたいので、本音でぶつかり合いたっと願っている

周囲との熱意の違いや、身勝手な気持ち、距離の詰め方など人によってさまざまな心理が働いています。

『感情的な人』の特徴や性格4選!

感情むき出しの女性

感情的な人に見られやすい特徴や性格を把握し、気になっている人への対応策を練りましょう。

1.自分は特別扱いでないときが済まない

他の人と一緒にされたくない、自分は特別であるべきという考えが強い人は、感情が爆発することがあります。

  • 甘やかされて育った
  • できていないことを指摘されるのが、とにかく屈辱的
  • 褒めて伸びるタイプだと信じ切っている
  • 思い通りにならないと、かんしゃくを起こす

小さな子どもであればかわいいと思えるかもしれませんが、年齢を重ねた大人の場合は身勝手ともいえる思考を相手に押し付けるのはNG。

2.性格が短気

短気な性格の人は、感情的になりやすい傾向です。

  • 小さなことでイライラを募らせがち
  • 理不尽なことを許さない
  • 嫌なことを引きずりがち

イライラが募りやすい性格で、普段であれば聞き流せることであっても聞き捨てならず、感情が爆発してしまうことがあります。

3.理性のコントロールができていない

人間は普段理性が働いているので、怒りや突発的な行動を抑えることができています。それができていないとなると、感情的な行動を取ってしまうかもしれません。

  • 感情や衝動的な行動をコントロールできない
  • 勢いに任せて行動してしまう
  • 精神的に大きなショックを受けた直後の状態

精神的に大きな負荷がかかったあとであれば、普段穏やかな人であっても理性をコントロールするのが難しくなってしまうことがあります。

4.自分のことだけで精一杯の状態になっている

自分のことだけにしかピントが合っていない場合、周囲に気を遣うことができず手いっぱいになっている状態です。そのため、周囲の人の言葉に対して感情的な態度を取ってしまうこともあります。

  • 周囲の意見に耳を傾けることができない
  • 感情が先行した行動が目立つ
  • プライドを傷つけられるのが耐えられない
  • 自分のことで手一杯なので、相手の立場に立って物事を考えることができない

こういった場面は、誰であっても直面する可能性があります。

感情的な人と上手に接するためのコツ

疑問の持つ女性

感情的な人と錠酢に接するコツは、以下の通りです。

  • 相手の感情に振り回されずに冷静に対応する
  • 適切な距離を取って接する
  • 「感情的にならず」など、感情的になっていることを指摘する内容の声掛けはしない
  • 自尊心を傷つけないよう注意して、会話を続ける
  • イライラしてきたら、休憩をはさんでクールダウンさせる

相手の気持ちや怒りまでの導線の長さなどを考慮し、言葉を選びつつ冷静な態度で相手に接することが重要です。

まとめ

感情的になりやすい状態の人には、それなりの理由があります。相手のことをある程度理解し、適切な距離をもって上手に接しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る